文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(2164-2209)/3301

 すると案のじょう、エレベーターが二階と一階との中間の、四ほうを壁でとりかこまれた個所までくだると、とつぜんパッタリ運転がとまってしまいました。

As a matter of course, when the elevator reached the middle of the second floor and the first floor, where the four sides were covered with walls, the patrol operation stopped.

「どうしたんだ。」

"What happened."

「すみません。

"I'm sorry.

機械に故障ができたようです。

It seems that the machine has failed.

少しお待ちください。

please wait a moment.

じきなおりましょうから。」

Let's go ahead. "

 ボーイは、申しわけなさそうにいいながら、しきりに、運転機のハンドルのへんをいじくりまわしています。

♪ Boy looks frustrating, but messing around with the driver's steering wheel.

「なにをしているんだ。

“What are you doing?

のきたまえ。」

No Kitamae. "

 明智はするどくいうと、ボーイの首すじをつかんで、グーッとうしろに引きました。

Akechi said that he grabbed the boy's neck and pulled it back.

それがあまりひどい力だったものですから、ボーイは思わずエレベーターのすみにしりもちをついてしまいました。

Because it was such a terrible force, the boy unexpectedly got stuck in the corner of the elevator.

「ごまかしたってだめだよ。

"You can't cheat.

ぼくがエレベーターの運転ぐらい知らないと思っているのか。」

Do you think I don't know much about driving elevators? "

 しかりつけておいて、ハンドルをカチッとまわしますと、なんということでしょう。

If you turn it around and click the handle, what will it mean?

エレベーターは苦もなく下降をはじめたではありませんか。

Did the elevator begin to descend without any difficulty?

 階下につくと、明智はやはりハンドルをにぎったまま、まだしりもちをついているボーイの顔を、グッとするどくにらみつけました。

When I arrived downstairs, Akechi shook the handle of the boy who was still holding his eyes and glared at me.

その眼光のおそろしさ。

The awesomeness of that sight.

年若いボーイはふるえあがって、思わず右のポケットの上を、なにかたいせつなものでもはいっているようにおさえるのでした。

The young boy looked up and kept holding his right pocket in the right pocket as if he had something serious.

 機敏な探偵は、その表情と手の動きを見のがしませんでした。

The agile detective did not see the expression and hand movement.

いきなりとびついていって、おさえているポケットに手を入れ、一枚の紙幣を取りだしてしまいました。

I suddenly got stuck, put my hand in the holding pocket, and took out a single banknote.

千円札です。

It is a thousand yen bill.

エレベーター・ボーイは、二十面相の部下のために、千円札で買収されていたのでした。

Elevator Boy had been bought with a thousand yen bill for his subordinate of Twenty Faces.

 賊はそうして、五分か十分のあいだ、探偵をエレベーターの中にとじこめておいて、そのひまに階段のほうからコッソリ逃げさろうとしたのです。

The bandits then kept the detective in the elevator for five minutes or more and tried to escape from the stairs.

いくら大胆不敵の二十面相でも、もう正体がわかってしまった今、探偵と肩をならべて、ホテルの人たちや泊まり客のむらがっている玄関を、通りぬける勇気はなかったのです。

Even the fearless 20th face, now that he knew what he was, had no courage to stand up with the detectives and pass through the front doors of the hotel and staying guests.

明智はけっしてとらえないといっていますけれど、賊の身にしては、それをことばどおり信用するわけにはいきませんからね。

Akechi says that he will never catch it, but the bandits cannot trust it as the word says.

 名探偵はエレベーターをとびだすと、廊下を一とびに、玄関へかけだしました。

Detective jumped out of the elevator and jumped down the hallway to the entrance.

すると、ちょうどまにあって、二十面相の辻野氏が表の石段を、ゆうぜんとおりていくところでした。

Then, just in time, Mr. Kanno of the 20th aspect was about to follow the stone steps on the table.

「や、しっけい、しっけい、ちょっとエレベーターに故障があったものですからね、ついおくれてしまいましたよ。」

“No, it ’s plastering, it ’s a bit of a problem with the elevator.

 明智は、やっぱりにこにこ笑いながら、うしろから辻野氏の肩をポンとたたきました。

Akechi patted the shoulders of Mr. Kanno from the back, smiling after all.

 ハッとふりむいて、明智の姿をみとめた、辻野氏の顔といったらありませんでした。

There was no such thing as Mr. Sugano, who looked at Akechi's appearance.

賊はエレベーターの計略が、てっきり成功するものと信じきっていたのですから。

The bandit believed that the elevator tactics would be quite successful.

顔色をかえるほどおどろいたのも、けっしてむりではありません。

It's not too hard to be surprised to change the complexion.

「ハハハ……、どうかなすったのですか、辻野さん、少しお顔色がよくないようですね。

"Hahaha ..., how did you do it, Mr. Kanno, it looks a little complex?

ああ、それから、これをね、あのエレベーター・ボーイから、あなたにわたしてくれってたのまれてきました。

Oh, and then, I've been raped by you from that elevator boy.

ボーイがいってましたよ、相手が悪くてエレベーターの動かし方を知っていたので、どうもご命令どおりに長くとめておくわけにはいきませんでした。

There was a boy, I knew how to move the elevator because the other party was bad, so I couldn't keep it as long as I ordered.

あしからずってね。

Do n’t be shy.

ハハハ……。」

Hahaha ... "

 明智はさもゆかいそうに、大笑いをしながら、例の千円札を、二十面相の面前で二―三度ヒラヒラさせてから、それを相手の手ににぎらせますと、

Akechi seems to be pleasantly laughing, laughing and exercising the thousand yen bill of the example two or three times in front of the twenty-faced face, then holding it in the opponent's hand,

「ではさようなら。

"So, goodbye.

いずれ近いうちに。」

Soon. "

といったかと思うと、クルッと向きをかえて、なんのみれんもなく、あとをも見ずに立ちさってしまいました。

When I thought, I changed my direction and stood without looking after me.

 辻野氏は千円札をにぎったまま、あっけにとられて、名探偵のうしろ姿を見おくっていましたが、

Mr. Kanno was taken a little while holding a thousand yen bill, looking at the back of the detective,

「チェッ。」

"Check."

と、いまいましそうに舌うちすると、そこに待たせてあった自動車を呼ぶのでした。

And when I talked about it, I called the car that was waiting there.

 このようにして名探偵と大盗賊の初対面の小手しらべは、みごとに探偵の勝利に帰しました。

】 In this way, the first face-to-face contact of a detective and a great thief has truly returned to the detective victory.

賊にしてみれば、いつでもとらえようと思えばとらえられるのを、そのまま見のがしてもらったわけですから、二十面相の名にかけて、これほどの恥辱はないわけです。

If you try to make it a bandit, you can see it whenever you want to catch it, so there is no such shame in the name of the 20th aspect.