文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(2210-2262)/3301

「このしかえしは、きっとしてやるぞ。」

"I'll do this for you."

 彼は明智のうしろ姿に、にぎりこぶしをふるって、思わずのろいのことばをつぶやかないではいられませんでした。

He couldn't help but murmur at the back of Akechi with a fist.

二十面相の逮捕

Twenty-faced arrest

「あ、明智さん、今、あなたをおたずねするところでした。

“Ah, Akechi-san, I was about to ask you.

あいつは、どこにいますか。」

Where is that guy? "

 明智探偵は、鉄道ホテルから五十メートルも歩いたか歩かぬかに、とつぜん呼びとめられて、立ちどまらなければなりませんでした。

Akechi Detective had to stand still, being called all the time by walking or not walking 50 meters from the railway hotel.

「ああ、今西君。」

“Oh, Mr. Imanishi.”

 それは警視庁捜査課勤務の今西刑事でした。

It was a detective Imanishi working for the Metropolitan Police Department's Investigation Division.

「ごあいさつはあとにして、辻野と自称する男はどうしました。

“What happened to the man who called himself Sugano after greetings?

まさか逃がしておしまいになったのじゃありますまいね。」

I'm not sure I missed it. "

「きみは、どうしてそれを知っているんです。」

“Why do you know that?”

「小林君がプラットホームでへんなことをしているのを見つけたのです。

“I found Kobayashi-kun doing something strange on the platform.

あの子どもは、じつに強情ですねえ。

That child is really passionate.

いくらたずねてもなかなか言わないのです。

It does n’t matter how much you ask.

しかし、手をかえ品をかえて、とうとう白状させてしまいましたよ。

However, I changed my hands and finally made me confess.

あなたが外務省の辻野という男といっしょに、鉄道ホテルへはいられたこと、その辻野がどうやら二十面相の変装らしいことなどをね。

You've entered a railroad hotel with a man named Kanno from the Ministry of Foreign Affairs, and that Kanno seems to be a 20-faceted disguise.

さっそく外務省へ電話をかけてみましたが、辻野さんはちゃんと省にいるんです。

I immediately called the Ministry of Foreign Affairs, but Mr. Kanno is in the province.

そいつはにせものにちがいありません。

That must be a bogus.

そこで、あなたに応援するために、かけつけてきたというわけですよ。」

So I've been visiting you to support you. "

「それはご苦労さま、だが、あの男はもう帰ってしまいましたよ。」

"That's a hard time, but that guy has gone home."

「エッ、帰ってしまった?

"Eh, have you gone home?

 それじゃ、そいつは二十面相ではなかったのですか?」

So, wasn't that 20-sided? "

「二十面相でした。

“Twenty faces.

なかなかおもしろい男ですねえ。」

It's a very interesting guy. "

「明智さん、明智さん、あなた何をじょうだん言っているんです。

“Akechi-san, Akechi-san, what are you talking about?

二十面相とわかっていながら、警察へ知らせもしないで、逃がしてやったとおっしゃるのですか。」

Do you say you missed it without knowing it to the police, though you knew it was a twenty-five face? "

 今西刑事はあまりのことに、明智探偵の正気をうたがいたくなるほどでした。

Detective Imanishi was so worried that he wanted to sane Akechi detectives.

「ぼくに少し考えがあるのです。」

“I have a little idea.”

 明智は、すまして答えます。

Akechi is happy to answer.

「考えがあるといって、そういうことを、一個人のあなたが、かってにきめてくださってはこまりますね。

“It ’s hard to say that you have an idea, and that is what you ’re an individual.

いずれにしても賊とわかっていながら、逃がすという手はありません。

Anyway, I know it is a bandit, but there is no way to escape.

ぼくは職務としてやつを追跡しないわけにはいきません。

I can't help but keep track of him as a job.

やつはどちらへ行きました。

Where did he go?

自動車でしょうね。」

A car. "

 刑事は、民間探偵のひとりぎめの処置を、しきりと憤慨しています。

The criminal is obsessed with the loneliness of a private detective.

「きみが追跡するというなら、それはご自由ですが、おそらくむだでしょうよ。」

“If you follow, it ’s free, but it ’s probably dead.”

「あなたのおさしずは受けません。

"I will not accept your message.

ホテルへ行って自動車番号をしらべて、手配をします。」

Go to the hotel and look up the car number and make arrangements. "

「ああ、車の番号なら、ホテルへ行かなくても、ぼくが知ってますよ。

“Oh, I know the car number without going to the hotel.

一三八八七番です。」

It is 138887. "

「え、あなたは車の番号まで知っているんですか。

"Oh, do you know the car number?

そして、あとを追おうともなさらないのですか。」

And why not follow it? "

 刑事はふたたびあっけにとられてしまいましたが、一刻をあらそうこのさい、無益な問答をつづけているわけにはいきません。

The criminal was once again taken away, but at this moment, it cannot be said that he continues to useless questions and answers.

番号を手帳に書きとめると、すぐ前にある交番へ、とぶように走っていきました。

When I wrote down the number in my notebook, I ran to the police box just before.

 警察電話によって、このことが都内の各警察署へ、交番へと、またたく間につたえられました。

警察 This was quickly answered by the police phone to each police station in Tokyo and to the police box.

「一三八八七番をとらえよ。

"Take 1388787.

その車に二十面相が外務省の辻野氏に化けて乗っているのだ。」

Twenty faces are riding on the car as Mr. Kanno of the Ministry of Foreign Affairs. "

 この命令が、東京全都のおまわりさんの心を、どれほどおどらせたことでしょう。

”How much this order has affected the hearts of all around Tokyo.

われこそはその自動車をつかまえて、凶賊逮捕の名誉をになわんものと、交番という交番の警官が、目をさらのようにし、手ぐすね引いて待ちかまえたことは申すまでもありません。

Needless to say, we caught the car, and the police officer of the police box called the police box, with the honor of arresting the thief, kept waiting, pulling his eyes open.

 怪盗がホテルを出発してから、二十分もしたころ、幸運にも一三八八七番の自動車を発見したのは、新宿区戸塚町の交番に勤務している一警官でありました。

When the phantom thief left the hotel, he was fortunate enough to discover the car No. 138877 as a police officer working in a police box in Totsuka-cho, Shinjuku-ku.

 それはまだ若くて、勇気に富んだおまわりさんでしたが、交番の前を、規定以上の速力で、矢のように走りぬけた一台の自動車を、ヒョイと見ると、その番号が一三八八七番だったのです。

It was still a young and courageous carman, but when I saw a car that was running like an arrow in front of the police box at a speed faster than specified, the number was 1388. It was No. 7.

 若いおまわりさんは、ハッとして、思わず武者ぶるいをしました。

】 The young man was surprised and played a warrior.

そして、そのあとから走ってくる空車を、呼びとめるなり、とびのって、

And then, as soon as I stopped calling the empty car that was running,