文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(1818-1859)/3301

あの部屋へどうしてはいったかとおっしゃるのですか。

How are you going to that room?

ハハハ……、わけはありませんよ。

Hahaha ... No, there is no reason.

あなたのふところから、ちょっとかぎを拝借すればよかったのですからね。」

I just had to borrow a key from your place. "

 二十面相は、まるで世間話でもしているように、おだやかなことばを使いました。

Twenty faces used gentle words as if they were talking about the world.

しかし、老人にしてみれば、いやにていねいすぎるそのことばづかいが、いっそう腹だたしかったにちがいありません。

However, for the elderly, it must have been more frustrating than the wording that was too unpleasant.

「では、ぼくたちは急ぎますから、これで失礼します。

“Now we are in a hurry and we are sorry.

美術品はじゅうぶん注意して、たいせつに保管するつもりですから、どうかご安心ください。

Please be assured that you will be careful and store your artwork carefully.

では、さようなら。」

So, goodbye. "

 二十面相は、ていねいに一礼して、刑事に化けた部下をしたがえ、ゆうぜんと、その場をたちさりました。

Twenty-five ministers paid a courtesy, and followed the place as a criminal subordinate.

 かわいそうな老人は、何かわけのわからぬことをわめきながら、賊のあとを追おうとしましたが、からだじゅうをぐるぐる巻きにしたなわのはしが、そこの柱にしばりつけてあるので、ヨロヨロと立ちあがってはみたものの、すぐバッタリとたおれてしまいました。

The poor old man tried to chase after the bandits, whispering something he did not understand. Although I stood up, I immediately stood up.

そして、たおれたまま、くやしさと悲しさに、歯ぎしりをかみ、涙さえ流して、身もだえするのでありました。

And while he was standing, he was bitten and sad by biting his teeth, even shed tears, and nurtured himself.

巨人と怪人

Giant and Phantom

 美術城の事件があってから半月ほどたった、ある日の午後、東京駅のプラットホームの人ごみの中に、ひとりのかわいらしい少年の姿が見えました。

One half month after the art castle incident, one cute boy was seen in the crowd on the platform of Tokyo Station one afternoon.

ほかならぬ小林芳雄君です。

This is none other than Yoshio Kobayashi.

読者諸君にはおなじみの明智探偵の少年助手です。

It is a boy assistant of Akechi detective familiar to readers.

 小林君は、ジャンパー姿で、よく似合う鳥打ち帽をかぶって、ピカピカ光る靴をコツコツいわせながら、プラットホームを行ったり来たりしています。

Mr. Kobayashi goes back and forth on the platform, wearing a jumping suit, wearing a well-matched bird's hat, and wearing shiny shoes.

手には、一枚の新聞紙を棒のようにまるめてにぎっています。

In my hand, I roll a piece of newspaper like a stick.

読者諸君、じつはこの新聞には二十面相に関する、あるおどろくべき記事がのっているのですが、しかし、それについては、もう少しあとでお話しましょう。

Readers, in fact, this newspaper has an amazing article about the 20 aspect, but I will talk about that a little later.

 小林少年が東京駅にやってきたのは、先生の明智小五郎を出むかえるためでした。

Kobayashi Shonen came to Tokyo station to get out of teacher Akechi Kogoro.

名探偵は、こんどこそ、ほんとうに外国から帰ってくるのです。

Detectives really come home from abroad.

 明智は某国からの招きに応じ、ある重大な事件に関係し、みごとに成功をおさめて帰ってくるのですから、いわば凱旋将軍です。

Akechi is a general of the Arc de Triomphe, because he will return with great success in response to an invitation from Yasukuni.

本来ならば、外務省とか民間団体から、大ぜいの出むかえがあるはずですが、明智はそういうぎょうぎょうしいことが大きらいでしたし、探偵という職業上、できるだけ人目につかぬ心がけをしなければなりませんので、公の方面にはわざと通知をしないで、ただ自宅だけに東京駅着の時間をしらせておいたのでした。

Originally, there should be a lot of changes from the Ministry of Foreign Affairs and private organizations, but Akechi was such a big thing, and as a detective profession, try to be as invisible as possible to the public Because I had to do it, I didn't notify the public on purpose, but just let my home arrive at Tokyo Station.

それも、いつも明智夫人は出むかえをえんりょして、小林少年が出かけるならわしになっていました。

Even so, Mrs. Akechi was always looking forward to seeing Kobayashi boys going out.

 小林君は、しきりと腕時計をながめています。

Mr. Kobayashi is always watching the wristwatch.

もう五分たつと、待ちかねた明智先生の汽車が到着するのです。

After another five minutes, the train of Akechi-sensei, who could not wait, arrives.

ほとんど、三月ぶりでお会いするのです。

I see you almost in March.

なつかしさに、なんだか胸がワクワクするようでした。

It seemed that my chest was really exciting.

 ふと気がつくと、ひとりのりっぱな紳士が、にこにこ笑顔をつくりながら、小林少年に、近づいてきました。

Suddenly, a fine gentleman approached Kobayashi Shonen while smiling with a smile.

 ネズミ色のあたたかそうなオーバー・コート、籐のステッキ、半白の頭髪、半白の口ひげ、デップリ太った顔に、べっこうぶちのめがねが光っています。

«Glasses eyeglasses shine in a warm mud overcoat, rattan walking stick, half-white hair, half-white mustache, fat face.

先方では、にこにこ笑いかけていますけれど、小林君はまったく見知らぬ人でした。

The other side is smiling, but Kobayashi was a stranger.

「もしやきみは、明智さんのところの方じゃありませんか。」

"Isn't Mr. Akechi the person you are?"

 紳士は、太いやさしい声でたずねました。

The gentleman asked with a thick and gentle voice.

「ええ、そうですが……。」

"Yes, that's right ..."

 けげん顔の少年の顔を見て、紳士はうなずきながら、

The gentleman nodded as he looked at the boy's face,

「わたしは、外務省の辻野という者だが、この列車で明智さんが帰られることがわかったものだから、非公式にお出むかえにきたのですよ。

“I am Sugano from the Ministry of Foreign Affairs, but I know that Akechi-san will be returned on this train, so I came to visit informally.

少し内密の用件もあるのでね。」

There are some confidential matters. "

と説明しました。

Explained.

「ああ、そうですか。

"Oh, I see.

ぼく、先生の助手の小林っていうんです。」

My name is Kobayashi, my assistant. "

 帽子をとって、おじぎをしますと、辻野氏はいっそうにこやかな顔になって、

When I took a hat and bowed, Mr. Kanno became a more smiling face,

「ああ、きみの名は聞いていますよ。

“Oh, I ’m listening to you.

じつは、いつか新聞に出た写真で、きみの顔を見おぼえていたものだから、こうして声をかけたのですよ。

In fact, one day I was in a newspaper and remembered your face, so I called out.