文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(2751-2796)/3301

 名探偵助手の小林君も、こんどばかりは、手も足も出ないのです。

Detective assistant Kobayashi has no hands or feet.

二十面相のかくれがを知る手がかりはまったくありません。

There are no clues to know the hidden aspect of the 20th aspect.

 おとといは、賊の部下が紙芝居屋に化けて、ようすをさぐりに来ていたが、もしやきょうもあやしい人物が、そのへんをうろうろしていないかしら。

Ototoi, the subordinate's subordinate turned into a picture-story house and came to look for a picture, but I wonder if someone who is suspicious of today is walking around.

そうすれば、賊の住み家をさぐる手だてもあるんだがと、一縷の望みに、たびたび二階へあがって表通りを見まわしても、それらしい者の影さえしません。

If you do so, you may have a hand in the house of the bandits, but if you go up to the second floor often and look around the street in the hope of the first glance, you will not even be a shadow of those who are.

賊のほうでは、誘かいの目的をはたしてしまったのですから、もうそういうことをする必要がないのでしょう。

The bandit has done the purpose of the invitation, so there is no need to do that anymore.

 そんなふうにして、不安の第二夜も明けて、三日めの朝のことでした。

In that way, the second night of anxiety dawned, and it was the morning of the third day.

 その日はちょうど日曜日だったのですが、明智夫人と小林少年が、さびしい朝食を終わったところへ、玄関へ鉄砲玉のようにとびこんできた少年がありました。

”It was just Sunday, but there was a boy who Mrs. Akechi and Kobayashi Shonen jumped to the entrance like a gunball to the end of a lonely breakfast.

「ごめんください。

"Excuse me.

小林君いますか。

Do you have Kobayashi-kun?

ぼく羽柴です。」

My name is Hashiba. "

 すきとおった子どもの叫び声に、おどろいて出てみますと、おお、そこには、ひさしぶりの羽柴壮二少年が、かわいらしい顔をまっかに上気させて、息をきらして立っていました。

When I was surprised by the screaming voice of a child who loved, oh, there was a long-lasting boy, Soji Hashiba, who stood up with a cute face.

よっぽど大急ぎで走ってきたものとみえます。

It seems that I ran very quickly.

 読者諸君はよもやおわすれではありますまい。

Readers are not forgotten.

この少年こそ、いつか自宅の庭園にわなをしかけて、二十面相を手ひどい目にあわせた、あの大実業家羽柴壮太郎氏のむすこさんです。

This boy is Musko of that big businessman Sotaro Hashiba who snatches the garden of his home one day and puts the 20th aspect in a terrible way.

「オヤ、壮二君ですか。

"Oya, you are Souji?

よく来ましたね。

You came well.

サア、おあがりなさい。」

Saa, go up. "

 小林君は自分より二つばかり年下の壮二君を、弟かなんぞのようにいたわって、応接室へみちびきました。

Mr. Kobayashi took Soji-kun, who was two younger than him, like a younger brother, and went to the drawing room.

「で、なんかきゅうな用事でもあるんですか。」

“So, is there any errand?”

 たずねますと、壮二少年は、おとなのような口調で、こんなことをいうのでした。

When asked, Soji Boy said something like an adult tone.

「明智先生、たいへんでしたね。

"Akechi-sensei, it was very difficult.

まだゆくえがわからないのでしょう。

I do n’t know where it ’s going.

それについてね、ぼく少し相談があるんです。

I have a little consultation about that.

 あのね、いつかの事件のときから、ぼく、きみを崇拝しちゃったんです。

I mean, I've worshiped you since some incident.

そしてね、ぼくもきみのようになりたいと思ったんです。

And then, I wanted to be like you too.

それから、きみのはたらきのことを、学校でみんなに話したら、ぼくと同じ考えのものが十人も集まっちゃったんです。

Then, when I talked about your work to everyone at school, ten people who had the same idea as me gathered.

 それで、みんなで、少年探偵団っていう会をつくっているんです。

That's why we all have a party called Boy Detectives.

むろん学校の勉強やなんかのじゃまにならないようにですよ。

Of course, don't get in the way of studying school or anything.

ぼくのおとうさんも、学校さえなまけなければ、まあいいって許してくだすったんです。

My dad, fortunately, forgave me if I didn't even learn school.

 きょうは日曜でしょう。

It will be Sunday today.

だもんだから、ぼくみんなを連れて、きみんちへおみまいに来たんです。

Because of that, I took everyone and came to see you.

そしてね、みんなはね、きみのさしずを受けて、ぼくたち少年探偵団の力で、明智先生のゆくえをさがそうじゃないかって言ってるんです。」

And everyone, in response to your message, tells us that we are looking for the future of Akechi-sensei with the help of our boy detective team. "

 ひと息にそれだけ言ってしまうと、壮二君はかわいい目で、小林少年をにらみつけるようにして、返事を待つのでした。

When I said that to my breath, Soji-kun had a cute eye, stared at Kobayashi Boy, and waited for a reply.

「ありがとう。」

"Thank you."

 小林君は、なんだか涙が出そうになるのを、やっとがまんして、ギュッと壮二君の手をにぎりました。

Mr. Kobayashi finally stumbled into tears, and finally grabbed Soji's hand.

「きみたちのことを明智先生がお聞きになったら、どんなにお喜びになるかもしれないですよ。

“If you hear about us, you may be pleased.

ええ、きみたちの探偵団でぼくをたすけてください。

Yeah, please help me with your detective team.

みんなで何か手がかりをさがしだしましょう。

Let's find some clues together.

 けれどね、きみたちはぼくとちがうんだから、危険なことはやらせませんよ。

However, you are different from me, so I won't let you do anything dangerous.

もしものことがあると、みんなのおとうさんやおかあさんに申しわけないですからね。

If something happens, I can't tell everyone's dad or mother.

 しかし、ぼくが今考えているのは、ちっとも危険のない探偵方法です。

However, what I am thinking about now is a detective method that is not dangerous at all.

きみ、『聞きこみ』っての知ってますか。

Do you know what “listening” is?

いろんな人の話をきいてまわって、どんな小さなことでものがさないで、うまく手がかりをつかむ探偵方法なんです。

It's a detective way to talk about various people and grab clues without losing anything small.

 なまじっか、おとななんかより、子どものほうがすばしっこいし、相手がゆだんするから、きっとうまくいくと思いますよ。

I think that it will surely work because the children are smarter than the adults and the adults, and the other party is spared.

 それにはね、おとといの晩、先生を連れだした女の人相や服装、それから自動車の行った方角もわかっているんだから、その方角に向かって、ぼくらが今の聞きこみをやればいいんですよ。

To that end, I know the woman ’s face and clothes that brought my teacher to the night of Toto, and the direction the car went to, so we should just listen to that direction. Yeah.

 店の小僧さんでもいいし、ご用聞きでもいいし、郵便配達さんだとか、そのへんに遊んでいる子どもなんかつかまえて、あきずに聞いてまわるんですよ。

It may be a kid in the store, a pre-order, or a postman, or a child who is playing a lot, and ask them.