文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(2060-2113)/3301

ハハハ……。

Hahaha ...

 さすがの名探偵も、ちっとはおどろいたかね。

Isn't the name detective really surprised?

ぼくの部下のものが、ホテルのボーイにはいりこんでいようとは少し意外だったねえ。

It was a bit surprising that my subordinates weren't going to get into the hotel boy.

 いや、きみ、声をたてたってむだだよ。

No, you do n’t have to scream.

両どなりとも、ぼくの借りきりの部屋なんだ。

Both are my rented rooms.

それから念のためにいっておくがね、ここにいるぼくの部下はふたりきりじゃない。

And then just in case, my subordinates here are not alone.

じゃまのはいらないように、廊下にもちゃんと身はり番がついているんだぜ。」

The hallway has a proper number so that you don't need to get in the way. "

 ああ、なんという不覚でしょう。

Oh, what a wonder.

名探偵は、まんまと敵のわなにおちいったのです。

The detective fell in the trap of the enemy.

それと知りながら、このんで火の中へとびこんだようなものです。

Knowing that, it ’s like having jumped into the fire.

これほど用意がととのっていては、もうのがれるすべはありません。

If you're so prepared, there's nothing you can do.

 血のきらいな二十面相のことですから、まさか命をうばうようなことはしないでしょうけれど、なんといっても、賊にとっては警察よりもじゃまになる明智小五郎です。

It ’s a bloody twenty-faced aspect, so you wo n’t be killed, but it ’s Akechi Kogoro who ’s more disturbing than the police.

トランクの中へとじこめて、どこか人知れぬ場所へ運びさり、博物館の襲撃を終わるまで、とりこにしておこうという考えにちがいありません。

It must be the idea of getting into the trunk, carrying it to some unknown place, and taking it away until the museum raid ends.

 ふたりの大男は問答無益とばかり、明智の身辺にせまってきましたが、今にもとびかかろうとして、ちょっとためらっております。

The two great men have been unaware of the question and answer, but they are a little hesitant about going away.

名探偵の身にそなわる威力にうたれたのです。

I was struck by the power of a detective.

 でも、力ではふたりにひとり、いや、三人にひとりなのですから、明智小五郎がいかに強くても、かないっこはありません。

However, because you are one person, two people, and one person in power, there is no excuse for how strong Akechi Kogoro is.

ああ、かれは帰朝そうそう、はやくもこの大盗賊のとりことなり、探偵にとって最大の恥辱を受けなければならない運命なのでしょうか。

Oh, he seems to go home in the morning. Is it the fate of this great thief and the greatest shame for the detective?

ああ、ほんとうにそうなのでしょうか。

Oh, is that true?

 しかし、ごらんなさい、われらの名探偵は、この危急にさいしても、やっぱりあのほがらかな笑顔をつづけているではありませんか。

However, see, our name detective continues to have such a smirk even if he is in danger.

そして、その笑顔が、おかしくてたまらないというように、だんだんくずれてくるではありませんか。

And the smile will gradually shift like a funny and unbearable smile.

「ハハハ……。」

"Hahaha ..."

 笑いとばされて、ふたりのボーイは、キツネにでもつままれたように口をポカンとあいて、立ちすくんでしまいました。

Laughed and laughed, the two boys shook their mouths as if they were stuck in a fox and shrugged.

「明智君、からいばりはよしたまえ。

“Akechi-kun, do n’t give up.

何がおかしいんだ。

What am I doing wrong?

それともきみは、おそろしさに気でもちがったのか。」

Or did you feel that it wasn't right? "

 二十面相は相手の真意をはかりかねて、ただ毒口をたたくほかはありませんでした。

The 20th minister couldn't measure the real intentions of the other party, but he couldn't do anything but hit it.

「いや、しっけい、しっけい、つい、きみたちの大まじめなお芝居がおもしろかったものだからね。

“No, shit, shit, yeah, because our serious play was interesting.

だが、ちょっときみ、ここへ来てごらん。

But come here for a moment.

そして、窓の外をのぞいてごらん。

Then look out the window.

みょうなものが見えるんだから。」

Because you can see something fresh. "

「何が見えるもんか。

“What can you see?

そちらはプラットホームの屋根ばかりじゃないか。

Isn't it just the roof of the platform?

へんなことをいって一寸のがれをしようなんて、明智小五郎も、もうろくしたもんだねえ。」

Akechi Kogoro has gone out of his way to try to make a slight dip by saying something wrong. "

 でも、賊は、なんとなく気がかりで、窓のほうへ近よらないではいられませんでした。

But the bandits were somehow worried and could not help moving closer to the window.

「ハハハ……、もちろん屋根ばかりさ。

"Hahaha ... Of course, just the roof.

だが、その屋根の向こうにみょうなものがいるんだ。

But there is something beyond the roof.

ほらね、こちらのほうだよ。」

See, this is it. "

 明智は指さしながら、

Akechi points,

「屋根と屋根とのあいだから、ちょっと見えているプラットホームに、黒いものがうずくまっているだろう。

“Because it is between the roof and the roof, a black one will be crouched on the platform that is visible a little.

子どものようだね。

It looks like a child.

小さな望遠鏡で、しきりと、この窓をながめているじゃないか。

I'm looking at this window with a small telescope.

あの子ども、なんだか見たような顔だねえ。」

That child's face is what I saw. "

 読者諸君は、それがだれだか、もうとっくにお察しのことと思います。

I think readers have already guessed who it is.

そうです。

That's right.

お察しのとおり明智探偵の名助手小林少年です。

As you can imagine, I am Kobayashi Shonen, a name assistant of Akechi Detective.

小林君は例の七つ道具の一つ、万年筆型の望遠鏡で、ホテルの窓をのぞきながら、何かのあいずを待ちかまえているようすです。

Mr. Kobayashi seems to be waiting for something while looking through the window of the hotel with one of the seven tools of the example, a fountain pen type telescope.

「あ、小林の小僧だな。

“Oh, Kobayashi ’s priest.

じゃ、あいつは家へ帰らなかったのか。」

Then did he not go home? "

「そうだよ。

"that's right.

ぼくがどの部屋へはいるか、ホテルの玄関で問いあわせて、その部屋の窓を、注意して見はっているようにいいつけているのだよ。」

I ask the room I'm going to at the hotel entrance, and I'm picking up the windows of that room so that they look carefully. "

 しかし、それが何を意味するのか、賊にはまだのみこめませんでした。

However, the bandits haven't swallowed what it meant yet.

「それで、どうしようっていうんだ。」

“So what are you going to do?”

 二十面相は、だんだん不安になりながら、おそろしいけんまくで、明智につめよりました。

Twenty-six aspects of the face were gradually getting worried, but they were lately crammed with Akechi.

「これをごらん。

"Look at this.