文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(1140-1190)/3301

よしよし、今すぐに食事をおろしてやるからね。」

Okay, I'll start eating right away. "

といいながら、おとし穴をしめて姿を消しましたが、やがて、何かコックに命じているらしい声が、天井から、かすかに聞こえてきました。

However, he disappeared with a hole in the hole, but eventually a voice that seemed to be telling a cock was faintly heard from the ceiling.

 あんがい食事の用意がてまどって、ふたたび二十面相が、おとし穴をひらいて顔を出したのは、それから二十分もたったころでした。

It was around 20 minutes since the preparation of the long-awaited meal, and the 20th face again opened the face of the pit and appeared.

「さあ、あたたかいご飯を持ってきてあげたよ。

"Now, I brought you a warm rice.

が、まず代価のほうを、さきにちょうだいすることにしよう。

But first, let's give you the price.

さあ、このかごにピストルを入れるんだ。」

Now put a pistol in this basket. "

 綱のついた小さなかごが、スルスルとおりてきました。

小 さ な A small basket with a rope came along.

小林少年が、いわれるままに、ピストルをその中へ入れますと、かごは、手ばやく天井へたぐりあげられ、それから、もう一度おりてきたときには、その中に湯気のたっているおにぎりが三つと、ハムと、なま卵と、お茶のびんとが、ならべてありました。

Kobayashi boy puts the pistol into it as it is said, and the basket is picked up to the ceiling quickly, and when it comes again, there are three steamed rice balls inside it, There were ham, egg, and tea bottles.

とりこの身分にしては、なかなかのごちそうです。

It's quite a feast for Torico.

「さあ、ゆっくりたべてくれたまえ。

"Now, please eat slowly.

きみのほうで代価さえはらってくれたら、いくらでもごちそうしてあげるよ。

I'll give you as much feast as you can for the price.

お昼のご飯には、こんどはダイヤモンドだぜ。

This is diamond for lunch.

せっかく手に入れたのを、気のどくだけれど、一粒ずつちょうだいすることにするよ。

I'm so glad that I got it, but I'm going to give it one by one.

いくらざんねんだといって、ひもじさにはかえられないからね。

It's because you can't change the string even if you say how much.

つまり、そのダイヤモンドを、すっかり、返してもらうというわけなんだよ。

In other words, the diamond is completely returned.

一粒ずつ、一粒ずつ、ハハハ……、ホテルの主人も、なかなかたのしみなものだねえ。」

One grain at a time, one grain at a time, hahaha ... The hotel's owner is pretty good. "

 二十面相は、この奇妙な取りひきが、ゆかいでたまらないようすでした。

The 20th aspect seemed to be irresistible with this strange removal.

しかし、そんな気のながいことをいっていて、ほんとうにダイヤモンドがとりかえせるのでしょうか。

But what does that mean, and can diamonds really be replaced?

 そのまえに、彼自身がとりこになってしまうようなことはないでしょうか。

Before that, wouldn't he be obsessed with himself?

小林少年の勝利

Kobayashi Boy's Victory

 二十面相は、おとし戸のところにしゃがんだまま、今、とりあげたばかりのピストルを、手のひらの上でピョイピョイとはずませながら、とくいの絶頂でした。

The 20th face was crouched at the old door, and the pistol just picked up was pulled off on the palm of his hand, and it was at the top of her hand.

そして、なおも小林少年をからかってたのしもうと、何かいいかけたときでした。

And it was a time when I had something to do with making fun of Kobayashi Shonen.

 バタバタと二階からかけおりる音がして、コックの恐怖にひきつった顔があらわれました。

¡The sound that fluttered from the second floor and a face that attracted the fear of the cock appeared.

「たいへんです……。

"That's awful ...

自動車が三台、おまわりがうじゃうじゃ乗っているんです……。

There are three cars, and the car is riding ...

二階の窓から見ていると、門の外でとまりました……。

When I looked through the window on the second floor, it stopped outside the gate ...

早く逃げなくっちゃ。」

I have to run away. "

 ああ、はたしてピッポちゃんは使命をはたしたのでした。

Oh, Pippo-chan had a mission.

そして、小林君の考えていたよりも早く、もう警官隊が到着したのでした。

And the police arrived earlier than Mr. Kobayashi thought.

地下室で、このさわぎを聞きつけた少年探偵は、うれしさにとびたつばかりです。

The boy detective who heard this buzz in the basement is just joyful.

 この不意うちには、さすがの二十面相も仰天しないではいられません。

♪ In this unexpected situation, the twenty-faced aspect of the face must be astonished.

「なに?」

"What?"

と、うめいて、スックと立ちあがると、おとし戸をしめることもわすれて、いきなり表の入り口へかけだしました。

Then, when I got up and stood up, I forgot to close the door and suddenly started to the front entrance.

 でも、もうそのときはおそかったのです。

But that was already late.

入り口の戸を、外からはげしくたたく音が聞こえてきました。

I heard the sound of knocking the door of the entrance from the outside.

戸のそばに設けてあるのぞき穴に目をあててみますと、外は制服警官の人がきでした。

When I looked into the peephole near the door, a uniform police officer was outside.

「ちくしょうっ。」

“Chikshoku.”

 二十面相は、怒りに身をふるわせながら、こんどは裏口に向かって走りました。

The 20th facer ran toward the back door, pretending to be angry.

しかし、中途までも行かぬうちに、その裏口のドアにも、はげしくたたく音が聞こえてきたではありませんか。

However, before I went halfway, I could hear the sound of the back door opening.

賊の巣くつは、今や警官隊によって、まったく包囲されてしまったのです。

The bandit's nest was now completely surrounded by the police.

「かしら、もうだめです。

"I don't know.

逃げ道はありません。」

There is no escape. "

 コックが絶望のさけびをあげました。

The cook gave a despair of despair.

「しかたがない、二階だ。」

“No way, second floor.”

 二十面相は、二階の屋根裏部屋へかくれようというのです。

The 20th aspect is going to hide in the attic on the second floor.

「とてもだめです。

“It ’s not good.

すぐ見つかってしまいます。」

It will be found soon. "

 コックは泣きだしそうな声でわめきました。

’The cook cried out in a crying voice.

賊はそれにかまわず、いきなり男の手をとって、ひきずるようにして、屋根裏部屋への階段をかけあがりました。

The bandit took it and suddenly took the man's hand and pulled it up and stepped up the stairs to the attic.

 ふたりの姿が階段に消えるとほどなく、表口のドアがはげしい音をたてて、たおれたかとおもうと、数名の警官が屋内になだれこんできました。

Soon after the two disappeared on the stairs, the doors at the front door made a loud sound, and several police officers were inundated indoors, whether they were standing or not.

それとほとんど同時に、裏口の戸もあいて、そこからも数名の制服警官。

Almost at the same time, there was a door at the back door, and several uniform police officers from there.