文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(1295-1345)/3301

きみは、いったいぜんたい何者なんだ。」

Who are you at all? "

 またしても、へんてこな質問です。

Again, this is a very difficult question.

 すると、賊はその声に応じて、まちかまえていたように答えました。

Then the bandits responded as if they had mixed up according to their voices.

「あたしは、木下虎吉っていうもんです。

"I'm Torayoshi Kinoshita.

職業はコックです。」

The occupation is cook. "

「だまれ! そんなばかみたいな口をきいて、ごまかそうとしたって、だめだぞ。

“Do n’t! Do n’t try to cheat such a fool”

ほんとうのことをいえ。

Say the real thing.

二十面相といえば世間に聞こえた大盗賊じゃないか。

Speaking of the 20th aspect, isn't it a great bandit heard by the world?

ひきょうなまねをするなっ。」

Don't be a mimic. "

 どなりつけられて、ひるむかと思いのほか、いったいどうしたというのでしょう。

What happened to him, besides being confused and thinking?

賊は、いきなりゲラゲラと笑いだしたではありませんか。

Wasn't the bandit laughing suddenly with galera?

「ヘエー、二十面相ですって、このあたしがですかい。

“Hey, 20th aspect, is this me?

ハハハ……、とんだことになるものですね。

Hahaha ... isn't it?

二十面相がこんなきたねえ男だと思っているんですかい。

Do you think that Twenty Faces is such a man?

警部さんも目がないねえ。

The police department has no eyes.

いいかげんにわかりそうなもんじゃありませんか。」

Isn't it easy to understand? "

 中村係長は、それを聞くと、ハッと顔色をかえないでいられませんでした。

Mr. Nakamura, who heard it, couldn't help but change his complexion.

「だまれッ、でたらめもいいかげんにしろ。

“No, do n’t worry, bullshit.

そんなばかなことがあるものか。

Is there such an idiot?

きさまが二十面相だということは、小林少年がちゃんと証明しているじゃないか。」

Kobayashi Shonen has proved that you are the 20th aspect. "

「ワハハハ……、それがまちがっているんだから、お笑いぐさでさあ。

"Wahaha ... It's wrong, so come on.

あたしはね、べつになんにも悪いことをしたおぼえはねえ、ただのコックですよ。

I don't want to do anything wrong with me, just a cook.

二十面相だかなんだか知らないが、十日ばかりまえ、あの家へやとわれたコックの虎吉ってもんですよ。

I don't know if it's a twenty-faceted face, but it's just the tenth day of the season, and I'm Torayoshi, a cock that has been taken to that house.

なんなら、コックの親方のほうをしらべてくださりゃ、すぐわかることです。」

If you look at the master of the cock, it is easy to understand. "

「その、なんでもないコックが、どうしてこんな老人の変装をしているんだ。」

“Why is n’t that nothing, the disguise of such an old man?”

「それがね、いきなりおさえつけられて、着物を着かえさせられ、かつらをかぶせられてしまったんでさあ。

"That's why I was suddenly pressed down, changed into a kimono, and put on a wig.

あたしも、じつは、よくわけがわからないんだが、おまわりさんが、ふみこんできなすったときに、主人が、あたしの手をとって、屋根裏部屋へかけあがったのですよ。

I don't really know what it is, but when the man came out, he took my hand and went to the attic.

 あの部屋にはかくし戸棚があってね、そこにいろんな変装の衣装が入れてあるんです。

In that room there is a cupboard, and there are various costumes in it.

主人はその中から、おまわりさんの洋服や、帽子などをとりだして、手早く身につけると、今まで着ていたおじいさんの着物を、あたしに着せて、いきなり、『賊をつかまえた。

The master took out the clothes and hats from around him and quickly put them on, and then he suddenly put on the old man's kimono that I had been wearing, and suddenly caught the bandits.

』とどなりながら、身動きもできないようにおさえつけてしまったんです。

I was stuck so that I couldn't move.

今から考えてみると、つまり警部さんの部下のおまわりさんが、二十面相を見つけだして、いきなりとびかかったという、お芝居をやってみせたわけですね。

Thinking from now on, that is, the policeman's subordinates found out the 20th aspect and suddenly jumped into the play.

屋根裏部屋はうす暗いですからね。

The attic is so dark.

あのさわぎのさいちゅう、顔なんかわかりっこありませんや。

I don't know what that face is like.

あたしは、どうすることもできなかったんですよ。

I couldn't do anything.

なにしろ、主人ときたら、えらいちからですからねえ。」

After all, when you are the master, it is from Eraichi. "

 中村係長は、青ざめてこわばった顔で、無言のまま、はげしく卓上のベルをおしました。

Nakamura, with a pale and stiff face, silently put on the tabletop bell.

そして、警部が顔を出すと、けさ戸山ヶ原の廃屋を包囲した警官のうち、表口、裏口の見はり番をつとめた四人の警官に、すぐ来るようにと伝えさせたのです。

Then, when the police showed up, he asked the four police officers who looked at the front and back doors of the police officers surrounding the abandoned house in Kosatoyamagahara to come soon.

 やがて、はいってきた四人の警官を、係長は、こわい顔でにらみつけました。

Soon, the chief officer stared at the scary faces of the four police officers.

「こいつを逮捕していたとき、あの家から出ていったものはなかったかね。

"When you were arresting him, there was nothing that left that house.

そいつは警官の服装をしていたかもしれないのだ。

He might have been dressed as a policeman.

だれか見かけなかったかね。」

Didn't you see anyone? "

 その問いに応じて、ひとりの警官が答えました。

In response to that question, one police officer answered.

「警官ならばひとり出ていきましたよ。

“If you were a policeman, you went out alone.

賊がつかまったから早く二階へ行けと、どなっておいて、ぼくらがあわてて階段のほうへかけだすのと反対に、その男は外へ走っていきました。」

The man ran outside as opposed to rushing to the stairs as he got up to the second floor because he had caught the bandit. "

「なぜ、それを今までだまっているんだ。

“Why are you fooling it so far?

だいいち、きみはその男の顔を見なかったのかね。

I mean, did you see the man's face?

いくら警官の制服を着ていたからって、顔を見れば、にせ者かどうかすぐわかるはずじゃないか。」

Even if you were wearing a police officer's uniform, if you look at your face, you should immediately know if you are a fake. "

 係長のひたいには、静脈がおそろしくふくれあがっています。

The vein of the chief of the chief is all about rising.

「それが、顔を見るひまがなかったんです。

“That ’s why I did n’t have time to see my face.

風のように走ってきて、風のようにとびだしていったものですから。

It was like running in the wind and jumping out like the wind.

しかし、ぼくはちょっとふしんに思ったので、きみはどこへ行くんだ、と声をかけました。

However, I thought a little bit so I asked where I would go.