文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(2664-2709)/3301

ガタンと、おもおもしい音がしたかと思うと、座敷のまんなかの畳が一枚、スーッと下へ落ちていって、あとに長方形のまっくらな穴があいたではありませんか。

When I thought that there was a funny sound, I thought that one tatami mat in the tatami room had fallen down, and there was a rectangular hole after that.

「さあ、ここのはしご段をおりるんだ。」

“Now, we ’re going down the ladder here.”

 いわれて、穴の中をのぞきますと、いかにもりっぱな木の階段がついています。

That said, if you look inside the hole, you will see a stunning wooden staircase.

 ああ、なんという用心ぶかさでしょう。

Oh, what a precaution.

表門の関所、玄関の関所、その二つを通りこしても、この畳のがんどう返しを知らぬ者には、首領がどこにいるのやら、まったく見当もつかないわけです。

Even if you pass through the front gate and the front door, those who do not know how to return the tatami have no idea where the leader is.

「なにをぼんやりしているんだ。

“What are you waiting for?

早くおりるんだよ。」

It ’s fast. "

 明智のからだを三人がかりでかかえながら、一同が階段をおりきると、頭の上で、ギーッと音がして畳の穴はもとのとおりふたをされてしまいました。

When three people held up Akechi's body and all of them walked up the stairs, a noise was heard on the head and the hole in the tatami was capped.

じつにゆきとどいた機械じかけではありませんか。

Isn't it really a machine-working machine?

 地下室におりても、まだそこが首領の部屋ではありません。

Even if you are in the basement, it is not yet the head room.

うす暗い電燈の光をたよりに、コンクリートの廊下を少し行くと、がんじょうな鉄の扉が行く手をさえぎっているのです。

If you go through a concrete corridor a little bit from the light of a dark electric light, you're blocking the way the rugged iron door goes.

 乞食に化けた男が、その扉を、妙なちょうしでトントントン、トントンとたたきました。

男 A man who turned into a beggar tapped the door with a strange butterfly.

すると、重い鉄の扉が内部から開かれて、パッと目を射る電燈の光、まばゆいばかりに飾りつけられたりっぱな洋室、その正面の大きな安楽イスにこしかけて、にこにこ笑っている三十歳ほどの洋服紳士が、二十面相その人でありました。

Then, a heavy iron door opened from the inside, a light of light shining in the eyes, a western room decorated just dazzling, a big easy chair in front of it, and smiling about 30 years old The clothes gentleman was that person.

これが、素顔かどうかはわかりませんけれど、頭の毛をきれいにちぢれさせた、ひげのない好男子です。

I don't know if this is a real face, but I'm a good boy without a beard, with my hair cleanly drowned.

「よくやった。

"well done.

よくやった。

well done.

きみたちのはたらきはわすれないよ。」

I won't forget your work. "

 首領は、大敵明智小五郎をとりこにしたことが、もう、うれしくてたまらないようすです。

The leader seems to be happy and delighted to have captured the great enemy Akechi Kogoro.

むりもありません。

There is no peeling.

明智さえ、こうしてとじこめておけば、日本中におそろしい相手はひとりもいなくなるわけですからね。

Even Akechi will not have any terrible partner in Japan if he keeps in this way.

 かわいそうな明智探偵は、ぐるぐる巻きにしばられたまま、そこの床の上にころがされました。

The poor Akechi detective was rolled up on the floor, wrapped in a wrap around circle.

赤井寅三は、ころがしただけではたりないとみえて、気をうしなっている明智の頭を、足で二度も三度もけとばしさえしました。

Akai Shinzo thought that it wouldn't be just a roll, and shook Akechi's head, both worried, twice or three times with his feet.

「ああ、きみは、よくよくそいつにうらみがあるんだね。

“Oh, you often have envy.

それでこそぼくの味方だ。

That's my friend.

だが、もうよしたまえ。

But please wait.

敵はいたわるものだ、それに、この男は日本にたったひとりしかいない名探偵なんだからね。

The enemy is terrible, and this guy is a detective who is the only one in Japan.

そんなに乱暴にしないで、なわをといて、そちらの長イスにねかしてやりたまえ。」

Don't be so violent, take a whip and hang on your long chair. "

 さすがに首領二十面相は、とりこをあつかうすべを知っていました。

As expected, the Prime Minister Twenty-Family knew how to deal with the trouble.

 そこで、部下たちは、命じられたとおり、なわをといて、明智探偵をイスに寝かせましたが、まだ薬がさめぬのか、探偵はグッタリしたまま、正体もありません。

So, the subordinates, as ordered, wandered and put the Akechi detective on the chair, but the detective was still stuck, and there was no identity as to whether the medicine could not be stopped.

 乞食に化けた男は、明智探偵誘かいのしだいと、赤井寅三を味方にひきいれた理由を、くわしく報告しました。

The man who turned into a beggar reported in detail the reason for the invitation of Akechi Detective and the reason why Shinzo Akai was attracted by his friend.

「ウン、よくやった。

"Eun, well done.

赤井君は、なかなか役にたちそうな人物だ。

Mr. Akai is a person who seems to be very useful.

それに、明智に深いうらみを持っているのが何より気にいったよ。」

Besides, I really felt that Akechi had a deep envy. "

 二十面相は、名探偵をとりこにしたうれしさに、何もかも上きげんです。

The 20th aspect is all happy with the joy of being a detective.

 そこで赤井はあらためて、弟子入りのおごそかな誓いをたてさせられましたが、それがすむと、この浮浪人はさいぜんから、ふしぎでたまらなかったことを、さっそくたずねたものです。

So, Akai once again made a secret oath with a disciple, but as soon as this happened, this vagrant was astonishingly wondering what he couldn't wait for.

「このうちのしかけにはおどろきましたぜ。

"I was surprised at how this happened.

これなら警察なんかこわくないはずですねえ。

This shouldn't be afraid of the police.

だが、どうもまだふにおちねえことがある。

However, there is still something I can do.

さっき玄関へきたばっかりの時に、どうして、おかしらにあっしの姿が見えたんですかい。」

Why didn't you see the sight of me when I just came to the entrance? "

「ハハハ……、それかい。

"Hahaha ... That's it.

それはね。

That's it.

ほら、ここをのぞいてみたまえ。」

Look, look here. "

 首領は天井の一|隅からさがっているストーブのえんとつみたいな物を指さしました。

The head pointed to something like a stove cradle from the corner of the ceiling.

 のぞいてみよといわれるものですから、赤井はそこへ行って、えんとつの下のはしがかぎの手に曲がっている筒口へ、目をあててみました。

Because it is said to be peeping, Akai went there and applied his eyes to the tube mouth bent in the hand of the hook under the pendant.

 すると、これはどうでしょう。

What about this?

その筒の中に、この家の玄関から門にかけての景色が、かわいらしく縮小されて写っているではありませんか。

In the tube, the scenery from the entrance to the gate of this house is cutely reduced.