文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(1346-1390)/3301

するとその男は、電話だよ、係長のいいつけで電話をかけに行くんだよ、とさけびながら、走っていってしまいました。

Then the man ran, running away, saying that he was on the phone, and he was going to call him with his assistant.

 電話ならば、これまで例がないこともないので、ぼくはそれ以上うたがいませんでした。

If it was a telephone, there was never an example so far, so I didn't sing any more.

それに、賊が、つかまってしまったのですから、かけだしていった警官のことなんかわすれてしまって、ついご報告しなかったのですよ。」

In addition, the bandits were caught, so I forgot about the policeman who started out and didn't report it at all. "

 聞いてみれば、むりのない話でした。

Listening to it, it was a solid story.

むりがないだけに、賊の計画が、じつに機敏に、しかも用意周到におこなわれたことを、おどろかないではいられませんでした。

I couldn't help but be surprised that the bandits were agile and well prepared.

 もう、うたがうところはありません。

There is no place to sing.

ここに立っている野蛮人みたいな、みにくい顔の男は、怪盗でもなんでもなかったのです。

A man with a hard-to-see face, like a savage standing here, was not a phantom thief.

つまらないひとりのコックにすぎなかったのです。

It was just a boring cock.

そのつまらないコックをつかまえるために十数名の警官が、あの大さわぎを演じたのかと思うと、係長も四人の警官も、あまりのことに、ただ、ぼうぜんと顔を見あわせるほかはありませんでした。

When more than a dozen police officers played that big buzz to catch the boring cock, the chief officer and the four police officers had no choice but to look at each other. .

「それから、警部さん、主人があなたにおわたししてくれといって、こんなものを書いていったんですが。」

“And then, the police, the master told me to write something like this.”

 コックの虎吉が、十徳の胸をひらいて、もみくちゃになった一枚の紙きれを取りだし、係長の前にさしだしました。

”Torayoshi, the cook, opened the chest of ten virgins, took out a piece of paper that was crumpled, and put it in front of the chief.

 中村係長は、ひったくるようにそれを受けとると、しわをのばして、すばやく読みくだしましたが、読みながら、係長の顔は、憤怒のあまり、紫色にかわったかと見えました。

Mr. Nakamura, who received it as if it was snatching, read the paper quickly, wrinkled, but as he read it, it seemed that the face of the chief had changed to purple because of anger.

 そこには、つぎのようなばかにしきった文言が書きつけてあったのです。

There was the following idiot wording on it.

 小林君によろしく伝えてくれたまえ。

Please give my best regards to Mr. Kobayashi.

あれはじつにえらい子どもだ。

That is actually a great child.

ぼくはかわいくてしかたがないほどに思っている。

I think I can't help being cute.

だが、いくらかわいい小林君のためだって、ぼくの一身を犠牲にすることはできない。

But no matter how cute Kobayashi-kun is, I can't sacrifice myself.

勝利によっているあの子どもには気のどくだが、少々実世間の教訓をあたえてやったわけだ。

It was a disappointment to the child who was victorious, but he gave a little lesson from the real world.

子どものやせ腕でこの二十面相に敵対することは、もうあきらめたがよいと伝えてくれたまえ。

Tell them that you should give up on your child's skinny army.

これにこりないと、とんだことになるぞと、伝えてくれたまえ。

Tell them that if you don't stay in this, you'll be in trouble.

ついでながら、警官諸公に、少しばかりぼくの計画をもらしておく。

By the way, I have a little plan from police officers.

羽柴氏は少し気のどくになった。

Mr. Hashiba became a little nervous.

もうこれ以上なやますことはしない。

I won't do any more.

じつをいうと、ぼくはあんな貧弱な美術室に、いつまでも執着しているわけにはいかないのだ。

To tell the truth, I can't always stick to such a poor art room.

ぼくはいそがしい。

I am busy.

じつは今、もっと大きなものに手をそめかけているのだ。

Actually, I'm leaning on something bigger now.

それがどのような大事業であるかは、近日、諸君の耳にもたっすることだろう。

What big business it will be will soon be heard by you.

では、そのうちまたゆっくりお目にかかろう。

See you later.

二十面相より

From the 20th aspect

中村|善四郎君

Nakamura | Zenshiro

 読者諸君、かくして二十面相と小林少年のたたかいは、ざんねんながら、けっきょく、怪盗の勝利に終わりました。

Readers, the battle between Twenty-Family and Kobayashi Shonen has ended with a phantom thief victory.

しかも二十面相は、羽柴家の宝庫を貧弱とあざけり、大事業に手をそめているといばっています。

Moreover, Twenty-Family says that they have ridiculed the treasure house of the Hashiba family as being poor and are reluctant to engage in large businesses.

彼の大事業とはいったい、何を意味するのでしょうか。

What does his big business mean?

こんどこそ、もう小林少年などの手におえないかもしれません。

It may not be in the hands of Kobayashi Boys anymore.

待たれるのは、明智小五郎の帰国です。

Awaiting is the return of Akechi Kogoro.

それもあまり遠いことではありますまい。

That is not too far away.

 ああ、名探偵明智小五郎と怪人二十面相の対立、知恵と知恵との一騎うち、その日が待ちどおしいではありませんか。

Ah, isn't that the day of the confrontation between Detective Akechi Kogoro and Phantom Twenty Faces, the wisdom and wisdom of the day?

美術城

Art castle

 伊豆半島の修善寺温泉から四キロほど南、下田街道にそった山の中に、谷口村というごくさびしい村があります。

In the mountains along Shimoda Road, about 4 km south of Shuzenji Onsen in the Izu Peninsula, there is a terrible village called Taniguchi Village.

その村はずれの森の中に、みょうなお城のようないかめしいやしきが建っているのです。

In the forest on the outskirts of the village, there is a brilliant palm like a modern castle.

 まわりには高い土塀をきずき、土塀の上には、ずっと先のするどくとがった鉄棒を、まるで針の山みたいに植えつけ、土塀の内がわには、四メートル幅ほどのみぞが、ぐるっととりまいていて、青々とした水が流れています。

Scraping high earthen earth around, and on top of the earthenware, a long-pointed iron bar is planted like a pile of needles, and the inside of the earthen earth has a groove about 4 meters wide. The water is flowing and lush.

深さも背がたたぬほど深いのです。

The depth is too deep.

これはみな人をよせつけぬための用心です。

This is a precaution to keep everyone away.

たとい針の山の土塀を乗りこえても、その中に、とてもとびこすことのできないお堀が、堀りめぐらしてあるというわけです。

There is a moat that you can't invade even if you go over the soil of the mountain.

 そして、そのまんなかには、天守閣こそありませんが、全体に厚い白壁造りの、窓の小さい、まるで土蔵をいくつもよせあつめたような、大きな建物が建っています。

In the middle of it, there is no castle tower, but there is a large building with a thick white wall, small windows, and a lot of storehouses.