文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(1578-1631)/3301

これ以上、用心のしようはないくらいですよ。

I can't be more careful than this.

 あなたは安心して、おやすみなすったほうがいいでしょう。

You should rest assured at ease.

ここにおいでになっても、同じことですからね。」

Even if you come here, it's the same thing. "

 明智がすすめても、老人はなかなか承知しません。

Even if Akechi recommends, old people do not readily understand.

「いや、わしもここで徹夜することにしましょう。

“No, I ’m going to stay all night here.

寝床へはいったって、ねむられるものではありませんからね。」

Entering the bed isn't something you'll be jealous of. "

 そういって、探偵のかたわらへすわりこんでしまいました。

That's why I sat down beside the detective.

「なるほど、では、そうなさるほうがいいでしょう。

“I see, it ’s better to do that.

ぼくも話し相手ができて好都合です。

It ’s convenient for me to talk to.

絵画論でもたたかわしましょうかね。」

Would you like to fight even with painting theory? "

 さすがに百戦錬磨の名探偵、にくらしいほど落ちつきはらっています。

As expected, it is a famous detective of 100 battles, so I feel relaxed.

 それから、ふたりはらくな姿勢になって、ポツポツ古名画の話をはじめたものですが、しゃべるのは明智ばかりで、老人はソワソワと落ちつきがなく、ろくろく受け答えもできないありさまです。

After that, they started to talk about the old-fashioned paintings, but they only talked about Akechi, and the old man was so uncomfortable with Sowosova and could not accept and answer.

 左門老人には、一年もたったかと思われるほど、長い長い時間のあとで、やっと、十二時がうちました。

】 After a long long time, the twelve o'clock had finally arrived at the old left gate, as if it had been a year.

真夜中です。

It's midnight.

 明智はときどき、板戸ごしに、室内の刑事に声をかけていましたが、そのつど、中からハッキリした口調で、異状はないという返事が聞こえてきました。

From time to time, Akechi was talking to the criminal inside the room, but each time I heard a reply that there was no anomaly with a clear tone from inside.

「アーア、ぼくは少しねむくなってきた。」

"Ah, I'm getting a little sleepy."

 明智はあくびをして、

Akechi yawns,

「二十面相のやつ、今夜はやってこないかもしれませんよ。

"Twenty faces, you may not come tonight.

こんなげんじゅうな警戒の中へとびこんでくるばかでもないでしょうからね……。

It wouldn't be an idiot that invaded into such a vigilance ...

ご老人、いかがです。

How about an old man?

ねむけざましに一本。

One for Nemukezamashi.

外国ではこんなぜいたくなやつを、スパスパやっているんですよ。」

In foreign countries, such a luxury guy is doing a spa spa. "

と、|たばこ入れをパチンとひらいて、自分も一本つまんで、老人の前にさしだすのでした。

I opened my cigarette bag with a pinch, pinched myself, and put it in front of the old man.

「そうでしょうかね。

"Is that true?

今夜は来ないでしょうかね。」

Will you not come tonight? "

 左門老人は、さしだされたエジプトたばこを取りながら、まだ不安らしくいうのです。

The left gate old man is still anxious while taking out the Egyptian cigarettes that have been put out.

「いや、ご安心なさい。

"No, don't worry.

あいつは、けっしてばかじゃありません。

That guy is never a fool.

ぼくが、ここにがんばっていると知ったら、まさかノコノコやってくるはずはありませんよ。」

If you know that I'm doing my best here, I can't come up. "

 それからしばらくことばがとだえて、ふたりはてんでの考えごとをしながら、おいしそうにたばこをすっていましたが、それがすっかり灰になったころ、明智はまたあくびをして、

After that, the words stood out for a while, and they were sipping their cigarettes happily while thinking about the two, but when it turned into ash, Akechi yawned again.

「ぼくは少しねむりますよ。

“I sleep a little.

あなたもおやすみなさい。

Good night too.

なあに、大じょうぶです。

What is it?

武士はくつわの音に目をさますっていいますが、ぼくは職業がら、どんなしのび足の音にも目をさますのです。

The samurai looks at the sound of the shoes, but I look at the sound of every foot in my profession.

心までねむりはしないのですよ。」

I don't sleep to my heart. "

 そんなことをいったかと思うと、板戸の前に長々と横になって、目をふさいでいました。

When I thought about this, I lay down in front of the board door and closed my eyes.

そして、まもなく、スヤスヤとおだやかな寝息が聞こえはじめたのです。

Soon after that, I began to hear a smooth sleep.

 あまりなれきった探偵のしぐさに、老人は気が気ではありません。

The old man is not worried about the detective behavior that he has become very familiar with.

ねむるどころか、ますます耳をそばだてて、どんなかすかな物音も聞きもらすまいと、いっしょうけんめいでした。

Instead of going to sleep, it was more difficult for me to close my ears and not hear any faint sounds.

 何かみょうな音が聞こえてくるような気がします。

I feel like I can hear some kind of noise.

耳鳴りかしら、それとも近くの森のこずえにあたる風の音かしら。

It may be tinnitus or the sound of a wind hitting a nearby forest.

 そして、耳をすましていますと、しんしんと夜のふけていくのが、ハッキリわかるようです。

And when you listen carefully, you can clearly see that the night danders.

 頭の中がだんだんからっぽになって、目の前がもやのようにかすんでいきます。

”The inside of your head gradually becomes empty and the front of your eyes becomes hazy.

 ハッと気がつくと、そのうす白いもやの中に、目ばかり光らした黒装束の男が、もうろうと立ちはだかっているではありませんか。

When I noticed it, a man in a black costume with a shining eye in the light white haze is standing up.

「アッ、明智先生、賊です、賊です。」

"Ah, Akechi-sensei, bandit, bandit."

 思わず大声をあげて、寝ている明智の肩をゆさぶりました。

Unintentionally screaming and shaking Akechi's shoulder.

「なんです。

“What.

そうぞうしいじゃありませんか。

Isn't it so awesome?

どこに賊がいるんです。

Where are the bandits?

夢でもごらんになったのでしょう。」

You may have seen it in your dreams. "

 探偵は身動きもせず、しかりつけるようにいうのでした。

Detectives did not move, but told them to stick.

 なるほど、今のは夢か、それとも幻だったのかもしれません。

It might be a dream or an illusion now.

いくら見まわしても、黒装束の男など、どこにもいやしないのです。

No matter how much you look around, you won't heal anywhere, such as a man in black.

 老人は少しきまりが悪くなって、無言のままもとの姿勢にもどり、また耳をすましましたが、するとさっきと同じように、頭の中がスーッとからっぽになって、目の前にもやがむらがりはじめるのです。

The old man got a little uncomfortable and went back to his original posture without hesitation, and listened again, but as before, the head became so empty and in front of him. Yaga begins to scatter.