文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(1536-1577)/3301

二十面相を向こうにまわして、ひけをとらぬ探偵さんは、先生のほかにないということを、わしは信じておるのです。

I believe that there is no one other than the teacher who is a detective who turns 20 faces away.

 それに、ここには小さい警察分署しかありませんから、腕ききの刑事を呼ぶにしたって、時間がかかるのです。

Also, since there is only a small police branch here, it takes time to call an armed criminal.

なにしろ二十面相は、今夜わしのところをおそうというのですからね。

After all, the 20th aspect is going to do my part tonight.

ゆっくりはしておられません。

I'm not slow.

 ちょうどその日に、先生がこの温泉に来ておられるなんて、まったく神さまのおひきあわせと申すものです。

It ’s just a god ’s happiness to have a teacher come to this hot spring that day.

先生、老人が一|生のおねがいです。

Teacher, old man |

どうかわしを助けてください。」

Please help me. "

 左門老人は、手をあわさんばかりにして、かきくどくのです。

The left-handed elderly man has a lot of hands and is stiff.

「それほどにおっしゃるなら、ともかくおひきうけしましょう。

“If you say so, let ’s win.

二十面相はぼくにとっても敵です。

Twenty faces are also enemies for me.

早くあらわれてくれるのを、待ちかねていたほどです。

I couldn't wait to see you soon.

 では、ごいっしょにまいりましょうか、そのまえに、いちおうは警察とも打ちあわせをしておかなければなりません。

So, let's go together, and before that, we have to have a meeting with the police.

宿へ帰ってぼくから電話をかけましょう。

Let's return to the hotel and call me.

そして、まんいちの用意に、二―三人刑事の応援をたのむことにしましょう。

And let's enjoy the support of two or three criminal in preparation for Manichi.

あなたは一足先へお帰りください。

Please go back one step.

ぼくは刑事といっしょに、すぐかけつけます。」

I will call you with the criminal. "

 明智の口調は、にわかに熱をおびてきました。

Akechi's tone has been feverish.

もう釣りざおなんか見向きもしないのです。

I'm no longer looking at the fishing rod.

「ありがとう、ありがとう。

"Thank you thank you.

これでわしも百万の味方をえた思いです。」

I think I have made a million friends. "

 老人は胸をなでおろしながら、くりかえしくりかえし、お礼をいうのでした。

¡The old man repeated his strokes while stroking his chest, saying thanks.

不安の一夜

Anxiety overnight

 日下部左門老人が、修善寺でやとった自動車をとばして、谷口村の「お城」へ帰ってから、三十分ほどして、明智小五郎の一行が到着しました。

】 After about 30 minutes after the elder man Kusakabe left the car at Shuzenji and returned to the “castle” in Taniguchi, a party of Kogoro Akechi arrived.

 一行は、ピッタリと身にあう黒の洋服に着かえた明智探偵のほかに、背広服のくっきょうな紳士が三人、みな警察分署づめの刑事で、それぞれ肩書きつきの名刺を出して、左門老人とあいさつをかわしました。

In addition to the Akechi detective who changed to the black clothes that fit perfectly, the three gentlemen in the suits were all criminals in the police branch, each with a business card with a title, I did a greeting.

 老人はすぐさま、四人を奥まった名画の部屋へ案内して、壁にかけならべた掛け軸や、箱におさめて棚につみかさねてある、おびただしい国宝的傑作をしめし、いちいちその由緒を説明するのでした。

The old man immediately led them to the room of the famous masterpiece, and showed the history of the tremendous national treasure masterpieces that were hung on the walls and hung on the shelves.

「こりゃあどうも、じつにおどろくべきご収集ですねえ。

“It ’s a really surprising collection.

ぼくも古画は大すきで、ひまがあると、博物館や寺院の宝物などを見てまわるのですが、歴史的な傑作が、こんなに一室に集まっているのを、見たことがありませんよ。

I also like old paintings, and if you have time, you will see treasures in museums and temples, but I have never seen so many historical masterpieces in one room. .

 美術ずきの二十面相が目をつけたのは、むりもありませんね。

It's no wonder that the 20th aspect of the art gallery has caught my eye.

ぼくでもよだれがたれるようですよ。」

I seem to be drooling even in me. "

 明智探偵は、感嘆にたえぬもののように、一つ一つの名画について、賛辞をならべるのでしたが、その批評のことばが、その道の専門家もおよばぬほどくわしいのには、さすがの左門老人もびっくりしてしまいました。

Akechi Detective was able to give compliments for each masterpiece, as if it were unfathomable, but the words of the criticism are more detailed than the experts of the way, as expected. I was surprised.

そして、名探偵への尊敬の念が、ひとしお深くなるのでした。

And the respect for the detective was deepened.

 さて、少し早めに、一同夕食をすませると、いよいよ名画守護の部署につくことになりました。

Now, a little early, we had dinner together, and we finally got to the masterpiece guard department.

 明智は、テキパキした口調で、三人の刑事にさしずをして、ひとりは名画室の中へ、ひとりは表門、ひとりは裏口に、それぞれ徹夜をして、見はり番をつとめ、あやしいものの姿をみとめたら、ただちに呼び子を吹きならすというあいずまできめたのです。

Akechi is in a crisp tone, without any criminal three criminal, one in the masterpiece room, one in the front gate, one in the back door, staying overnight, watching the watchman When I saw the appearance of the thing, I was able to do it as soon as possible.

 刑事たちが、めいめいの部署につくと、明智探偵は名画室のがんじょうな板戸を、外からピッシャリしめて、老人にかぎをかけさせてしまいました。

When the detectives arrived at their department, Akechi Detective shook the masterboard of the masterpiece room from the outside and locked the elderly.

「ぼくは、この戸の前に、一晩中がんばっていることにしましょう。」

“I will do my best in front of this door all night.”

 名探偵はそういって、板戸の前の畳廊下に、ドッカリすわりました。

Detectives said so and sat down in the tatami hall in front of Itado.

「先生、大じょうぶでしょうな。

“Teacher, I ’m sure.

先生にこんなことを申しては、失礼かもしれませんが、相手はなにしろ、魔法使いみたいなやつだそうですからね。

It may be rude to say this to the teacher, but the other party seems to be a wizard.

わしは、なんだかまだ、不安心なような気がするのですが。」

I still feel uncomfortable. "

 老人は明智の顔色を見ながら、いいにくそうにたずねるのです。

The old man asks Akichi's complexion while looking ugly.

「ハハハ……、ご心配なさることはありません。

“Hahaha…, do n’t worry.

ぼくはさっき、じゅうぶんしらべたのですが、部屋の窓には厳重な鉄ごうしがはめてあるし、壁は厚さが三十センチもあって、ちっとやそっとでやぶれるものではないし、部屋のまんなかには刑事君が、目を見はっているんだし、そのうえ、たった一つの出入り口には、ぼく自身ががんばっているんですからね。

I just looked at it all the time, but the window in the room had a strict iron iron, the wall was thirty centimeters thick, and it wasn't something that could be gently and gently broken. There is a criminal who is watching, and I'm working hard at the doorway.