文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(2363-2406)/3301

全速力で走るのですよ。

Run at full speed.

]

 こんなことをいいのこして、そのまま、ごぞんじでしょう、あの鉄道ホテルの前にある、地下室の理髪店の入り口へ、スッと姿をかくしてしまいました。

Talking about this, I'm sorry, but I suddenly disappeared into the basement barber shop entrance in front of the railway hotel.

わしの自動車は、ちょうどその地下室の入り口の前にとまっていたのですよ。

My car was parked just in front of the basement entrance.

 なんだかへんだなとは思いましたが、とにかく先方のいうままになるという約束ですから、わしはすぐ運転手に、フル・スピードで走るようにいいつけました。

I thought it was a little messed up, but anyway, because it was a promise that the other party would just say, I immediately asked the driver to run at full speed.

 それから、どこをどう走ったか、よくもおぼえませんが、早稲田大学のうしろのへんで、あとから追っかけてくる自動車があることに気づきました。

Then, I don't remember exactly where I ran, but I noticed that there was a car chasing after Waseda University.

なにがなんだかわからないけれど、わしは、みょうにおそろしくなりましてな。

I don't know what it is, but I'm really terrified.

運転手に走れ走れとどなったのですよ。

I was able to run to the driver.

 それからあとは、ご承知のとおりです。

After that, as you know.

お話をうかがってみると、わしはたった五千円の礼金に目がくれて、まんまと二十面相のやつの替え玉に使われたというわけですね。

When I talked about the story, I noticed that the key money was only 5,000 yen, and it was used as a substitute for the bun and the 20th face.

 いやいや、替え玉じゃない。

No, not a replacement.

わしのほうがほんもので、あいつこそわしの替え玉です。

I'm the real one, and he's the replacement for me.

まるで、写真にでもうつしたように、わしの顔や服装を、そっくりまねやがったんです。

I imitate my face and clothes exactly as I did in the photo.

 それがしょうこに、ほら、ごらんなさい。

’Look at that, look at it.

このとおりじゃ。

That's right.

わしは正真正銘の松下庄兵衛です。

I am a genuine Shobei Matsushita.

わしがほんもので、あいつのほうがにせ者です。

I'm real, and he's the fake person.

おわかりになりましたかな。」

Do you understand? "

 松下氏はそういって、ニューッと顔を前につきだし、自分の頭の毛を、力まかせに引っぱってみせたり、ほおをつねってみせたりするのでした。

Mr. Matsushita said that, with his new face in front, he pulled his head's hair with his power and showed his cheeks.

 ああ、なんということでしょう。

Oh, what does that mean?

中村係長は、またしても、賊のためにまんまといっぱいかつがれたのです。

Mr. Nakamura once again had a long time for the bandits.

警視庁をあげての、凶賊逮捕の喜びも、ぬか喜びに終わってしまいました。

The joy of arresting the thief by raising the Metropolitan Police Department was over.

 のちに、松下氏のアパートの主人を呼びだして、しらべてみますと、松下氏は少しもあやしい人物でないことがたしかめられたのです。

Later, when I called up the master of Mr. Matsushita's apartment and looked into it, it was confirmed that Mr. Matsushita was not a suspicious person.

 それにしても、二十面相の用心ぶかさはどうでしょう。

Even so, what about the precautions of the 20th aspect?

東京駅で明智探偵をおそうためには、これだけの用意がしてあったのです。

To prepare for the Akechi detective at Tokyo Station, I had all this preparation.

部下を空港ホテルのボーイに住みこませ、エレベーター係を味方にしていたうえに、この松下という替え玉紳士までやといいれて、逃走の準備をととのえていたのです。

The subordinates lived in a boy at the airport hotel, and the elevator staff was on their side, and even a special gentleman named Matsushita was said to be preparing for the escape.

 替え玉といっても、二十面相にかぎっては、自分によく似た人をさがしまわる必要は、少しもないのでした。

There was no need to search for people who looked very similar to me, even though it was a replacement.

なにしろ、おそろしい変装の名人のことです。

After all, it is a master of a disguise disguise.

手あたりしだいにやといいれた人物に、こちらで化けてしまうのですから、わけはありません。

There's no reason for it to become a habitual person who gets lost here.

相手はだれでもかまわない。

Anyone can do it.

口車に乗りそうなお人よしをさがしさえすればよかったのです。

I just had to find a good person who could get on the wheelchair.

 そういえば、この松下という失業紳士は、いかにものんき者の好人物にちがいありませんでした。

Speaking of which, this unemployed gentleman, Matsushita, must have been a good person of a kind person.

二十面相の新弟子

New Apprentice of Twenty Faces

 明智小五郎の住宅は、港区竜土町の閑静なやしき町にありました。

Akechi Kogoro's house was located in a quiet and peaceful town in Ryudo-cho, Minato-ku.

名探偵は、まだ若くて美しい文代夫人と、助手の小林少年と、お手伝いさんひとりの、質素な暮らしをしているのでした。

The detective was still living a simple life with Mrs. Bunyo, a young and beautiful boy, a boy Kobayashi, and a helper.

 明智探偵が、外務省からある友人の宅へたちよって帰宅したのは、もう夕方でしたが、ちょうどそこへ警視庁へ呼ばれていた小林君も帰ってきて、洋館の二階にある明智の書斎へはいって、二十面相の替え玉事件を報告しました。

It was already evening when Akechi Detective came home to a friend's house from the Ministry of Foreign Affairs, but Kobayashi-kun, who had been called to the Metropolitan Police Department, came back to the Akechi study on the second floor of the Western building. Yes, I reported about the Twenty-Family aspect.

「たぶん、そんなことだろうと思っていた。

“Maybe I thought that would be the case.

しかし、中村君には気のどくだったね。」

However, Nakamura-kun was disappointed. "

 名探偵は、にが笑いをうかべていうのでした。

‘The detective was talking about laughing.

「先生、ぼく少しわからないことがあるんですが。」

"Teacher, I don't understand a little."

 小林少年は、いつも、ふにおちないことは、できるだけ早く、勇敢にたずねる習慣でした。

Kobayashi Shonen always had the habit of asking courageously as soon as possible not to fall.

「先生が二十面相をわざと逃がしておやりになったわけは、ぼくにもわかるのですけれど、なぜあのとき、ぼくに尾行させてくださらなかったのです。

“I know that the teacher was willing to let go of the 20th aspect, but I didn't let me follow.

博物館の盗難をふせぐのにも、あいつのかくれがが知れなくては、こまるんじゃないかと思いますが。」

I don't think that if you don't know the secret of a man, you might want to cover a museum theft. "

 明智探偵は小林少年の非難を、うれしそうににこにこして聞いていましたが、立ちあがって、窓のところへ行くと、小林少年を手まねきしました。

Detective Akechi was happily listening to Kobayashi's blame, but when he stood up and went to the window, he handed Kobayashi.