文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(2710-2750)/3301

さいぜんの門番の男が、忠実に門の内がわに立っているのもハッキリ見えます。

It can be clearly seen that the man of the gatekeeper of Saizen stands faithfully inside the gate.

「潜水艦に使う潜望鏡と同じしかけなんだよ。

“It ’s the same as the periscope used on a submarine.

あれよりも、もっと複雑に折れまがっているけれどね。」

It's more complicated than that. "

 どうりで、あんなに光のつよい電燈が必要だったのです。

Anyway, it was necessary to have such a bright electric light.

「だが、きみが今まで見たのは、この家の機械じかけの半分にもたりないのだよ。

"But you've never seen half of this house's machinework.

その中には、ぼくのほかはだれも知らないしかけもある。

Among them, no one knows anything other than me.

なにしろ、これがぼくのほんとうの根城だからね。

After all, this is my true root castle.

ここのほかにも、いくつかのかくれががあるけれど、それらは、敵をあざむくほんの仮住まいにすぎないのさ。」

There are a few other hideouts here, but they are just temporary shelters for the enemy. "

 すると、いつか小林少年が苦しめられた戸山ヶ原のあばらやも、そのかりのかくれがの一軒だったのでしょうか。

Then, was the Toyamagahara Abaraya where Kobayashi Shonen suffered sometime one of the hidden hides?

「いずれきみにも見せるがね、この奥にぼくの美術室があるんだよ。」

“Even though you can see it, there is my art room in the back.”

 二十面相は、あいかわらず上きげんで、しゃべりすぎるほどしゃべるのです。

The 20-faceted face is always upbeat and speaks too much.

見れば彼の安楽イスのうしろに、大銀行の金庫のような、複雑な機械じかけの大きな鉄のとびらが、げんじゅうにしめきってあります。

If you look at it, behind his easy chair, there is a large iron door with a complicated mechanical mechanism, like a large bank safe.

「この奥にいくつも部屋があるんだよ。

"There are a lot of rooms in the back.

ハハハ……、おどろいているね。

Hahaha ... I'm surprised.

この地下室は、地面に建っている家よりもずっと広いのさ。

This basement is much larger than a house on the ground.

そして、その部屋部屋に、ぼくの生涯の戦利品が、ちゃんと分類して陳列してあるってわけだよ。

And in that room, my life-long loot is properly classified and displayed.

そのうち見せてあげるよ。

I'll show you that soon.

 まだ何も陳列していない、からっぽの部屋もある。

There are empty rooms where nothing is displayed yet.

そこへはね、ごく近日どっさり国宝がはいることになっているんだ。

There is a lot of national treasures coming soon.

きみも新聞で読んでいるだろう。

You are reading in the newspaper.

例の国立博物館のたくさんの宝物さ。

A lot of treasures from the National Museum in the example.

ハハハ……。」

Hahaha ... "

 もう明智という大敵をのぞいてしまったのだから、それらの美術品は手に入れたも同然だとばかり、二十面相はさも心地よげに、カラカラとうち笑うのでした。

Since I had already looked at the great enemy Akechi, I couldn't help but get those pieces of art.

少年探偵団

Boy detective team

 翌朝になっても明智探偵が帰宅しないものですから、るす宅は大さわぎになりました。

The Akechi Detective will not come home the next morning, so the Rusu's house became a big buzz.

 探偵が同伴して出かけた、事件依頼者の婦人の住所がひかえてありましたので、そこをしらべますと、そんな婦人なんか住んでいないことがわかりました。

≪The address of the lady of the incident requester who went out with the detective was raised, so when I looked into it, I knew that there was no such lady.

さては二十面相のしわざであったかと、人々は、はじめてそこへ気がついたのです。

Now, for the first time, people realized that it was a 20-faceted work.

 各新聞の夕刊は、「名探偵明智小五郎氏誘かいさる」という大見出しで、明智の写真をおおきく入れて、この椿事をデカデカと書きたて、ラジオもこれをくわしく報道しました。

The evening edition of each newspaper has a big headline of “Inviting Mr. Kogoro Detective Akechi”. A large picture of Akechi was written and this event was written as a big decade, and the radio also reported this in detail.

「ああ、たのみに思うわれらの名探偵は、賊のとりこになった。

“Oh, our name detective was obsessed with bandits.

博物館があぶない。」

There is no museum. "

 一千万の都民は、わがことのようにくやしがり、そこでもここでも、人さえ集まれば、もう、この事件のうわさばかり、全都の空が、なんともいえない陰うつな、不安の黒雲におおわれたように、感じないではいられませんでした。

10 million Tokyo residents crawl like ourselves, and here and there, even if people gather here, the rumor of this incident is already rumored, the sky of the whole city is covered with a black cloud of anxiety that can not be said anything Like, I couldn't help feeling it.

 しかし、名探偵の誘かいを、世界中でいちばんざんねんに思ったのは、探偵の少年助手小林芳雄君でした。

However, it was Mr. Yoshio Kobayashi, the detective boy assistant, who was the most sought after inviting a detective in the world.

 一晩待ちあかして朝になっても、また、一日むなしく待って、夜がきても、先生はお帰りになりません。

】 Even if you wait one night and get up in the morning, or if you wait a day and wait at night, the teacher will not return.

警察では二十面相に誘かいされたのだといいますし、新聞やラジオまでそのとおりに報道するものですから、先生の身のうえが心配なばかりでなく、名探偵の名誉のために、くやしくって、くやしくって、たまらないのです。

It is said that the police were invited by the 20th aspect, and because it reports on the newspaper and radio as it is, it is not only worrying about the teacher but also for the honor of the detective. It's ugly and irresistible.

 そのうえ、小林君は自分の心配のほかに、先生の奥さんをなぐさめなければなりませんでした。

Furthermore, Mr. Kobayashi had to hurt his wife in addition to his own worries.

さすが明智探偵の夫人ほどあって、涙を見せるようなことはなさいませんでしたが、不安にたえぬ青ざめた顔に、わざと笑顔をつくっていらっしゃるようすを見ますと、お気のどくで、じっとしていられないのです。

As expected, Mrs. Akechi was like Mrs. Detective, but she did not show tears, but when I saw her intentionally making a smile on her pale face that was uncertain, I can't do it.

「奥さん大じょうぶですよ。

“My wife is great.

先生が賊のとりこなんかになるもんですか。

Is the teacher becoming a trap for bandits?

きっと先生には、ぼくたちの知らない、何か深い計略があるのですよ。

I'm sure the teacher has something deeply tricked that we don't know.

それでこんなにお帰りがおくれるんですよ。」

That's why I can leave home so much. "

 小林君は、そんなふうにいって、しきりと明智夫人をなぐさめましたが、しかし、べつに自信があるわけではなく、しゃべっているうちに、自分のほうでも不安がこみあげてきて、ことばもとぎれがちになるのでした。

Mr. Kobayashi greeted Mrs. Akechi in such a way, but he wasn't confident about it. It was.