文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(1249-1294)/3301

もしコックに逃げるよゆうがあれば、二十面相も逃げているはずです。

If the cock runs away, the 20th aspect should run away.

では、彼はまだ屋内のどこかに身をひそめているのでしょうか。

So is he still lying somewhere indoors?

それはまったく不可能なことです。

That is absolutely impossible.

大ぜいの警官隊のげんじゅうな捜索に、そんな手ぬかりがあったとは考えられないからです。

This is because it is hard to imagine that there was such a clue to a serious search by a large police force.

 読者諸君、ひとつ本をおいて、考えてみてください。

Readers, please leave a book and think about it.

このコックの異様なゆくえ不明には、そもそもどんな意味がかくされているのかを。

What is the meaning of this cock in the first place?

おそろしき挑戦状

A challenging challenge

 戸山ヶ原の廃屋の捕り物があってから二時間ほどのち、警視庁の陰気な調べ室で、怪盗二十面相の取り調べがおこなわれました。

About two hours after the capture of the abandoned house in Toyamagahara, an investigation of the 20th aspect of the phantom thief was conducted in the inquisitive examination room of the Metropolitan Police Department.

なんの飾りもない、うす暗い部屋に机が一脚、そこに中村捜査係長と老人に変装したままの怪盗と、ふたりきりのさし向かいです。

There is a desk in a dark room without any decorations, and there is a phantom thief disguised as an investigator Nakamura and an old man, and just across the street.

 賊はうしろ手にいましめられたまま、傍若無人に立ちはだかっています。

The bandits are standing behind the uninhabited uninhabited people with their hands behind them.

さいぜんから、おしのようにだまりこくって、一言も、ものをいわないのです。

From the beginning, I'm confused like a man and don't say anything.

「ひとつ、きみの素顔を見せてもらおうか。」

“I'd like you to show me your real face.”

 係長は、賊のそばへよると、いきなり白髪のかつらに手をかけて、スッポリと引きぬきました。

”According to the bandits, the chief suddenly put a hand on the wig with gray hair and pulled it off.

すると、その下から黒々とした頭があらわれました。

Then a black head appeared from below.

つぎには、顔いっぱいの、しらがのつけひげを、むしりとりました。

Next, I peeled off Shirahama's beard with a full face.

そして、いよいよ賊の素顔がむきだしになったのです。

Finally, the bandit's face was bare.

「おやおや、きみは、あんがいぶおとこだねえ。」

“Oh, no, you do n’t have an anguish.”

 係長がそういって、みょうな顔をしたのももっともでした。

It was also true that the chief of the staff said that he had a miserable face.

賊は、せまいひたい、クシャクシャと不ぞろいな短いまゆ、その下にギョロッと光っているどんぐりまなこ、ひしゃげた鼻、しまりのない厚ぼったいくちびる、まったく利口そうなところの感じられない、野蛮人のような、異様な相好でした。

The bandit is a squirrel, crumbling and short short eyebrows, underneath the acorns that are shining, a lazy nose, a thick thick lip with no tightness, a clunky, unattractive feeling, like a barbarian, It was an odd appearance.

 先にもいうとおり、この賊はいくつとなくちがった顔を持っていて、ときに応じて老人にも、青年にも、女にさえも化けるという怪物ですから、世間一般にはもちろん、警察の係官たちにも、そのほんとうの容ぼうは少しもわかっていなかったのです。

As I mentioned earlier, this bandit has a number of different faces, and it can be a monster that can turn into an old man, a young man, or even a woman. But I really didn't know what the real thing was.

 それにしても、これはまあ、なんてみにくい顔をしているのだろう。

Even so, this is probably a hard-to-see face.

もしかしたら、この野蛮人みたいな顔が、やっぱり変装なのかもしれない。

Maybe this barbarian face is still a disguise.

 中村係長は、なんともたとえられないぶきみなものを感じました。

Nakamura, the chief of Nakamura, felt something incredible.

係長は、じっと賊の顔をにらみつけて、思わず、声を大きくしないではいられませんでした。

The chief stared at the face of the bandit and couldn't help but speak loudly.

「おい、これがおまえのほんとうの顔なのか。」

"Hey, is this your real face?"

 じつにへんてこな質問です。

This is a very difficult question.

しかし、そういうばかばかしい質問をしないではいられぬ気持でした。

However, I felt like I couldn't help but ask such a ridiculous question.

 すると怪盗は、どこまでもおしだまったまま、しまりのないくちびるを、いっそうしまりなくして、ニヤニヤと笑いだしたのです。

Then, the phantom thief laughed with grinning, with the lips with no clumps becoming more and more clumsy.

 それを見ると、中村係長は、なぜかゾッとしました。

】 Looking at that, Nakamura chief was surprised for some reason.

目の前に、何か想像もおよばない奇怪なことがおこりはじめているような気がしたのです。

I felt like something strange and strange was beginning to happen in front of me.

 係長は、その恐怖をかくすように、いっそう相手に近づくと、いきなり両手をあげて、賊の顔をいじりはじめました。

The chief of the chief suddenly raised his hands and began to mess around with the bandit's face as he approached the other party in an attempt to eliminate the fear.

まゆ毛をひっぱってみたり、鼻をおさえてみたり、ほおをつねってみたり、あめざいくでもおもちゃにしているようです。

It looks like pulling the eyebrows, holding the nose, pinching the cheeks, and making it a toy.

 ところが、そうしていくらしらべてみても、賊は変装しているようすはありません。

However, even if you look at it, the bandits are not disguised.

かつてあの美青年の羽柴壮一君になりすました賊が、そのじつ、こんな化け物みたいなみにくい顔をしていたとは、じつに意外というほかはありません。

It is surprising that the bandits who once impersonated the beautiful youth Souichi Hashiba had an unsightly face like this monster.

「エヘヘヘ……、くすぐってえや、よしてくんな、くすぐってえや。」

"Ehehehe ... Tickling, yeah, ok, tickling uh ..."

 賊がやっと声をたてました。

The bandits finally made a voice.

しかし、なんというだらしのないことばでしょう。

But what an untidy word.

彼は口のきき方までいつわって、あくまで警察をばかにしようというのでしょうか。

When is he going to speak to the police?

それとも、もしかしたら……。

Or maybe ...

 係長はギョッとして、もう一度賊をにらみつけました。

係 The chief was angry and stared at the bandit again.

頭の中に、ある、とほうもない考えがひらめいたのです。

I had an incredible idea in my head.

ああ、そんなことがありうるでしょうか。

Oh, is that possible?

あまりにばかばかしい空想です。

It ’s too ridiculous.

まったく不可能なことです。

It is impossible at all.

でも、係長は、それをたしかめてみないではいられませんでした。

But the chief couldn't help but try it.

「きみはだれだ。

“Who are you?