文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(2114-2163)/3301

ぼくの手をごらん。

Look at my hand.

きみたちがぼくをどうかすれば、このハンカチが、ヒラヒラと窓の外へ落ちていくのだよ。」

If you take care of me, this handkerchief will fall out of the window. "

 見ると、明智の右の手首が、少しひらかれた窓の下部から、外へ出ていて、その指先にまっ白なハンカチがつままれています。

As you can see, Akechi's right wrist goes out from the bottom of the slightly opened window, and a white handkerchief is pinched on the fingertip.

「これが、あいずなのさ。

"That's what Izuzu is.

すると、あの子どもは駅の事務室にかけこむんだ。

Then the child goes into the office of the station.

それから電話のベルが鳴る。

Then the phone bell rings.

そして警官隊がかけつけて、ホテルの出入り口をかためるまで、そうだね、五分もあればじゅうぶんだとは思わないかね。

And until the police officer rushes over and asks for the entrance to the hotel, that's right.

ぼくは五分や十分、きみたち三人を相手に抵抗する力はあるつもりだよ。

I'm going to have the power to resist you, three minutes and enough.

ハハハ……、どうだい、この指をパッとひらこうかね、そうすれば、二十面相逮捕のすばらしい大場面が、見物できようというものだが。」

Hahaha ... I don't know how to open my finger, and then I can see the wonderful scene of the arrest of the 20-faced phase. "

 賊は、窓の外につきだされた明智のハンカチと、プラットホームの小林少年の姿とを、見くらべながら、くやしそうにしばらく考えていましたが、けっきょく、不利をさとったのか、やや顔色をやわらげていうのでした。

The bandit thought about Akechi's handkerchief out of the window and Kobayashi Shonen on the platform for a while, looking at it for a while. It was softening.

「で、もしぼくのほうで手をひいて、きみをぶじに帰すばあいには、そのハンカチは落とさないですますつもりだろうね。

“So, if you grab your hand at me and bring you back, I will not drop the handkerchief.

つまり、きみの自由とぼくの自由との、交換というわけだからね。」

In other words, it is an exchange between your freedom and my freedom. "

「むろんだよ。

"It's muddy.

さっきからいうとおり、ぼくのほうには今君をとらえる考えは少しもないのだ。

As I said before, I have no idea of catching you right now.

もしとらえるつもりなら、何もこんなまわりくどいハンカチのあいずなんかいりゃしない。

If you're going to catch it, you don't have to do anything with these crappy handkerchiefs.

小林君に、すぐ警察へうったえさせるよ。

I'll let Kobayashi get angry with the police right away.

そうすれば、いまごろはきみは警察のおりの中にいたはずだぜ。

Then you should have been in the police cage now.

ハハハ……。」

Hahaha ... "

「だが、きみもふしぎな男じゃないか。

“But you are also a strange man.

そうまでして、このおれを逃がしたいのか。」

Until then, do you want to escape this mine? "

「ウン、今やすやすととらえるのは、少しおしいような気がするのさ。

“Eun, I feel that it ’s a little strange now.

いずれ、きみをとらえるときには、大ぜいの部下も、ぬすみためた美術品の数々も、すっかり一網に手に入れてしまうつもりだよ。

Eventually, when I catch you, I'm going to get all the subordinates and a lot of stubborn art in one net.

少し欲ばりすぎているだろうかねえ。

I wonder if I'm a little too greedy.

ハハハ……。」

Hahaha ... "

 二十面相は長いあいだ、さもくやしそうに、くちびるをかんでだまりこんでいましたが、やがて、ふと気をかえたように、にわかに笑いだしました。

For 20 years, the 20th face was smirking and squeezing the lips, but eventually she laughed out as if she suddenly changed her mind.

「さすがは明智小五郎だ。

“That ’s Akechi Kogoro.

そうなくてはならないよ……。

I have to do that ...

マア気を悪くしないでくれたまえ。

Please don't feel sick.

今のは、ちょっときみの気をひいてみたまでさ。

For now, I just took my attention.

けっして本気じゃないよ。

I'm not really serious.

では、きょうは、これでお別れとして、きみを玄関までお送りしよう。」

Now, let ’s say goodbye and send you to the entrance. "

 でも、探偵は、そんなあまい口に乗って、すぐ、ゆだんしてしまうほど、お人よしではありませんでした。

However, the detective wasn't good enough to get on with such a sweet mouth and immediately go out.

「お別れするのはいいがね。

“It ’s good to say goodbye.

このボーイ諸君が少々目ざわりだねえ。

The boys are a little confused.

まず、このふたりと、それから廊下にいるお仲間を、台所のほうへ追いやってもらいたいものだねえ。」

First of all, I would like you to follow these two and your friends in the hallway towards the kitchen. "

 賊は、べつにさからいもせず、すぐボーイたちに、たちさるように命じ、入り口のドアを大きくひらいて、廊下が見通せるようにしました。

The bandits ordered the boys to touch immediately, and opened the entrance door so that the corridor could be seen.

「これでいいかね。

"Is this all right?

ほら、あいつらが階段をおりていく足音が聞こえるだろう。」

You can hear the footsteps as they go down the stairs. "

 明智はやっと窓ぎわをはなれ、ハンカチをポケットにおさめました。

Akechi finally got out of the window and put the handkerchief in his pocket.

まさか鉄道ホテルぜんたいが賊のために占領されているはずはありませんから、廊下へ出てしまえば、もう大じょうぶです。

The railway hotel Zentai is not supposed to be occupied for bandits, so if you go out into the hallway, you're already fine.

少しはなれた部屋には、客もいるようすですし、そのへんの廊下には、賊の部下でない、ほんとうのボーイも歩いているのですから。

There seems to be a guest in a slightly separated room, and a real boy who is not a bandit's subordinate is walking in the corridor.

 ふたりは、まるで、親しい友だちのように、肩をならべて、エレベーターの前まで歩いていきました。

The two walked in front of the elevator with their shoulders lined up, just like their close friends.

エレベーターの入り口はあいたままで、二十歳ぐらいの制服のエレベーター・ボーイが、人待ち顔にたたずんでいます。

The entrance of the elevator remains open, and an elevator boy with a uniform of about 20 years old is waiting for the person.

 明智はなにげなく、一足先にその中へはいりましたが、

Akechi went into that one step ahead,

「あ、ぼくはステッキ忘れた。

“Oh, I forgot the walking stick.

きみは先へおりてください。」

Please go ahead. "

 二十面相のそういう声がしたかと思うと、いきなり鉄のとびらがガラガラとしまって、エレベーターは下降しはじめました。

When I thought that the voice of the 20th aspect was like that, the iron door suddenly became rattled and the elevator started to descend.

「へんだな。」

"I'm sorry."

 明智は早くもそれとさとりました。

Akechi took this as early as possible.

しかし、べつにあわてるようすもなく、じっとエレベーター・ボーイの手もとを見つめています。

However, he doesn't feel like it, and he is staring at the elevator boy.