文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(1484-1535)/3301

 ああ、待ちに待った名探偵明智小五郎が、とうとう帰ってきたのです。

Ah, the long-awaited detective Kogoro Akechi has finally returned.

しかも、時も時、所も所、まるで申しあわせでもしたように、ちょうど、二十面相がおそおうという、日下部氏の美術城のすぐ近くに、入湯に来ていようとは、左門老人にとっては、じつに、ねがってもないしあわせといわねばなりません。

Moreover, as if it was a time, time, place, place, just like the 20th aspect, let's come to the bath near Mr. Kusakabe's art castle. In fact, I have to say that I have no need for it.

名探偵明智小五郎

Detective Akechi Kogoro

 ネズミ色のトンビに身をつつんだ、小がらの左門老人が、長い坂道をチョコチョコと走らんばかりにして、富士屋旅館についたのは、もう午後一時ごろでした。

It was already in the afternoon when the old man of Kogara, who was dressed in a mud-colored dragonfly, ran around a long slope on the long slope and reached Fujiya Ryokan.

「明智小五郎先生は?」

“What about Mr. Kogoro Akechi?”

とたずねますと、裏の谷川へ魚釣りに出かけられましたとの答え。

When asked, he answered that he had been fishing for Tanigawa.

そこで、女中を案内にたのんで、またテクテクと、谷川へおりていかなければなりませんでした。

Therefore, I had to go to the maid and go to Tanikawa for guidance to the housemaid.

 クマザサなどのしげった、あぶない道を通って、深い谷間におりると、美しい水がせせらぎの音をたてて流れていました。

を 通 If you go through a rugged road such as Kumazasa and go into a deep valley, the beautiful water was flowing.

 流れのところどころに、飛び石のように、大きな岩が頭を出しています。

大 き な There are large rocks that stand out like a stepping stone.

そのいちばん大きな平らな岩の上に、どてら姿のひとりの男が、背をまるくして、たれた釣りざおの先をじっと見つめています。

On the largest flat rock, a man in the form of a terrified figure stares at the tip of a fishing rod with his back turned.

「あの方が、明智先生でございます。」

“That person is Akechi-sensei.”

 女中が先にたって、岩の上をピョイピョイととびながら、その男のそばへ近づいていきました。

】 The maiden first approached the man while jumping over the rock.

「先生、あの、このお方が、先生にお目にかかりたいといって、わざわざ遠方からおいでなさいましたのですが。」

“Teacher, this person came from a distance because he wanted to see him.”

 その声に、どてら姿の男は、うるさそうにこちらをふりむいて、

「大きな声をしちゃいけない。

“Do n’t speak loudly.

さかなが逃げてしまうじゃないか。」

Sakana will run away. "

としかりつけました。

I found it.

 モジャモジャにみだれた頭髪、するどい目、どちらかといえば青白い引きしまった顔、高い鼻、ひげはなくて、キッと力のこもったくちびる、写真で見おぼえのある明智名探偵にちがいありません。

頭 There must be an Akechi name detective who has no hair, sloppy eyes, a rather pale face, a high nose, a beard, a tight lip, and a photo that you can see in the photos.

「あたしはこういうものですが。」

“I'm like this.”

 左門老人は名刺をさしだしながら、

The left gate old man is holding a business card,

「先生におりいっておねがいがあっておたずねしたのですが。」

“Thank you for visiting my teacher.”

と、小腰をかがめました。

And bent down.

 すると明智探偵は、名刺を受けとることは受けとりましたが、よく見もしないで、さもめんどうくさそうに、

Then Akechi Detective received a business card, but without looking closely, it seemed awkward,

「ああ、そうですか。

"Oh, I see.

で、どんなご用ですか。」

So what is it for? "

といいながら、また釣りざおの先へ気をとられています。

However, I'm paying attention to the tip of the fishing rod again.

 老人は女中に先へ帰るようにいいつけて、そのうしろ姿を見おくってから、

`` The old man asked the maid to go home and look at the back,

「先生、じつはきょう、こんな手紙を受けとったのです。」

“Teacher, I received this letter today.”

と、ふところから例の、二十面相の予告状をとりだして、釣りざおばかり見ている探偵の顔の前へ、つきだしました。

From that point, I took out a 20-phase notice and started in front of the face of the detective who was watching the fishing rod.

「ああ、また逃げられてしまった……。

"Oh, I've escaped again ..."

こまりますねえ、そんなに釣りのじゃまをなすっちゃ。

Hey, I ’m so hungry for fishing.

手紙ですって?

Is it a letter?

 いったいその手紙が、ぼくにどんな関係があるとおっしゃるのです。」

What exactly does this letter have to me? "

 明智はあくまでぶあいそうです。

Akechi seems to be in love.

「先生は二十面相と呼ばれている賊をごぞんじないのですかな。」

“Isn't the teacher afraid of a bandit called Twenty Faces?”

 左門老人は、少々むかっ腹をたてて、するどくいいはなちました。

The left-handed elderly man was a little hungry and had a good time.

「ホウ、二十面相ですか。

"Hou, are you twenty?

二十面相が手紙をよこしたとおっしゃるのですか。」

Do you say that Twenty-Family gave you a letter? "

 名探偵はいっこうおどろくようすもなく、あいかわらず釣りざおの先を見つめているのです。

Detectives are not even surprised, and are always looking at the tip of the fishing rod.

 そこで、老人はしかたなく、怪盗の予告状を、自分で読みあげ、日下部家の「お城」にどのような宝物が秘蔵されているかを、くわしく物語りました。

Therefore, the old man couldn't help but read the notice of the phantom thief himself and told us in detail what treasures are stored in the “castle” of the Kusakabe family.

「ああ、あなたが、あの奇妙なお城のご主人でしたか。」

“Oh, were you the master of that strange castle?”

 明智はやっと興味をひかれたらしく、老人のほうへ向きなおりました。

Akechi finally seemed to be interested, and turned to the elderly.

「はい、そうです。

"Yes, it is.

あの古名画類は、わしの命にもかえがたい宝物です。

That old masterpiece is a treasure that is hard to replace my life.

明智先生、どうかこの老人を助けてください。

Akechi-sensei, please help this old man.

おねがいです。」

Thank you. "

「で、ぼくにどうしろとおっしゃるのですか。」

"So what do you mean to me?"

「すぐに、わたしの宅までおこしねがいたいのです。

“I want to have my home immediately.

そして、わしの宝物を守っていただきたいのです。」

And I want you to protect my treasure. "

「警察へおとどけになりましたか。

"Did you come to the police?

ぼくなんかにお話になるよりも、まず、警察の保護をねがうのが順序だと思いますが。」

Rather than talking to me, I think the order is to first protect the police. "

「いや、それがですて、こう申しちゃなんだが、わしは警察よりも先生をたよりにしておるのです。

"No, that's why I say this, but I use my teacher more than the police.