文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(2454-2499)/3301

 午後はずっと、ひとりの訪問客もありませんでしたが、夕方になって、ひとりの異様な人物が、明智邸の低い石門の中へはいっていきました。

In the afternoon, there was no visitor, but in the evening, a strange person entered the low stone gate of Akechi's house.

 その男は、のびほうだいにのばした髪の毛、顔中をうすぐろくうずめている無精ひげ、きたない背広服を、メリヤスのシャツの上にじかに着て、しまめもわからぬ鳥打ち帽子をかぶっています。

The man puts his extended hair, a stubble groaning all over his face, and a messy business suit on a knitted shirt, wearing a fleeting bird hat. It is.

浮浪人といいますか、ルンペンといいますか、見るからにうすきみの悪いやつでしたが、そいつが門をはいってしばらくしますと、とつぜんおそろしいどなり声が、門内からもれてきました。

Do you call it a vagrant or a rumpen? It was a bad guy to watch, but as he entered the gate for a while, a terrible screaming voice leaked from the gate.

「やい、明智、よもやおれの顔を見わすれやしめえ。

“Yay, Akechi, and hate me.

おらあお礼をいいに来たんだ。

Oh, thank you so much for coming.

さあ、その戸をあけてくれ。

Now open the door.

おらあうちの中へはいって、おめえにもおかみさんにも、ゆっくりお礼が申してえんだッ。

I went into my house and thank you and your wife.

なんだと、おれに用はねえ?

What's wrong with me?

 そっちで用がなくっても、こっちにゃ、ウントコサ用があるんだ。

Even if there is no use there, there is a use for untokosa.

さあ、そこをどけ。

Come on.

おらあ、きさまのうちへはいるんだ。」

Oh, you're in the house. "

 どうやら明智自身が、洋館のポーチへ出て、応対しているらしいのですが、明智の声は、聞こえません。

Apparently, Akechi himself appears to be on the porch of the Western-style building and is responding, but I can't hear Akechi's voice.

ただ浮浪人の声だけが、門の外までひびきわたっています。

Only the voice of the vagrant is spreading out of the gate.

 それを聞くと、往来にすわっていた乞食が、ムクムクとおきあがり、ソッとあたりを見まわしてから、石門のところへしのびよって、電柱のかげから中のようすをうかがいはじめました。

Listening to it, the beggar who was sitting on the road started to crawl up and looked around, and then started to look at the inside of the pole from the shadow of the telephone pole.

 見ると、正面のポーチの上に明智小五郎がつっ立ち、そのポーチの石段へ片足かけた浮浪人が、明智の顔の前でにぎりこぶしをふりまわしながら、しきりとわめきたてています。

As you can see, Agochi Kogoro stood on the front porch, and a vagrant who stood on one of the stone steps of the porch shook his fist in front of Akechi's face.

 明智は少しもとりみださず、しずかに浮浪人を見ていましたが、ますますつのる暴言に、もうがまんができなくなったのか、

Akechi wasn't taking anything, and was quietly looking at the vagrant.

「ばかッ。

"Bok.

用がないといったらないのだ。

There is no uselessness.

出ていきたまえ。」

Come out. "

と、どなったかと思うと、いきなり浮浪人をつきとばしました。

When I thought, I suddenly skipped the vagrant.

 つきとばされた男は、ヨロヨロとよろめきましたが、グッとふみこたえて、もう死にものぐるいで、「ウヌ!」とうめきざま、明智めがけて組みついていきます。

The man who was beaten was swaying around, but he suddenly stumbled and died, “Unu!” And Umekizama and Akechi will work together.

 しかし、格闘となってはいくら浮浪人がらんぼうでも、柔道三段の明智探偵にかなうはずはありません。

However, no matter how many wanderers are fighting, it can't be a juke three-stage Akechi detective.

たちまち、腕をねじあげられ、ヤッとばかりに、ポーチの下の敷石の上に、投げつけられてしまいました。

Immediately, my arm was screwed up, and I was thrown on the paving stone under the porch.

男は、投げつけられたまま、しばらく、痛さに身動きもできないようすでしたが、やがて、ようやく起きあがったときには、ポーチのドアはかたくとざされ、明智の姿は、もうそこには見えませんでした。

While the man was thrown, he was unable to move in pain for a while, but when he finally got up, the door of the porch was held hard and the figure of Akechi was no longer visible there. .

 浮浪人はポーチへあがっていって、ドアをガチャガチャいわせていましたが、中から締まりがしてあるらしく、おせども引けども、動くものではありません。

The vagrant went up to the porch and slammed the door, but it seems to be tightened from the inside.

「ちくしょうめ、おぼえていやがれ。」

“Chikushome, remember it.”

 男は、とうとうあきらめたものか、口の中でのろいのことばをブツブツつぶやきながら、門の外へ出てきました。

The man finally went out of the gate, murmuring the words he gave up or cursing in his mouth.

 さいぜんからのようすを、すっかり見とどけた乞食は、浮浪人をやりすごしておいて、そのあとからそっとつけていきましたが、明智邸を少しはなれたところで、いきなり、

乞 The beggar who completely saw the scene from Saizen spent the vagrant and then gently attached it, but suddenly, a little away from Akechi's house,

「おい、おまえさん。」

“Hey, you.”

と、男に呼びかけました。

I called the man.

「エッ。」

“Eh.”

 びっくりしてふりむくと、そこに立っているのは、きたならしい乞食です。

っ く り Surprisingly, standing there is a new beggar.

「なんだい、おこもさんか。

"Why is Okomo-san?

おらあ、ほどこしをするような金持じゃあねえよ。」

Hey, don't be a rich man like you. "

 浮浪人はいいすてて、立ちさろうとします。

Wanderers are willing to stand up.

「いや、そんなことじゃない。

“No, not that.

少しきみにききたいことがあるんだ。」

I have something I want to know a little. "

「なんだって?」

"What did you say?"

 乞食の口のきき方がへんなので、男はいぶかしげに、その顔をのぞきこみました。

な の で Since the mouth of the beggar is not good, the man looked into his face.

「おれはこう見えても、ほんものの乞食じゃないんだ。

“I look like this, but it ’s not a real beggar.

じつは、きみだから話すがね。

Actually, because you are speaking.

おれは二十面相の手下のものなんだ。

I'm on the side of the 20th aspect.

けさっから、明智の野郎の見はりをしていたんだよ。

I've been watching Akechi's bastard for a long time.

だが、きみも明智には、よっぽどうらみがあるらしいようすだね。」

However, it seems that you and Akechi have some kind of ambiguity. "

 ああ、やっぱり、乞食は二十面相の部下のひとりだったのです。

Oh, after all, the beggar was one of the subordinates of the 20th aspect.

「うらみがあるどころか、おらあ、あいつのために刑務所へぶちこまれたんだ。

“Rather than envy, I ’m going to jail for him.