文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(2565-2617)/3301

と、うながすのでした。

And unagasu.

「いや、まだ少し早すぎる。

“No, it ’s still a little too early.

七時半という約束だよ。

The promise is 7:30.

それより少しおくれるかも知れない。

It might be a little more than that.

まだ二時間もある。

There are still two hours.

どっかで飯を食って、ゆっくり出かけよう。」

Eat somewhere and go out slowly. "

 乞食はいいながら、小わきにかかえていた、きたならしいふろしき包みをほどくと、中から一枚の釣り鐘マントを出して、それをやぶれた着物の上から、はおりました。

な が ら Although the beggar was good, when I unpacked the new furoshiki wrapping in a small side, I took out a fishing bell cape from the inside and jumped over the worn kimono.

 ふたりが、もよりの安食堂で食事をすませ、青山墓地へたどりついたときには、トップリ日が暮れて、まばらな街燈のほかは真のやみ、お化けでも出そうなさびしさでした。

When the two of them dine in the main dining room and arrived at Aoyama Cemetery, the top day was over, and apart from the sparse streets, it was a true darkness, a ghost that was likely to be ghostly.

 約束の場所というのは、墓地の中でももっともさびしいわき道で、宵のうちでもめったに自動車の通らぬ、やみの中です。

The promised place is the most lonely side road in the cemetery, and it is in the darkness that cars rarely pass through even in the fence.

 ふたりはそのやみの土手に腰をおろして、じっと時のくるのを待っていました。

The two sat down on the bank of the darkness and waited for the time to come.

「おそいね。

"Sorry.

第一、こうしていると寒くってたまらねえ。」

First of all, it doesn't stand cold. "

「いや、もうじきだよ。

"No, it's almost time.

さっき墓地の入り口のところの店屋の時計を見たら七時二十分だった。

When I looked at the store clock at the entrance of the cemetery, it was 7:20.

あれからもう十分以上、たしかにたっているから、今にやってくるぜ。」

I'm sure it's more than enough since then, so I'll come now. "

 ときどきポツリポツリと話しあいながら、また十分ほど待つうちに、とうとう向こうから自動車のヘッド・ライトが見えはじめました。

From time to time, I was able to see the headlights of the car from the other side while I was talking with some people.

「おい、来たよ。

"Hey, come here.

来たよ、あれがそうにちがいない。

It must be that way.

しっかりやるんだぜ。」

I'll do it well. "

 案のじょう、その車はふたりの待っている前まで来ると、ギギーとブレーキの音をたててとまったのです。

As expected, when the car came before the two waited, it made a sound of giggies and brakes.

「ソレッ。」

"Solet."

というと、ふたりは、やにわに、やみの中からとびだしました。

So the two jumped out of the darkness.

「きみは、あっちへまわれ。」

"You will be swept over there."

「よしきた。」

“Yoshikita.”

 二つの黒い影は、たちまち客席の両がわのドアへかけよりました。

】 The two black shadows were immediately placed on both sides of the audience seats.

そして、いきなりガチャンとドアをひらくと客席の人物へ、両方からニューッと、ピストルの筒口をつきつけました。

Suddenly, I opened the door and suddenly opened the door to the person in the auditorium.

 と同時に、客席にいた洋装の夫人も、いつのまにかピストルをかまえています。

At the same time, the Western-style wife who was in the auditorium also had a pistol.

それから、運転手までが、うしろ向きになって、その手にはこれもピストルが光っているではありませんか。

Then, even the driver is facing behind, and this is also a pistol shining in that hand.

つまり四丁のピストルが、筒先をそろえて、客席にいる、たったひとりの人物に、ねらいをさだめたのです。

In other words, the four pistols aimed at the only person in the auditorium with the tube tips aligned.

 そのねらわれた人物というのは、ああ、やっぱり明智探偵でした。

The person who was aimed at was Akechi detective after all.

探偵は、二十面相の予想にたがわず、まんまと計略にかかってしまったのでしょうか。

Did the detective get stuck with the plan without following the prediction of the 20th aspect?

「身動きすると、ぶっぱなすぞ。」

"When you move, you'll be confused."

 だれかがおそろしいけんまくで、どなりつけました。

Someone was waiting for me and I got stuck.

 しかし、明智は、観念したものか、しずかに、クッションにもたれたまま、さからうようすはありません。

However, Akechi has no idea what it is, or it does not look like it is leaning against the cushion.

あまりおとなしくしているので、賊のほうがぶきみに思うほどです。

I'm so quiet, so the bandits are more like you.

「やっつけろ!」

"Don't do it!"

 低いけれど力強い声がひびいたかと思うと、乞食に化けた男と、赤井寅三の両人がおそろしい勢いで、車の中にふみこんできました。

When I thought that the low but powerful voice was cracked, the man who turned into a beggar and Shinzo Akai were intimidating in the car.

そして、赤井が明智の上半身をだきしめるようにしておさえていると、もうひとりは、ふところから取りだした、ひとかたまりの白布のようなものを、手早く探偵の口におしつけて、しばらくのあいだ力をゆるめませんでした。

And if Akai keeps the upper body of Akechi up, the other person quickly puts a piece of white cloth, taken from the bottom, into the detective's mouth and relaxes the power for a while. It was.

 それから、やや五分もして、男が手をはなしたときには、さすがの名探偵も、薬物の力にはかないません。

After that, when a man releases his hand for a little more than five minutes, a true detective can't help with the power of drugs.

まるで死人のように、グッタリと気をうしなってしまいました。

I felt like I was dead.

「ホホホ、もろいもんだわね。」

"Huho, it's fragile."

 同乗していた洋装婦人が、美しい声で笑いました。

The Western lady who was on board laughed with a beautiful voice.

「おい、なわだ。

“Hey, Nawa.

早くなわを出してくれ。」

Please give me a wrinkle quickly. "

 乞食に化けた男は、運転手から、ひとたばのなわを受けとると、赤井に手つだわせて、明智探偵の手足を、たとえ蘇生しても、身動きもできないように、しばりあげてしまいました。

When a man who became a beggar receives a cigarette from a driver, he dragged his hand to Akai and lifted Akechi detective's limbs so that they could not move even if revived. It was.

「さあ、よしと。

“Now, good.

こうなっちゃ、名探偵もたわいがないね。

That's right, even a detective isn't happy.

これでやっとおれたちも、なんの気がねもなく仕事ができるというもんだ。

Now we can finally work without any hesitation.

おい、親分が待っているだろう。

Hey, my boss is waiting.

急ごうぜ。」

Hurry up. "

 ぐるぐる巻きの明智のからだを、自動車の床にころがして、乞食と赤井とが、客席におさまると、車はいきなり走りだしました。

When the body of Akechi's body rolled round on the car floor and the beggar and Akai were seated in the audience, the car suddenly started running.

行く先はいわずと知れた二十面相の巣くつです。

The destination is the well-known 20-sided nest shoe.

怪盗の巣くつ

Phantom thief shoes