文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(2006-2059)/3301

 それには、今、賊をとらえてしまっては、かえって不利なのです。

It is disadvantageous if you catch the bandits now.

二十面相には、多くの手下があります。

There are many minions in the 20th aspect.

もし首領がとらえられたならば、その部下のものが、ぬすみためた宝物を、どんなふうに処分してしまうか、知れたものではないからです。

If the leader is caught, it is not known how his subordinates will dispose of the lost treasure.

逮捕は、そのたいせつな宝物のかくし場所をたしかめてからでもおそくはありません。

Arrest is not slow even after ascertaining the location of the important treasure.

 そこで、せっかく出むかえてくれた賊を、失望させるよりは、いっそ、そのさそいに乗ったと見せかけ、二十面相の知恵の程度をためしてみるのも、一興であろうと考えたのでした。

Therefore, rather than disappointing the bandit who came out with much effort, I thought that it would be fun to try to show the degree of wisdom of the 20th aspect, pretending that I got on that rush.

「明智君、今のぼくの立ち場というものを、ひとつ想像してみたまえ。

“Imagine one place where I am now, Akechi-kun.

きみは、ぼくをとらえようと思えば、いつだってできるのですぜ。

You can always do it if you want to catch me.

ほら、そこのベルをおせばいいのだ。

Look at the bell there.

そしてボーイにおまわりさんを呼んでこいと命じさえすればいいのだ。

All you have to do is call the boy and call him.

ハハハ……、なんてすばらしい冒険だ。

Hahaha ... what a wonderful adventure.

この気持、きみにわかりますか。

Do you understand this feeling, you?

命がけですよ。

It ’s a life.

ぼくは今、何十メートルとも知れぬ絶壁の、とっぱなに立っているのですよ。」

I'm standing on a cliff that is unknown to the tens of meters. "

 二十面相はあくまで不敵です。

The 20th aspect is invincible.

そういいながら、目を細くして探偵の顔を見つめ、さもおかしそうに大声に笑いだすのでした。

While saying so, he narrowed his eyes and stared at the face of the detective and laughed out loud.

「ハハハ……。」

"Hahaha ..."

 明智小五郎も、負けない大笑いをしました。

Akechi Kogoro also made a great laugh.

「きみ、なにもそうビクビクすることはありゃしない。

"You don't have to be so excited.

きみの正体を知りながら、ノコノコここまでやってきたぼくだもの、今、きみをとらえる気なんか少しもないのだよ。

There is no way to catch you now, knowing what your identity is.

ぼくはただ、有名な二十面相君と、ちょっと話をしてみたかっただけさ。

I just wanted to talk to the famous Twenty Face Minister.

なあに、きみをとらえることなんか、急ぐことはありゃしない。

Why don't you rush to catch you?

博物館の襲撃まで、まだ九日間もあるじゃないか。

There are still nine days until the museum attack.

まあ、ゆっくり、きみのむだ骨折りを拝見するつもりだよ。」

Well, I'm going to slowly see your dead bones. "

「ああ、さすがは名探偵だねえ。

"Oh, I'm sure you are a detective.

太っぱらだねえ。

It ’s not fat.

ぼくは、きみにほれこんでしまったよ……。

I fell in love with you ...

ところでと、きみのほうでぼくをとらえないとすれば、どうやら、ぼくのほうで、きみをとりこにすることになりそうだねえ。」

By the way, if you don't catch me, I'm sure you'll catch me up. "

 二十面相はだんだん、声の調子をすごくしながら、ニヤニヤとうすきみ悪く笑うのでした。

Twenty faces gradually laughed terribly with grinning voices.

「明智君、こわくはないかね。

"Akechi-kun, aren't you scared?

それともきみは、ぼくが無意味にきみをここへつれこんだとでも思っているのかい。

Or do you think I've taken you here in a meaningless way?

ぼくのほうに、なんの用意もないと思っているのかね。

Do you think I don't have any provisions?

ぼくがだまって、きみをこの部屋から外へ出すとでも、かんちがいしているのじゃないのかね。」

Even if I get stuck and take you out of this room, I'm not sure. "

「さあ、どうだかねえ。

“Now, how about it?

きみがいくら出さないといっても、ぼくはむろんここを出ていくよ。

No matter how much you can't get out, I'll leave here.

これから外務省へ行かなければならない。

I have to go to the Ministry of Foreign Affairs.

いそがしいからだだからね。」

Because it is busy. "

 明智はいいながら、ゆっくり立ちあがって、ドアとは反対のほうへ歩いていきました。

Akechi was nice but stood up slowly and walked away from the door.

そして、なにか景色でもながめるように、のんきらしく、ガラスごしに窓の外を見やって、かるくあくびをしながら、ハンカチをとりだして、顔をぬぐっております。

And as if looking out at something, I looked out of the window through the glass, yawned, took out my handkerchief and wiped my face.

 そのとき、いつのまにベルをおしたのか、さいぜんのがんじょうなボーイ長と、同じくくっきょうなもうひとりのボーイとが、ドアをあけてツカツカとはいってきました。

At that time, when the bell was played, a good-looking boy head and another boy of the same age opened the door and came into the tsutsuka.

そして、テーブルの前で、直立不動の姿勢をとりました。

And in front of the table, I took an upright and stationary posture.

「おい、おい、明智君、きみは、ぼくの力をまだ知らないようだね。

"Hey, hey, Akechi, you don't seem to know my power yet.

ここは鉄道ホテルだからと思って安心しているのじゃないかね。

You may be relieved to think that this is a railway hotel.

ところがね、きみ、たとえばこのとおりだ。」

However, you, for example: "

 二十面相はそういっておいて、ふたりの大男のボーイのほうをふりむきました。

The Twenty-Family faced that, and sprinkled the two big boys.

「きみたち、明智先生にごあいさつ申しあげるんだ。」

“I want to say hello to Professor Akechi.”

 すると、ふたりの男は、たちまち二ひきの野獣のようなものすごい相好になって、いきなり明智を目がけてつき進んできます。

Then, the two men instantly become a great friend like a two-beast beast, and suddenly aim for Akechi and proceed.

「待ちたまえ、ぼくをどうしようというのだ。」

"Wait, what should I do about you?"

 明智は窓を背にして、キッと身がまえました。

Akechi was dressed up against the window.

「わからないかね。

“I do n’t know.

ほら、きみの足もとをごらん。

Look at your feet.

ぼくの荷物にしては少し大きすぎるトランクがおいてあるじゃないか。

There is a trunk that is a little too big for my luggage.

中はからっぽだぜ。

The inside is empty.

つまりきみの棺桶なのさ。

In other words, it is your nephew.

このふたりのボーイ君が、きみをいま、そのトランクの中へ埋葬しようってわけさ。

These two boys are going to bury you in the trunk right now.