文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(1860-1906)/3301

二十面相との一騎うちはみごとでしたねえ。

Ikki with the Twenty Faces was amazing.

きみの人気はたいしたものですよ。

Your popularity is great.

わたしのうちの子どもたちも大の小林ファンです。

My children are also big Kobayashi fans.

ハハハ……。」

Hahaha ... "

と、しきりにほめたてるのです。

And praises all the time.

 小林君は少しはずかしくなって、パッと顔を赤くしないではいられませんでした。

Mr. Kobayashi got a little crazy and couldn't help but turn his face red.

「二十面相といえば、修善寺では明智さんの名まえをかたったりして、ずいぶん思いきったまねをするね。

“Speaking of the 20th aspect, Shuzen-ji has a lot of thoughts, such as the name of Akechi-san.

それに、けさの新聞では、いよいよ国立博物館をおそうのだっていうじゃないか。

In addition, in the Kisa newspaper, it's time for the National Museum.

じつに警察をばかにしきった、あきれた態度だ。

It's a clear attitude that has ridiculed the police.

けっしてうっちゃってはおけませんよ。

You can't be fooled.

あいつをたたきつぶすためだけでも、明智さんが帰ってこられるのを、ぼくは待ちかねていたんだ。」

I just couldn't wait for Akechi-san to come home just to beat him. "

「ええ、ぼくもそうなんです。

"Yes, that's the case with me.

ぼく、いっしょうけんめいやってみましたけれど、とても、ぼくの力にはおよばないのです。

I've tried it, but it's not very powerful.

先生にかたき討ちをしてほしいと思って、待ちかねていたんです。」

I couldn't wait because I wanted the teacher to do my best. "

「きみが持っている新聞は、けさの?」

“Do you have a newspaper?”

「ええ、そうです。

"Yes, that's right.

博物館をおそうっていう予告状ののっている新聞です。」

A newspaper with a notice to let you go to the museum. "

 小林君はそういいながら、その記事ののっている個所をひろげて見せました。

Mr. Kobayashi showed us the part where the article is on, while saying so well.

社会面の半分ほどが二十面相の記事でうずまっているのです。

About half of the social side is filled with twenty-faceted articles.

その意味をかいつまんでしるしますと、きのう二十面相から国立博物館長にあてて速達便がとどいたのですが、それには、博物館所蔵の美術品を一点ものこらず、ちょうだいするという、じつにおどろくべき宣告文がしたためてあったのです。

When I wondered what that meant, I received an express delivery from the 20th phase of yesterday to the director of the National Museum, but I shouldn't be surprised to find a single piece of art from the museum. There was a declaration sentence.

例によって十二月十日というぬすみだしの日づけまで、ちゃんと明記してあるではありませんか。

Isn't it clearly written up to the date of the first day of December 10th by example?

十二月十日といえば、あますところ、もう九日間しかないのです。

Speaking of December 10th, there are only nine days already.

 怪人二十面相のおそるべき野心は、頂上にたっしたように思われます。

It seems that the ambitious ambition of Phantom Twenty Faces was at the top.

あろうことか、あるまいことか、国家を相手にしてたたかおうというのです。

It's about whether it's going to happen or not, or fighting against the nation.

今までおそったのはみな個人の財宝で、にくむべきしわざにはちがいありませんが、世に例のないことではありません。

Everything that has been played so far is a personal treasure, and it must be a unique work, but it is not unprecedented.

しかし、博物館をおそうというのは、国家の所有物をぬすむことになるのです。

However, when you try to go to a museum, you are losing state property.

むかしから、こんなだいそれた泥棒を、もくろんだものが、ひとりだってあったでしょうか。

Ever wondered if there was a single person who made such a thief.

大胆とも無謀ともいいようのないおそろしい盗賊です。

It's a terrible bandit that is neither bold nor reckless.

 しかし考えてみますと、そんなむちゃなことが、いったいできることでしょうか。

But when you think about it, what can you do?

博物館といえば、何十人というお役人がつめているのです。

Speaking of museums, there are dozens of officials.

守衛もいます。

There is also a guard.

おまわりさんもいます。

There are also people around you.

そのうえ、こんな予告をしたんでは、どれだけ警戒がげんじゅうになるかもしれません。

What's more, with such a notice, how much vigilance may be.

博物館ぜんたいをおまわりさんの人がきでとりかこんでしまうようなことも、おこらないとはいえません。

It can't be said that the people around the museum have to take care of the museum.

 ああ、二十面相は気でもくるったのではありますまいか。

Ah, isn't the 20th aspect coming to mind?

それとも、あいつには、このまるで不可能としか考えられないことをやってのける自信があるのでしょうか。

Or is he confident that he can do what can only be considered impossible?

人間の知恵では想像もできないような、悪魔のはかりごとがあるとでもいうのでしょうか。

Is there a devil's scale that cannot be imagined with human wisdom?

 さて、二十面相のことはこのくらいにとどめ、わたしたちは明智名探偵をむかえなければなりません。

Now, the 20th aspect is limited to this level, and we must face the Akechi name detective.

「ああ、列車が来たようだ。」

“Oh, it looks like a train has come.”

 辻野氏が注意するまでもなく、小林少年はプラットホームのはしへとんでいきました。

ま で Without Mr. Kanno's attention, Kobayashi Shonen went to the platform.

 出むかえの人がきの前列に立って左のほうをながめますと、明智探偵をのせた急行列車は、刻一刻、その形を大きくしながら、近づいてきます。

When a person standing in front of him looks at the left side and looks to the left, the express train carrying the Akechi detective approaches as he grows in shape.

 サーッと空気が震動して、黒い鋼鉄の箱が目の前をかすめました。

サ ー The air shook and a black steel box grazed in front of me.

チロチロとすぎていく客車の窓の顔、ブレーキのきしりとともに、やがて列車が停止しますと、一等車の昇降口に、なつかしいなつかしい明智先生の姿が見えました。

Along with the face of the passenger car window passing by and squeezing the brakes, the train stopped before long, and a nostalgic noble Akechi-sensei could be seen at the entrance of the first-class car.

黒い背広に、黒いがいとう、黒いソフト帽という、黒ずくめのいでたちで、早くも小林少年に気づいて、にこにこしながら手まねきをしているのです。

In a black suit, a black suit, and a black soft hat, I noticed Kobayashi Boy as soon as possible, and I was smiling and doing my hand.

「先生、お帰りなさい。」

"Teacher, please come home."

 小林君はうれしさに、もうむがむちゅうになって、先生のそばへかけよりました。

Mr. Kobayashi was so happy that he had gone to the teacher's side.

 明智探偵は赤帽にいくつかのトランクをわたすと、プラットホームへおりたち、小林君のほうへよってきました。

Akechi Detective handed over several trunks to the red cap and went to the platform, followed by Mr. Kobayashi.