文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(1391-1434)/3301

 その付近の人たちは、この建物を「日下部のお城」と呼んでいますが、むろんほんとうのお城ではありません。

People in the vicinity call this building “Kusakabe Castle”, but it is not a true castle.

こんな小さな村にお城などあるはずはないのです。

There should be no castle in such a small village.

 では、このばかばかしく用心堅固な建物は、いったい何者の住まいでしょう。

So who is this ridiculous and cautious building?

警察のなかった戦国時代ならば知らぬこと、今の世に、どんなお金持だって、これほど用心ぶかい邸宅に住んでいるものはありますまい。

If you were a war-torn country without the police, you wouldn't know anything about the rich in the world.

「あすこには、いったいどういう人が住んでいるのですか。」

“What kind of people live in Asuko?”

 旅のものなどがたずねますと、村人はきまったように、こんなふうに答えます。

When asked about things from the trip, the villagers respond as follows:

「あれですかい。

"Is that it?

ありゃ、日下部の気ちがい旦那のお城だよ。

Yes, it ’s a castle of Kusakabe ’s wrong husband.

宝物をぬすまれるのがこわいといってね、村ともつきあいをしねえかわり者ですよ。」

I'm scared of wiping away the treasure, and I'm a substitute for the village. "

 日下部家は、先祖代々、この地方の大地主だったのですが、今の左門氏の代になって、広大な地所もすっかり人手にわたってしまって、残るのはお城のような邸宅と、その中に所蔵されているおびただしい古名画ばかりになってしまいました。

The Kusakabe family was the landowner of this region for ancestral generations, but on behalf of the current left gate, the vast estate was completely overwhelmed, and what remained was a castle-like mansion and its residence Only a plethora of old masterpieces held inside.

 左門老人は気ちがいのような美術収集家だったのです。

The old man of the left gate was a different art collector.

美術といってもおもに古代の名画で、雪舟とか探幽とか、小学校の本にさえ名の出ている、古来の大名人の作は、ほとんどもれなく集まっているといってもいいほどでした。

Even if it is called art, it is said that almost all the works of ancient great masters who are famous in ancient paintings, such as Yukifune, Yufu, and even elementary school books, are gathered.

何百|幅という絵の大部分が、国宝にもなるべき傑作ばかり、価格にしたら数十億円にもなろうといううわさでした。

Hundreds | A large part of the picture of width was a rumor that only a masterpiece that should be a national treasure, and would be billions of yen in price.

 これで、日下部家のやしきが、お城のように用心堅固にできているわけがおわかりでしょう。

Now you can see that the Kusakabe family's wisdom is as cautious as a castle.

左門老人は、それらの名画を命よりもだいじがっていたのです。

The left-handed elderly man used these masterpieces more than life.

もしや泥棒にぬすまれはしないかと、そればかりが、寝てもさめてもわすれられない心配でした。

I was worried that the thief would not be forgotten, even if I slept or slept.

 堀を掘っても、塀の上に針を植えつけても、まだ安心ができません。

Even if you dig a moat or plant a needle on a fence, you can't rest assured.

しまいには、訪問者の顔を見れば、絵をぬすみに来たのではないかとうたがいだして、正直な村の人たちとも、交際をしないようになってしまいました。

Eventually, when I looked at the visitor's face, I wondered if I had come to paint a picture, so I didn't associate with honest villagers.

 そして、左門老人は、年中お城の中にとじこもって、集めた名画をながめながら、ほとんど外出もしないのです。

And the left gate old man stays in the castle all year round, looking at the collected masterpieces and hardly going out.

美術にねっちゅうするあまり、お嫁さんももらわず、したがって子どももなく、ただ名画の番人に生まれてきたような生活が、ずっとつづいて、いつしか六十の坂をこしてしまったのでした。

There was so much of art that there was no bride, so there was no child, and a life that was born to a masterpiece of a masterpiece continued all the time.

 つまり、老人は美術のお城の、奇妙な城主というわけでした。

In other words, the old man was a strange castle owner of an art castle.

 きょうも老人は、白壁の土蔵のような建物の、奥まった一室で、古今の名画にとりかこまれて、じっと夢みるようにすわっていました。

Today, the old man was sitting in a deep room in a white-walled building like a storehouse.

 戸外にはあたたかい日光がうらうらとかがやいているのですが、用心のために鉄ごうしをはめた小さい窓ばかりの室内は、まるで牢獄のようにつめたくて、うす暗いのです。

In the open air, the warm sunlight shines brightly, but the room with only small windows fitted with iron dust as a precaution is as dark as a prison.

「旦那さま、あけておくんなせえ。

"My husband, don't leave it open.

お手紙がまいりました。」

Your letter has arrived. "

 部屋の外に年とった下男の声がしました。

The voice of an old man came out of the room.

広いやしきに召使いといっては、このじいやとその女房のふたりきりなのです。

The servant in the wide spirit is the only person of this grandfather and his wife.

「手紙?

"letter?

 めずらしいな。

It's rare.

ここへ持ってきなさい。」

Bring it here. "

 老人が返事をしますと、重い板戸がガラガラとあいて、主人と同じようにしわくちゃのじいやが、一通の手紙を手にしてはいってきました。

When the old man responded, the heavy board doors rattled and a crumpled grandfather, like the master, got a letter.

 左門老人は、それを受けとって裏を見ましたが、みょうなことに差出人の名まえがありません。

The old left-hand man took a look at it and looked back, but there is no name for the sender.

「だれからだろう。

“Who are you from?

見なれぬ手紙だが……。」

An unrecognizable letter ... "

 あて名はたしかに日下部左門様となっているので、ともかく封を切って、読みくだしてみました。

The address is certainly the left gate of Kusakabe, so I just opened the seal and read it.

「おや、旦那さま、どうしただね。

"Oh, my husband, what's wrong?

何か心配なことが書いてありますだかね。」

Is there anything you are worried about? "

 じいやが思わず、とんきょうなさけび声をたてました。

“I didn't think about it, but I made a confused voice.

それほど、左門老人のようすがかわったのです。

That was how the old left-hand man changed.

ひげのないしわくちゃの顔が、しなびたように色をうしなって、歯のぬけたくちびるがブルブルふるえ、老眼鏡の中で、小さな目が不安らしく光っているのです。

The face of the beard and the crumpled face is colored like a waving lip, the lip of the teeth is fluffy, and the little eyes are shining in the reading glasses.

「いや、な、なんでもない。

"No, no, nothing.

おまえにはわからんことだ。

I don't understand you.

あっちへ行っていなさい。」

Go over there. "

 ふるえ声でしかりつけるようにいって、じいやを追いかえしましたが、なんでもないどころか、老人は気をうしなってたおれなかったのが、ふしぎなくらいです。

“I felt like I was trying to sneak in, and I replaced my grandfather, but it was mysterious that the old man wasn't worried.