文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(2500-2564)/3301

どうかして、このうらみを返してやりたいと思っているんだ。」

I want to return this envy. "

 浮浪人は、またしても、にぎりこぶしをふりまわして、憤慨するのでした。

The vagrant was once again sprinkling with a fist.

「名まえはなんていうんだ。」

"What is the name?"

「赤井寅三ってもんだ。」

“Even if you ’re Shinzo Akai.”

「どこの身うちだ。」

"Where are you?"

「親分なんてねえ。

"No boss.

一本立ちよ。」

Stand one. "

「フン、そうか。」

"Hung, is that so?"

 乞食はしばらく考えておりましたが、やがて、何を思ったか、こんなふうに切りだしました。

I had been thinking about beggars for a while, but eventually I started thinking about what I thought.

「二十面相という親分の名まえを知っているか。」

“Do you know the name of the boss of the 20th aspect?”

「そりゃあ聞いているさ。

"That's what I hear.

すげえ腕まえだってね。」

I dude arm Maeda. "

「すごいどころか、まるで魔法使いだよ。

“Well, it ’s like a wizard.

こんどなんか、博物館の国宝を、すっかりぬすみだそうという勢いだからね……。

This is the momentum that the museum's national treasure is completely lost ...

ところで、二十面相の親分にとっちゃ、この明智小五郎って野郎は、敵も同然なんだ。

By the way, for the boss of the 20th aspect, this Akechi Kogoro is like an enemy.

明智にうらみのあるきみとは、おなじ立ち場なんだ。

You who have envy in Akechi are the same place you stand.

きみ、二十面相の親分の手下になる気はないか。

Do you feel like you're a boss of the 20th aspect?

そうすりゃあ、うんとうらみが返せようというもんだぜ。」

That's right, I'm going to be able to return the envy. "

 赤井寅三は、それを聞くと、乞食の顔を、まじまじとながめていましたが、やがて、ハタと手を打って、

寅 Akai Shinzo, when he heard it, was seriously glaring at his beggar's face.

「よし、おらあそれにきめた。

"Okay, I decided it.

兄貴、その二十面相の親分に、ひとつひきあわせてくんねえか。」

Big brother, do you want to meet one of the bosses of that face? "

と、弟子入りを所望するのでした。

And he wanted to be a disciple.

「ウン、ひきあわせるとも。

“Eun, we ’re going to get together.

明智にそんなうらみのあるきみなら、親分はきっと喜ぶぜ。

If you have such envy in Akechi, your boss will be pleased.

だがな、その前に、親分へのみやげに、ひとつ手がらをたてちゃどうだ。

But before that, how about making a clue to the boss?

それも、明智の野郎をひっさらう仕事なんだぜ。」

That's also a job that confused Akechi's bastard. "

 乞食姿の二十面相の部下は、あたりを見まわしながら、声をひくめていうのでした。

The subordinates of the 20th aspect of the beggar figure screamed while looking around.

名探偵の危急

Detective critical

「ええ、なんだって、あの野郎をひっさらうんだって、そいつあおもしれえ。

"Yeah, why is it that you're afraid of that bastard?

ねがってもないことだ。

It ’s not worth it.

手つだわせてくんねえ。

Please keep your hands.

ぜひ手つだわせてくんねえ。

Please do your best.

で、それはいったい、いつのことなんだ。」

And what exactly is that? "

 赤井寅三は、もうむちゅうになってたずねるのです。

寅 Akai Shinzo asks for it already.

「今夜だよ。」

“Tonight.”

「え、え、今夜だって。

“Eh, tonight.

そいつあすてきだ。

That's nice.

だが、どうしてひっさらおうというんだね。」

But why do you want to keep quiet? "

「それがね、やっぱり二十面相の親分だ、うまい手だてを工夫したんだよ。

“That's right, the boss of the 20th aspect, I devised a good hand.

というのはね、子分のなかに、すてきもねえ美しい女があるんだ。

After all, there is a beautiful woman among the children.

その女を、どっかの若い奥さんにしたてて、明智の野郎の喜びそうな、こみいった事件をこしらえて探偵をたのみに行かせんだ。

I made that woman a young wife and made the detective go to a brilliant incident that seemed joyful to Akechi's bastard.

 そして、すぐに家をしらべてくれといって、あいつを自動車に乗せてつれだすんだ。

And then, immediately ask me to look at the house and put him on the car.

その女といっしょにだよ。

With that woman.

むろん自動車の運転手も仲間のひとりなんだ。

Of course, the driver of a car is one of my friends.

 むずかしい事件の大すきなあいつのこった。

A big affair with a difficult case.

それに、相手がかよわい女なんだから、ゆだんをして、この計画には、ひっかかるにきまっているよ。

Besides, because the other party is a pretty woman, I'm going to spend a lot of time on this plan.

 で、おれたちの仕事はというと、ついこの先の青山墓地へ先まわりをして、明智を乗せた自動車がやってくるのを待っているんだよ。

So, our job is to go ahead to Aoyama Cemetery and wait for the car with Akechi to come.

あすこを通らなければならないような道順にしてあるんだ。

It ’s the way you have to go tomorrow.

 おれたちの待っている前へ来ると、自動車がピッタリとまる。

If you come before we are waiting, the car will be perfect.

するとおれときみとが、両がわからドアをあけて、車の中へとびこみ、明智のやつを身動きのできないようにして、麻酔剤をかがせるというだんどりなんだ。

Then I and Tomimi opened the doors of both sides, jumped into the car, made Akechi's guy incapable of movement, and turned on the anesthetic.

麻酔剤もちゃんとここに用意している。

An anesthetic is also prepared here.

 それから、ピストルが二丁あるんだ。

Then there are two pistols.

もうひとり仲間が来ることになっているもんだから。

Another friend is supposed to come.

 しかし、かまやしないよ。

However, I will not bite.

そいつは明智にうらみがあるわけでもなんでもないんだから、きみに手がらをさせてやるよ。

That doesn't mean that Akechi has envy, so I'll give you a hand.

 さあ、これがピストルだ。」

Well, this is a pistol. "

 乞食に化けた男は、そういって、やぶれた着物のふところから、一丁のピストルをとりだし、赤井にわたしました。

The man who turned into a beggar took out a pistol from the fuzzy kimono and gave it to Akai.

「こんなもの、おらあうったことがねえよ。

"Something like this isn't what you've met.

どうすりゃいいんだい。」

What should I do? "

「なあに、弾丸ははいってやしない。

“Well, I do n’t want a bullet.

引き金に指をあててうつようなかっこうをすりゃいいんだ。

All you have to do is put your finger on the trigger and not be depressed.

二十面相の親分はね、人殺しが大きらいなんだ。

The boss of Twenty Faces is a big murderer.

このピストルはただおどかしだよ。」

This pistol is just ridiculous. "

 弾丸がはいっていないと聞いて、赤井は不満らしい顔をしましたが、ともかくもポケットにおさめ、

Listening to the fact that no bullets were in, Akai had a dissatisfied face, but in any case he put it in his pocket,

「じゃ、すぐに青山墓地へ出かけようじゃねえか。」

“Now, why not go to Aoyama Cemetery right away?”