文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(1907-1951)/3301

「小林君、いろいろ苦労をしたそうだね。

“Kohbayashi-kun, you had a lot of trouble.

新聞ですっかり知っているよ。

I know a lot from the newspaper.

でも、ぶじでよかった。」

But I'm glad that it was a big deal. "

 ああ、三月ぶりで聞く先生の声です。

Oh, the voice of the teacher I heard for the first time in March.

小林君は上気した顔で名探偵をじっと見ながら、いっそう、そのそばへよりそいました。

Mr. Kobayashi looked closely at the detective with his upright face, and moved further to the side.

そして、どちらからともなく手がのびて、師弟のかたい握手がかわされたのでした。

And the hand went out of nowhere, and the teacher's hard handshake was exchanged.

 そのとき、外務省の辻野氏が、明智のほうへ歩みよって、肩書きつきの名刺をさしだしながら、声をかけました。

At that time, Mr. Kanno from the Ministry of Foreign Affairs walked toward Akechi and called out a business card with a title.

「明智さんですか、かけちがってお目にかかっていませんが、わたしはこういうものです。

“Are you Mr. Akechi? I have n’t seen you, but I ’m like this.

じつは、この列車でお帰りのことを、ある筋から耳にしたものですから、きゅうに内密でお話したいことがあって、出むいてきたのです。」

Actually, I had heard about the return on this train from a certain source, so I came out because I wanted to talk in secret. "

 明智は名刺を受けとると、なぜか考えごとでもするように、しばらくそれをながめていましたが、やがて、ふと気をかえたように、快活に答えました。

When Akechi received a business card, he was looking at it for a while, as if for some reason, but eventually he responded cheerfully as if he suddenly changed his mind.

「ああ、辻野さん、そうですか。

"Oh, Mr. Kanno, is that so?

お名まえはよくぞんじています。

Your name is well known.

じつは、ぼくも一度帰宅して、着がえをしてから、すぐに、外務省のほうへまいるつもりだったのですが、わざわざ、お出むかえを受けて恐縮でした。」

Actually, after I got home and changed my clothes, I was going to go to the Ministry of Foreign Affairs immediately, but I was bothered by the return. "

「おつかれのところをなんですが、もしおさしつかえなければ、ここの鉄道ホテルで、お茶を飲みながらお話したいのですが、けっしておてまはとらせません。」

“I do n’t know what I ’m going to do, but if I ca n’t do it, I ’d like to have a cup of tea at the railway hotel here, but I ’ll never let it go.”

「鉄道ホテルですか。

"Is it a railway hotel?

ホウ、鉄道ホテルでね。」

Hou, at the railway hotel. "

 明智は辻野氏の顔をじっと見つめながら、何か感心したようにつぶやきましたが、

Akechi murmured as if he was impressed while staring at Mr. Kanno ’s face.

「ええ、ぼくはちっともさしつかえありません。

“Yeah, I ’m fine.

では、おともしましょう。」

Let ’s have a look. "

 それから、少しはなれたところに待っていた小林少年に近づいて、何か小声にささやいてから、

Then, after approaching the Kobayashi boy who was waiting somewhere, whispering something,

「小林君、ちょっとこの方とホテルへよることにしたからね、きみは荷物をタクシーにのせて、一足先に帰ってくれたまえ。」

“Kobayashi-kun, I decided to go to the hotel with this person, so you put your luggage on a taxi and went back a little.”

と命じるのでした。

I ordered.

「ええ、では、ぼく、先へまいります。」

“Yes, then I will go ahead.”

 小林君は赤帽のあとを追って、かけだしていくのを見おくりますと、名探偵と辻野氏とは、肩をならべ、さもしたしげに話しあいながら、地下道をぬけて、東京駅の二階にある鉄道ホテルへのぼっていきました。

When Kobayashi-kun follows the red cap and sees it going out, the detective and Mr. Sugano are on the second floor of Tokyo Station, passing through the underpass while talking with their shoulders and talking to each other. I went up to the railway hotel.

 あらかじめ命じてあったものとみえ、ホテルの最上等の一室に、客を迎える用意ができていて、かっぷくのよいボーイ長が、うやうやしくひかえています。

It seems to have been ordered in advance, and the best room of the hotel is ready to greet guests, and a nice boy head is respectful.

 ふたりがりっぱな織り物でおおわれた丸テーブルをはさんで、安楽イスに腰をおろしますと、待ちかまえていたように、べつのボーイが茶菓を運んできました。

When we sat down on an easy chair with a round table covered with two fine weaves, another boy brought tea confectionery as if he was waiting.

「きみ、少し密談があるから、席をはずしてくれたまえ。

"You have a little talk, so take your seat off.

ベルをおすまで、だれもはいってこないように。」

Don't let anyone come in until you push the bell. "

 辻野氏が命じますと、ボーイ長は一礼して立ちさりました。

辻 When Mr. Kanno ordered, the boy head stood up.

しめきった部屋の中に、ふたりきりのさし向かいです。

It's just opposite the two rooms in the closed room.

「明智さん、ぼくは、どんなにかきみに会いたかったでしょう。

“Akechi-san, how much I wanted to meet you.

一日|千秋の思いで待ちかねていたのですよ。」

One day | I couldn't wait for Chiaki's thoughts. "

 辻野氏は、いかにもなつかしげに、ほほえみながら、しかし目だけはするどく相手を見つめて、こんなふうに話しはじめました。

Mr. Sugano began to talk like this, looking at the other party with a smile, but only eyes.

 明智は、安楽イスのクッションにふかぶかと身をしずめ、辻野氏におとらぬ、にこやかな顔で答えました。

Akechi sat down with a cushion on an easy chair and answered with a smiling face that Mr. Kanno didn't stop.

「ぼくこそ、きみに会いたくてしかたがなかったのです。

“I really wanted to meet you.

汽車の中で、ちょうどこんなことを考えていたところでしたよ。

I was just thinking about this in the train.

ひょっとしたら、きみが駅へ迎えに来ていてくれるんじゃないかとね。」

Maybe you'll be picking me up at the station. "

「さすがですねえ。

“That ’s right.

すると、きみは、ぼくのほんとうの名まえもごぞんじでしょうねえ。」

Then, you are, you know probably also name of my real Une. "

 辻野氏のなにげないことばには、おそろしい力がこもっていました。

Mr. Sugano's words were ridiculous.

興奮のために、イスのひじ掛けにのせた左手の先が、かすかにふるえていました。

Because of the excitement, the tip of the left hand on the armrest of the chair was slightly shaking.

「少なくとも、外務省の辻野氏でないことは、あの、まことしやかな名刺を見たときから、わかっていましたよ。

“At least, I knew that I wasn't Mr. Kanno from the Ministry of Foreign Affairs when I saw that true business card.

本名といわれると、ぼくも少しこまるのですが、新聞なんかでは、きみのことを怪人二十面相と呼んでいるようですね。」

Speaking of the real name, I'm a little stuck, but it seems that newspapers call you the Phantom Twenty-Family. "

 明智は平然として、このおどろくべきことばを語りました。

Akechi spoke plainly about this amazing word.

ああ、読者諸君、これがいったい、ほんとうのことでしょうか。

Oh, readers, is this really true?