文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(1435-1483)/3301

 その手紙には、じつに、つぎのようなおそろしいことばが、したためてあったのですから。

The letter was actually filled with the following funny words.

 紹介者もなく、とつぜんの申し入れをおゆるしください。

Please feel free to submit an offer without an introducer.

しかし、紹介者などなくても、小生が何者であるかは、新聞紙上でよくご承知のことと思います。

However, even if there is no introducer, you know well who is the elementary school student on the newspaper.

 用件をかんたんに申しますと、小生は貴家ご秘蔵の古画を、一幅も残さずちょうだいする決心をしたのです。

Talking about the business easily, I decided to leave all the old images of your treasure.

きたる十一月十五日夜、かならず参上いたします。

I will be there on the evening of November 15th.

 とつぜん推参して、ご老体をおどろかしてはお気のどくと存じ、あらかじめご通知します。

】 I will tell you in advance that you will be surprised if you are surprised by the fact that you are surprised.

二十面相

Twenty facets

日下部左門殿

Kusakabe left gate

 ああ、怪盗二十面相は、とうとう、この伊豆の山中の美術収集狂に、目をつけたのでした。

Oh, the 20th aspect of Kaitou finally noticed this art madness in the mountains of Izu.

彼が警官に変装して、戸山ヶ原のかくれがを逃亡してから、ほとんど一ヵ月になります。

It has been almost a month since he disguised himself as a policeman and the Toyamagahara hideaway escaped.

そのあいだ、怪盗がどこで何をしていたか、だれも知るものはありません。

Meanwhile, no one knows where and what the phantom thief was doing.

おそらく新しいかくれがをつくり、手下の者たちを集めて、第二、第三のおそろしい陰謀をたくらんでいたのでしょう。

Perhaps new hides were made, the minions were gathered, and the second and third weird conspiracy was made.

そして、まず白羽の矢をたてられたのが、意外な山奥の、日下部家の美術城でした。

The first thing that was made of a white arrow was the Kusakabe family's art castle in the unexpected mountains.

「十一月十五日の夜といえば、今夜だ。

“The night of November 15th is tonight.

ああ、わしはどうすればよいのじゃ。

Oh, what should I do?

二十面相にねらわれたからには、もう、わしの宝物はなくなったも同然だ。

It was as if my treasure had already disappeared because I was aimed at the 20th aspect.

あいつは、警視庁の力でも、どうすることもできなかったおそろしい盗賊じゃないか。

Isn't he a terrible thief who couldn't do anything with the power of the Tokyo Metropolitan Police Department?

こんな片いなかの警察の手におえるものではない。

It ’s not in the hands of the police.

 ああ、わしはもう破滅だ。

Oh, I'm already ruined.

この宝物をとられてしまうくらいなら、いっそ死んだほうがましじゃ。」

It would be better to die if you could get this treasure. "

 左門老人は、いきなり立ちあがって、じっとしていられぬように、部屋の中をグルグル歩きはじめました。

”The left gate elderly man suddenly stood up and started walking in the room so that he could not stay still.

「ああ、運のつきじゃ。

"Oh, I'm lucky.

もうのがれるすべはない。」

There is no way to escape. "

 いつのまにか、老人の青ざめたしわくちゃな顔が、涙にぬれていました。

Before long, the old man's pale and crumpled face was wet in tears.

「おや、あれはなんだったかな……ああ、わしは思いだしたぞ。

“Oh, what was that ... oh, I thought.

わしは思いだしたぞ。

I remembered it.

どうして、今まで、そこへ気がつかなかったのだろう。

Why haven't I noticed it until now?

 ……神さまは、まだこのわしをお見すてなさらないのじゃ。

...... God hasn't seen this shit yet.

あの人さえいてくれたら、わしは助かるかもしれないぞ。」

If that person is there, I may be saved. "

 何を思いついたのか、老人の顔には、にわかに生気がみなぎってきました。

”What I came up with was a lively animation on the face of the old man.

「おい、作蔵、作蔵はいないか。」

“Hey, Sakuzo, Sakuzo?”

 老人は部屋の外へ出て、パンパンと手をたたきながら、しきりと、じいやを呼びたてました。

The old man went out of the room and slammed his hands with his hands.

 ただならぬ主人の声に、じいやがかけつけてきますと、

When an old man comes to the voice of the master

「早く、『伊豆日報』を持ってきてくれ。

“Please bring“ Izu Nippo ”soon.

たしかおとといの新聞だったと思うが、なんでもいいから三―四日ぶんまとめて持ってきてくれ。

I think it was an old newspaper, but you can bring anything together for 3-4 days.

早くだ、早くだぞ。」

It ’s fast, it ’s fast. "

と、おそろしいけんまくで命じました。

I ordered it at the time.

作蔵が、あわてふためいて、その『伊豆日報』という地方新聞のたばを持ってきますと、老人は取る手ももどかしく、一枚一枚と社会面を見ていきましたが、やっぱりおとといの十三日の消息欄に、つぎのような記事が出ていました。

When Sakuzo fluttered and brought the cigarette from the local newspaper called “Izu Nippo”, the old man was awkward and took a look at the social aspects one by one. The following article appeared in the news column.

明智小五郎氏来修

Mr. Kogoro Akechi visits

 民間探偵の第一人者明智小五郎氏は、ながらく、外国に出張中であったが、このほど使命をはたして帰京、旅のつかれを休めるために、本日修繕寺温泉|富士屋旅館に投宿、四―五日滞在の予定である。

Mr. Kogoro Akechi, the first private detective, was on a business trip abroad, but today he is returning to Tokyo and resting his journey, so stay at Shujiji Onsen. I plan to stay for five days.

「これだ。

"This is it.

これだ。

This is it.

二十面相に敵対できる人物は、この明智探偵のほかにはない。

There is no one other than this Akechi Detective who can stand up against the 20th aspect.

羽柴家の盗難事件では、助手の小林とかいう子どもでさえ、あれほどのはたらきをしたんだ。

In the Hashiba family's theft case, even a child like assistant Kobayashi worked that much.

その先生明智探偵ならば、きっとわしの破滅を救ってくれるにちがいはないて。

That teacher, Akechi Detective, will surely save my destruction.

どんなことがあっても、この名探偵をひっぱってこなくてはならん。」

No matter what happens, you must pull this name detective. "

 老人は、そんなひとりごとをつぶやきながら、作蔵じいやの女房を呼んで着物をきかえますと、宝物部屋のがんじょうな板戸をピッタリしめ、外からかぎをかけ、ふたりの召使いに、その前で見はり番をしているように、かたくいいつけて、ソソクサとやしきを出かけました。

While the old man murmurs each one, he calls the wife of Sakuzo Jiya and replaces the kimono. As if it was a lookout, I went hard and went out with Sokusa.

 いうまでもなく、行く先は、近くの修繕寺温泉富士屋旅館です。

Needless to say, the destination is the nearby Shujoji Onsen Fujiya Ryokan.

そこへ行って、明智探偵に面会し、宝物の保護をたのもうというわけです。

I went there, met Akechi detective, and protected treasure.