文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(2618-2663)/3301

 賊の手下の美しい婦人と、乞食と、赤井寅三と、気をうしなった明智小五郎とを乗せた自動車は、さびしい町さびしい町とえらびながら、走りに走って、やがて、代々木の明治神宮を通りすぎ、暗い雑木林の中にポツンと建っている、一軒の住宅の門前にとまりました。

A car carrying a beautiful lady under the bandit, a beggar, Shinzo Akai, and Agochi Kogoro, who was worried about, ran into the lonely town of lonely town and eventually passed through Meiji Shrine in Yoyogi. After that, I stopped at the gate of a house standing in a dark miscellaneous forest.

 それは七間か八間ぐらいの中流住宅で、門の柱には北川十郎という表札がかかっています。

It is a middle class house of about 7 or 8 spaces, with a nameplate called Juro Kitagawa on the gate pillar.

もう家中が寝てしまったのか、窓から明りもささず、さもつつましやかな家庭らしく見えるのです。

Whether the house has already slept, it looks like a rustic family without light from the window.

 運転手(むろんこれも賊の部下なのです)がまっ先に車をおりて、門の呼びりんをおしますと、ほどもなくカタンという音がして、門のとびらにつくってある小さなのぞき窓があき、そこに二つの大きな目玉があらわれました。

When the driver (of course this is also a bandit's subordinate) leaves the car at the front and presses the gate, a small peep window is made in the door of the gate. There were two big highlights there.

門燈のあかりで、それが、ものすごく光って見えます。

It looks like a shining shining light on the gate.

「ああ、きみか、どうだ、しゅびよくいったか。」

"Oh, you, how did you go?"

 目玉のぬしが、ささやくような小声でたずねました。

目 The eyeballs asked for a whispering voice.

「ウン、うまくいった。

“Eun, it worked.

早くあけてくれ。」

Please open early. "

 運転手が答えますと、はじめて門のとびらがギイーとひらきました。

When the driver answered, the gate door opened for the first time.

 見ると、門の内がわには、黒い洋服を着た賊の部下が、ゆだんなく身がまえをして、立ちはだかっているのです。

As you can see, the subordinate of the bandit in black clothes is standing up and standing in front of the gate.

 乞食と赤井寅三とが、グッタリとなった明智探偵のからだをかかえ、美しい婦人がそれを助けるようにして、門内に消えると、とびらはまたもとのようにピッタリとしめられました。

乞 The beggar and Shinzo Akai took over the body of the Akechi detective, and when a beautiful lady helped it and disappeared into the gate, the doors were once again perfect.

 ひとりのこった運転手は、からになった自動車にとびのりました。

】 One of the drivers jumped into an empty car.

そして、車は、矢のように走りだし、たちまち見えなくなってしまいました。

And the car started to run like an arrow and disappeared immediately.

どこか別のところに賊の車庫があるのでしょう。

There may be a bandage garage somewhere else.

 門内では、明智をかかえた三人の部下が、玄関のこうし戸の前に立ちますと、いきなり軒の電燈が、パッと点火されました。

In the gate, the three subordinates with Akechi stood in front of the entrance door, and suddenly the eaves were lit.

目もくらむような明るい電燈です。

It is a bright electric light that dazzles.

 この家へはじめての赤井寅三は、あまりの明るさに、ギョッとしましたが、彼をびっくりさせたのは、そればかりではありませんでした。

The first time Shinzo Akai was surprised at the brightness, but it was not the only thing that surprised him.

 電燈がついたかと思うと、こんどは、どこからともなく、大きな人の声が聞こえてきました。

When I thought that a light was on, I heard a loud voice from nowhere.

だれもいないのに、声だけがお化けみたいに、空中からひびいてきたのです。

Even though nobody was there, only the voice was cracked from the air like a ghost.

「ひとり人数がふえたようだな。

“It seems like the number of people has increased.

そいつはいったい、だれだ。」

Who is that? "

 どうも人間の声とは思われないような、へんてこなひびきです。

It ’s a strange sound that does n’t seem like a human voice.

 新米の赤井はうすきみ悪そうに、キョロキョロあたりを見まわしています。

◎ The new Akai is looking around Kyoryo-kyoro, looking ugly.

 すると、乞食に化けた部下が、ツカツカと玄関の柱のそばへ近づいて、その柱のある部分に口をつけるようにして、

Then, the subordinate who became a beggar approached the side of the pillar of the tsutsuka and the entrance, and put a mouth on the part with the pillar,

「新しい味方です。

“It ’s a new friend.

明智に深いうらみを持っている男です。

A man who has a deep envy of Akechi.

じゅうぶん信用していいのです。」

You can trust it enough. "

と、ひとりごとをしゃべりました。

I talked to each person.

まるで電話でもかけているようです。

It looks like you're making a phone call.

「そうか、それなら、はいってもよろしい。」

“Yes, then you can enter.”

 またへんな声がひびくと、まるで自動装置のように、こうし戸が音もなくひらきました。

Also, when the strange voice cracked, the door opened like no automatic sound like an automatic device.

「ハハハ……、おどろいたかい。

"Hahaha ... isn't it amazing?

今のは奥にいる首領と話をしたんだよ。

I talked to the leader at the back right now.

人目につかないように、この柱のかげに拡声器とマイクロホンがとりつけてあるんだ。

A loudspeaker and a microphone are attached to the back of this pillar so that it is not visible.

首領は用心ぶかい人だからね。」

The leader is a cautious person. "

 乞食に化けた部下が教えてくれました。

The subordinate who turned into a beggar told me.

「だけど、おれがここにいるってことが、どうして知れたんだろう。」

“But why did I know that I was here?”

 赤井は、まだふしんがはれません。

Akai hasn't released yet.

「ウン、それも今にわかるよ。」

“Eun, I know that now.”

 相手はとりあわないで、明智をかかえて、グングン家の中へはいって行きます。

相 手 Don't take care of the other party, go to the Gungun family with Akechi.

しぜん赤井もあとにしたがわぬわけにはいきません。

I'm not sure if Akai will be able to do it.

 玄関の間には、またひとりのくっきょうな男が、かたをいからして立ちはだかっていましたが、一同を見ると、にこにこしてうなずいてみせました。

In front of the entrance, there was another man who stood up because he was angry, but when they looked at them, they smiled and nodded.

 ふすまをひらいて、廊下へ出て、いちばん奥まった部屋へたどりつきましたが、みょうなことに、そこはガランとした十畳の空部屋で、首領の姿はどこにも見えません。

I opened the fusuma, went out to the hallway, and reached the deepest room, but unfortunately, it was a gorgeous ten-mat vacant room, and the figure of the leader was invisible.

 乞食が何か、あごをしゃくってさしずをしますと、美しい女の部下が、ツカツカと床の間に近より、床柱の裏に手をかけて、何かしました。

何 か What was the beggar? When I squeezed my chin, a beautiful woman's subordinate approached the back of the floor pillar and did something from near the floor.

 すると、どうでしょう。

Then what about?