文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(1693-1748)/3301

そして、そして、何かやわらかいいやなにおいのするもので、ぼくの鼻と口をふさいでしまったのです。

And then, it smelled something soft and scented and blocked my nose and mouth.

それっきり、それっきり、ぼくは何もわからなくなってしまったんです。」

After all, I didn't understand anything. "

 刑事はやっと目のさめたようすで、さも申しわけなさそうに、からっぽの絵画室を見まわすのでした。

The criminal finally woke up and looked around the empty painting room.

「やっぱりそうだった。

“That ’s right.

じゃあ、表門と裏門を守っていた刑事諸君も、同じ目にあっているかもしれない。」

Well, the criminals who were protecting the front gate and back gate might have the same eyes. "

 明智はひとりごとをいいながら、部屋をかけだしていきましたが、しばらくすると、台所のほうで大声に呼ぶのが聞こえてきました。

Akechi started out the room while saying each person, but after a while, I heard a loud call in the kitchen.

「日下部さん。

“Mr. Kusakabe.

ちょっと来てください。」

Please come for a moment. "

 なにごとかと、老人と刑事とが、声のするほうへ行ってみますと、明智は下男部屋の入り口に立ってその中を指さしています。

When anything, the old man and the criminal go to the voice, Akechi stands at the entrance of the lower man's room and points to it.

「表門にも裏門にも、刑事君たちの影も見えません。

"Neither the front gate nor the back gate can see the shadows of the criminals.

そればかりじゃない。

Not only that.

ごらんなさい、かわいそうに、このしまつです。」

Look at this pine, poorly. "

 見ると、下男部屋のすみっこに、作蔵じいやとそのおかみさんとが、高手小手にしばられ、さるぐつわまでかまされて、ころがっているではありませんか。

As you can see, I think that Sakuzo Iya and his wife were tied up in high-handed hands and bitten into a rugby, in the lower corner of the lower man's room.

むろん賊のしわざです。

Of course it is the work of bandits.

じゃまだてをしないように、ふたりの召使いをしばりつけておいたのです。

I kept the two servants firmly so as not to leave.

「ああ、なんということじゃ。

“Oh, what ’s that?

明智さん、これはなんということです。」

Akechi-san, what is this? "

 日下部老人は、もう半狂乱のていで、明智につめよりました。

The old man Kusakabe is already half-crazy, and I met Akechi.

命よりもたいせつに思っていた宝物が夢のように一夜のうちに消えうせてしまったのですから、むりもないことです。

The treasure that I thought was more important than my life disappeared in a night like a dream, so it's inevitable.

「いや、なんとも申しあげようもありません。

“No, I ca n’t say anything.

二十面相がこれほどの腕まえとは知りませんでした。

I didn't know that Twenty-Family was such a good arm.

相手をみくびっていたのが失策でした。」

It was a mistake that I was looking for the other party. "

「失策?

"faux pas?

 明智さん、あんたは失策ですむじゃろうが、このわしは、いったいどうすればよいのです。

Akechi-san, you're sorry, but what should I do about this shit?

……名探偵、名探偵と評判ばかりで、なんだこのざまは……。」

…… Detectives, just a reputation as a name detective, what is this situation…. "

 老人はまっさおになって、血走った目で明智をにらみつけて、今にも、とびかからんばかりのけんまくです。

老 The old man is straight and stares at Akechi with his bloody eyes, and he's still crazy.

 明智はさも恐縮したように、さしうつむいていましたが、やがて、ヒョイとあげた顔を見ますと、これはどうしたというのでしょう。

Akechi was amazed as he was afraid, but eventually, what did he do when he looked at the face raised by Hyoy?

名探偵は笑っているではありませんか。

Isn't the detective laughing?

その笑いが顔いちめんにひろがっていって、しまいにはもうおかしくておかしくてたまらぬというように、大きな声をたてて、笑いだしたではありませんか。

Did you laugh out loud with a loud voice that the laughter spread all over your face, and it was already funny and irresistible?

 日下部老人は、あっけにとられてしまいました。

The old man Kusakabe has been taken away.

明智は賊にだしぬかれたくやしさに、気でもちがったのでしょうか。

Did Akechi care about the gentleness he was thrilled by the bandits?

「明智さん、あんた何がおかしいのじゃ。

“Akechi-san, what ’s wrong with you?

これ、何がおかしいのじゃというに。」

What's wrong with this? "

「ワハハハ……、おかしいですよ。

"Wahahaha ... It's strange.

名探偵明智小五郎、ざまはないですね。

Detective Akechi Kogoro, isn't it?

まるで赤子の手をねじるように、やすやすとやられてしまったじゃありませんか。

Wasn't it done as easily as twisting the baby's hand?

二十面相というやつはえらいですねえ。

The guy called Twenty Faces is great.

ぼくはあいつを尊敬しますよ。」

I respect him. "

 明智のようすは、いよいよへんです。

Akechi's appearance is finally over.

「これ、これ、明智さん、どうしたんじゃ、賊をほめたてているばあいではない。

"This, this, Akechi-san, what happened isn't when you're praising the bandit.

チェッ、これはまあなんというざまだ。

Chet, that's not what it is.

ああ、それに、作蔵たちを、このままにしておいてはかわいそうじゃ。

Oh, and it seems pitiful to keep the brewers as they are.

刑事さん、ぼんやりしてないで、早くなわをといてやってください。

Criminal, don't be fooled, take a wrinkle quickly.

さるぐつわもはずして。

Remove the gag.

そうすれば作蔵の口から賊の手がかりもつくというもんじゃないか。」

Then you can get clues of bandits from the mouth of Sakuzo. "

 明智が、いっこうたよりにならぬものですから、あべこべに、日下部老人が探偵みたいにさしずをするしまつです。

Since Akechi is nothing more than a good thing, it's time for Abe Kusakabe to be like a detective.

「さあ、ご老人の命令だ。

“Now, it ’s an old man ’s command.

なわをといてやりたまえ。」

Take a nap and do it. "

 明智が刑事にみょうな目くばせをしました。

Akechi gave his eyes to the criminal.

 すると、今までぼんやりしていた刑事が、にわかにシャンと立ちなおって、ポケットから一たばの捕縄をとりだしたかと思うと、いきなり日下部老人のうしろにまわって、パっとなわをかけ、グルグルとしばりはじめました。

Then, when a criminal who had been vaguely stood up suddenly and thought that he had taken out a litter of cigarettes from his pocket, he suddenly turned around behind the elderly Kusakabe and suddenly wrinkled, I started to do it.

「これ、何をする。

“What are you doing?

ああ、どいつもこいつも、気ちがいばかりじゃ。

Oh, but this is always a difference.

わしをしばってどうするのだ。

What do you do with me?

わしをしばるのではない。

I do not tie me.

そこにころがっている、ふたりのなわをとくのじゃ。

I'm going to break the two traps around there.

これ、わしではないというに。」

This is not me. "