文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(1632-1692)/3301

 そのもやが少しずつ濃くなって、やがて、黒雲のようにまっくらになってしまうと、からだが深い深い地の底へでも落ちこんでいくような気持がして、老人は、いつしかウトウトとねむってしまいました。

When the haze gets darker and gradually becomes dark like a black cloud, it feels like it falls into the bottom of the body but deep and deep, and the old man always sleeps out. I ended up.

 どのくらいねむったのか、そのあいだじゅう、まるで地獄へでも落ちたような、おそろしい夢ばかりみつづけながら、ふと目をさましますと、びっくりしたことには、あたりがすっかり明るくなっているのです。

During that time, I kept staring at the terrible dreams that seemed to have fallen into hell.

「ああ、わしはねむったんだな。

“Oh, I slept.

しかし、あんなに気をはりつめていたのに、どうして寝たりなんぞしたんだろう。」

However, why did I go to sleep when I was so careful? "

 左門老人はわれながら、ふしぎでしかたがありませんでした。

The left gate old man was amazed, but there was no help.

 見ると、明智探偵はゆうべのままの姿で、まだスヤスヤとねむっています。

As you can see, the Akechi detective is still in the shape of a beast and is still sleeping.

「ああ、助かった。

"thank God.

それじゃ二十面相は、明智探偵におそれをなして、とうとうやってこなかったとみえる。

Then, it seems that Twenty Faces did not come at last, fearing Akechi detective.

ありがたい、ありがたい。」

Thank you, thank you. "

 老人はホッと胸をなでおろして、しずかに探偵をゆりおこしました。

¡The old man relieved his heart and slowly shook the detective.

「先生、起きてください。

"Teacher, get up.

もう夜が明けましたよ。」

The night is already over. "

 明智はすぐ目をさまして、

Akechi looks away,

「ああ、よくねむってしまった……。

"Oh, I'm often sleeping ...

ハハハ……、ごらんなさい。

Hahaha ... Look at that.

なにごともなかったじゃありませんか。」

Was n’t there anything wrong? "

といいながら、大きなのびをするのでした。

However, it was a big stretch.

「見はり番の刑事さんも、さぞねむいでしょう。

“The criminal of the watchman will also be crazy.

もう大じょうぶですから、ご飯でもさしあげて、ゆっくりやすんでいただこうじゃありませんか。」

It's already great, so why don't you just give me some rice and relax slowly? "

「そうですね。

"I agree.

では、この戸をあけてください。」

Please open this door. "

 老人は、いわれるままに、懐中からかぎをとりだして、締まりをはずし、ガラガラと板戸をひらきました。

The old man took the key out of his pocket, unfastened it and opened the rattle and the board door.

 ところが、戸をひらいて、部屋の中を一目見たかと思うと、老人の口から「ギャーッ。」

However, when I opened the door and looked at the inside of the room, “Gat.”

という、まるでしめころされるような、さけび声がほとばしったのです。

The crying voice was almost blown away.

「どうしたんです。

“What's wrong?

どうしたんです。」

What's wrong? "

 明智もおどろいて立ちあがり、部屋の中をのぞきました。

Akechi was surprised and stood up and looked into the room.

「あ、あれ、あれ……。」

"Oh, that, that ..."

 老人は口をきく力もなく、みょうな片言をいいながら、ふるえる手で、室内を指さしています。

The old man does not have the ability to speak, but points to the room with a shaking hand while saying a simple word.

 見ると、ああ、老人のおどろきもけっしてむりではなかったのです。

I saw the old man's surprises.

部屋の中の古名画は、壁にかけてあったのも、箱におさめて棚につんであったのも、一つのこらず、まるでかき消すようになくなっているではありませんか。

The old paintings in the room, whether they were hung on the wall or in a box and put on a shelf, aren't a single thing, they seem to vanish.

 番人の刑事は、畳の上に打ちのめされたようにたおれて、なんというざまでしょう。

[The criminal of the guard is as if beaten on the tatami mats, so what?

グウグウ高いびきをかいているのです。

I'm scratching high.

「せ、先生、ぬ、ぬ、ぬすまれました。

“She, Sensei, Nu, Nu, I was lost.

ああ、わしは、わしは……。」

Oh, I, I ... "

 左門老人は、一しゅんかんに十年も年をとったような、すさまじい顔になって、明智の胸ぐらをとらんばかりです。

”The left-handed elderly man has a terrible face that seems to be ten years old, and is obsessed with Akechi's chest.

悪魔の知恵

Devil wisdom

 ああ、またしてもありえないことがおこったのです。

Oh, something that could never happen again.

二十面相というやつは、人間ではなくて、えたいのしれないお化けです。

The 20-faced face is not a human being, but a ghost that cannot be helped.

まったく不可能なことを、こんなにやすやすとやってのけるのですからね。

It's so easy to do something that is impossible.

 明智はツカツカと部屋の中へはいっていって、いびきをかいている刑事の腰のあたりを、いきなりけとばしました。

Akechi went into the room with Tsukatsu and suddenly skipped around the snoring criminal.

賊のためにだしぬかれて、もうすっかり腹をたてているようすでした。

It seemed that I was completely angry because I was devoured for the bandits.

「おい、おい、起きたまえ。

"Hey, hey, get up.

ぼくはきみに、ここでおやすみくださいってたのんだんじゃないんだぜ。

I didn't mean you had a good night here.

見たまえ、すっかりぬすまれてしまったじゃないか。」

Look, you've been completely lost. "

 刑事は、やっとからだを起こしましたが、まだ夢うつつのありさまです。

The criminal has finally woken up but is still dreaming.

「ウ、ウ、何をぬすまれたんですって?

"U, U, what did you do?

 ああ、すっかりねむってしまった……。

Oh, I'm completely sleepy ...

おや、ここはどこだろう。」

Oh, where is this place? "

 寝ぼけた顔で、キョロキョロ部屋の中を見まわすしまつです。

This is a skirt that looks around the inside of the Kyoryo-Kuro room with a blurred face.

「しっかりしたまえ。

"Take it well.

ああ、わかった。

Oh, I understand.

きみは麻酔剤でやられたんじゃないか。

Wasn't you done with an anesthetic?

思いだしてみたまえ、ゆうべどんなことがあったか。」

Remember, what happened to you? "

 明智は刑事の肩をつかんで、らんぼうにゆさぶるのでした。

Akechi grabbed the criminal's shoulders and shook herself.

「こうっと、おや、ああ、あんた明智さんですね。

"Oh, oh, you're Akechi-san.

ああ、ここは日下部の美術城だった。

Oh, this was Kusakabe's art castle.

しまった。

Oops.

ぼくはやられたんですよ。

I was killed.

そうです、麻酔剤です。

Yes, an anesthetic.

ゆうべ真夜中に、黒い影のようなものが、ぼくのうしろへしのびよったのです。

In the middle of the night, something like a black shadow spread behind me.