文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(2407-2453)/3301

「それはね。

“That ’s it.

二十面相のほうで、ぼくに知らせてくれるんだよ。

Twenty faces will tell me.

 なぜだかわかるかい。

Do you know why?

さっきホテルで、ぼくはあいつを、じゅうぶんはずかしめてやった。

At the hotel, I squeezed him all the way.

あれだけの凶賊を、探偵がとらえようともしないで逃がしてやるのが、どんなひどい侮辱だか、きみには想像もできないくらいだよ。

It's hard to imagine what a terrible humiliation it would be to let a detective try to catch that thief.

 二十面相は、あのことだけでも、ぼくをころしてしまいたいほどにくんでいる。

The 20th aspect is so much that I want to get rid of that alone.

そのうえ、ぼくがいては、これから思うように仕事もできないのだから、どうかしてぼくをいうじゃま者を、なくしようと考えるにちがいない。

In addition, because I can't do my job as I expected, I'm sure I'm thinking of eliminating the detractor who refers to me.

 ごらん、窓の外を。

Look, outside the window.

ホラ、あすこに紙芝居屋がいるだろう。

Hora, there will be a picture-story house in Asuko.

こんなさびしいところで、紙芝居が荷をおろしたって、商売になるはずはないのに、あいつはもうさっきから、あすこに立ちどまって、この窓を、見ぬようなふりをしながら、いっしょうけんめいに見ているのだよ。」

In such a lonely place, the picture-story show unloads and should not become a business. There is. "

 いわれて、小林君が、明智邸の門前の細い道路を見ますと、いかにも、ひとりの紙芝居屋が、うさんくさいようすで立っているのです。

That said, when Mr. Kobayashi looks at the narrow road in front of the Akechi residence, a picture-story house is standing up in a sloppy manner.

「じゃ、あいつ二十面相の部下ですね。

“Then it ’s a subordinate of the Twenty Faces.

先生のようすをさぐりに来ているんですね。」

You are looking for a teacher. "

「そうだよ。

"that's right.

それごらん。

Look at it.

べつに苦労をしてさがしまわらなくても、先方からちゃんと近づいてくるだろう。

Even if you don't have a hard time searching for it, you will be approaching from the other side.

あいつについていけば、しぜんと、二十面相のかくれがもわかるわけじゃないか。」

If you follow that guy, you will surely understand the hidden face of the 20th aspect. "

「じゃ、ぼく、姿をかえて尾行してみましょうか。」

"Now, let's change the figure and follow?"

 小林君は気が早いのです。

Mr. Kobayashi is quick.

「いや、そんなことしなくてもいいんだ。

"No, you don't have to do that.

ぼくに少し考えがあるからね。

I have a little idea.

相手は、なんといってもおそろしく頭のするどいやつだから、うかつなまねはできない。

The other person is a terribly smart guy, so you can't imitate.

 ところでねえ、小林君、あすあたり、ぼくの身辺に、少しかわったことが、おこるかもしれないよ。

By the way, Mr. Kobayashi, tomorrow, something that changed a little about me may happen.

だが、けっしておどろくんじゃないぜ。

But it ’s not a madman.

ぼくは、けっして二十面相なんかに、出しぬかれやしないからね。

I'm never going to get into the twenty-faced aspect.

たとえぼくの身があぶないようなことがあっても、それも一つの策略なのだから、けっして心配するんじゃないよ。

Even if there is something that makes me ridiculous, it's a trick, so I'm never worried.

いいかい。」

Mind you. "

 そんなふうに、しんみりといわれますと、小林少年は、するなといわれても、心配しないわけにはいきませんでした。

In that way, when it is said that Shinmiri, Kobayashi Shonen was told that he would not do, he couldn't afford to worry.

「先生、何かあぶないことでしたら、ぼくにやらせてください。

“Teacher, let me know if something is wrong.

先生に、もしものことがあってはたいへんですから。」

It's hard to have something happened to the teacher. "

「ありがとう。」

"Thank you."

 明智探偵は、あたたかい手を少年の肩にあてていうのでした。

Akechi Detective put a warm hand on the boy's shoulder.

「だが、きみにはできない仕事なんだよ。

"But it's a job you can't do.

まあ、ぼくを信じていたまえ。

Well, believe me.

きみも知っているだろう。

I know you too.

ぼくが一度だって失敗したことがあったかい……。

Did I ever fail once ...?

心配するんじゃないよ。

Don't worry.

心配するんじゃないよ。」

Don't worry. "

 さて、その翌日の夕方のことでした。

Well, it was the evening of the next day.

 明智探偵の門前、ちょうど、きのう紙芝居が立っていたへんに、きょうはひとりの乞食がすわりこんで、ほんの時たま通りかかる人に、何か口の中でモグモグいいながら、おじぎをしております。

In front of the Akechi detective's gate, just yesterday when a picture-story show stood, a beggar was sitting on the table today, and I was bowing to someone who was passing by occasionally.

 にしめたようなきたない手ぬぐいでほおかむりをして、ほうぼうにつぎのあたった、ぼろぼろにやぶれた着物を着て、一枚のござの上にすわって、寒そうにブルブル身ぶるいしているありさまは、いかにもあわれに見えます。

She wears a cheek with a messy hand towel like a squeezed, wears a kimono with a shabby, next-to-skin, and sits on a piece of paper, chilling out in the cold. The way you look is really ridiculous.

 ところが、ふしぎなことに、往来に人通りがとだえますと、この乞食のようすが一変するのでした。

However, mysteriously, this beggar changed completely when people come and go.

今まで低くたれていた首を、ムクムクともたげて、顔いちめんの無精ひげの中から、するどい目を光らせて、目の前の明智探偵の家を、ジロジロとながめまわすのです。

By stroking the neck that had been lowered up until now, from the stubble of the face, I glared and glared at the house of Akechi detective in front of me.

 明智探偵は、その日午前中は、どこかへ出かけていましたが、三時間ほどで帰宅すると、往来からそんな乞食が見はっているのを、知ってか知らずにか、表に面した二階の書斎で、机に向かって、しきりに何か書きものをしています。

The Akechi detective went out somewhere in the morning that day, but when I got home in about three hours, I knew that I was seeing such a beggar from the traffic, the second floor facing the front In my study, I write something regularly toward the desk.

その位置が窓のすぐ近くなものですから、乞食のところから、明智の一|挙一|動が、手にとるように見えるのです。

Since that position is close to the window, it seems that Akechi's movement is in the hands of the beggar.

 それから夕方までの数時間、乞食はこんきよく地面にすわりつづけていました。

そ れ The beggar was sitting on the ground well for several hours until the evening.

明智探偵のほうも、こんきよく窓から見える机に向かいつづけていました。

The Akechi detective was also steadily heading to the desk seen from the window.