文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(2797-2835)/3301

 ここでは方角がわかっていても、先になるほど道がわかれていて、見当をつけるのがたいへんだけれど、人数が多いから大じょうぶだ。

Even if you know the direction here, the road is farther away and it's hard to get a clue, but it's great because there are so many people.

道がわかれるたびに、ひとりずつ、そのほうへ行けばいいんです。

Every time you find a way, you can go one by one.

 そうして、きょう一日聞きこみをやれば、ひょっとしたら、何か手がかりがつかめるかもしれないですよ。」

So, if you listen to it all day long, you might get some clues. "

「ええ、そうしましょう。

“Yes, let ’s do that.

そんなことわけないや。

That's not true.

じゃ、探偵団のみんなを門の中へ呼んでもいいですか。」

May I call all the detectives into the gate? "

「ええ、どうぞ、ぼくもいっしょに外へ出ましょう。」

“Yes, please go out with me.”

 そして、ふたりは、明智夫人のゆるしをえたうえ、ポーチのところへ出たのですが、壮二君はいきなり門の外へかけだして行ったかと思うと、まもなく、十人の探偵団員を引きつれて、門内へひきかえしてきました。

And the two went to the porch with the forgiveness of Mrs. Akechi. I went back to the gate.

 見ると、小学校上級生ぐらいの、健康で快活な少年たちでした。

Looking at them, they were healthy and cheerful boys like senior elementary students.

 小林君は、壮二君の紹介で、ポーチの上から、みんなにあいさつしました。

Mr. Kobayashi greeted everyone from the top of the pouch with the introduction of Soji.

そして、明智探偵捜査の手段について、こまごまとさしずをあたえました。

And I gave a little bit about the means of Akechi detective investigation.

 むろん一同大賛成です。

I agree with all of you.

「小林団長ばんざーい。」

“Kobayashi, the leader of the group.”

 もうすっかり、団長に祭りあげてしまって、うれしさのあまり、そんなことをさけぶ少年さえありました。

】 There was even a boy who gave up the festival to the grandmaster and was so glad that he avoided that.

「じゃ、これから出発しましょう。」

"Let's start now."

 そして、一同は少年団のように、足なみそろえて、明智邸の門外へ消えていくのでした。

And all of them disappeared to the outside of Akechi's house as if they were boys.

午後四時

4pm

 少年探偵団のけなげな捜索は、日曜、月曜、火曜、水曜と、学校の余暇を利用して、忍耐強くつづけられましたが、いつまでたっても、これという手がかりはつかめませんでした。

The boy detective team's unsuccessful search continued patiently on Sundays, Mondays, Tuesdays, and Wednesdays, taking advantage of their school leisure.

 しかし、東京中の何千人というおとなのおまわりさんにさえ、どうすることもできないほどの難事件です。

However, it is a difficult incident that even thousands of adults in Tokyo cannot do.

手がかりがえられなかったといって、けっして、少年捜索隊の無能のせいではありません。

Just because you couldn't get a clue isn't the fault of the boy search team.

それに、これらの勇ましい少年たちは、後日、またどのような手がらをたてないものでもないのです。

And these brave boys will not be left behind any other way.

 明智探偵ゆくえ不明のまま、おそろしい十二月十日は、一日一日とせまってきました。

Detective Akechi is still unknown, and the terrible December 10th is one day.

警視庁の人たちは、もういてもたってもいられない気持です。

The people of the Metropolitan Police Department feel like they can't stand.

なにしろ盗難を予告された品物が、国家の宝物というのですから、捜査課長や、ちょくせつ二十面相の事件に関係している中村係長などは、心配のためにやせほそる思いでした。

After all, the goods for which theft was foretold were national treasures, so the Chief of the Investigation Division and the chief of Nakamura, who was involved in the incident of the 20th aspect, were all overwhelmed.

 ところが、問題の日の二日前、十二月八日には、またまた世間のさわぎを大きくするようなできごとがおこったのです。

However, two days before the day of the problem, on December 8th, another event that would make the world more exciting again.

というのは、その日の東京毎日新聞の社会面に、二十面相からの投書が、れいれいしく掲載されたことでした。

That's because the letters from the 20th page were brilliantly posted on the social side of the Tokyo Mainichi Newspaper.

 東京毎日新聞は、べつに賊の機関新聞というわけではありませんが、このさわぎの中心になっている二十面相その人からの投書とあっては、問題にしないわけにはいきません。

The Tokyo Mainichi Newspaper is not an institutional newspaper of the bandits, but the letter from the 20-faceted person who is the center of this buzz is not a problem.

ただちに、編集会議までひらいて、けっきょく、その全文をのせることにしたのです。

Immediately, I opened up to the editorial meeting and decided to put the full text.

 それは長い文章でしたが、意味をかいつまんでしるしますと、

It was a long sentence,

「わたしはかねて、博物館襲撃の日を十二月十日と予告しておいたが、もっと正確に約束するほうが、いっそう男らしいと感じたので、ここに東京都民諸君の前に、その時間を通告する。

"I had foretold the day of the museum assault on December 10th, but I felt that it would be more masculine to promise more accurately. To do.

 それは『十二月十日午後四時』である。

It is “4pm on December 10th”.

 博物館長も警視総監も、できるかぎりの警戒をしていただきたい。

I would like the museum director and the chief of surveillance to be as alert as possible.

警戒がげんじゅうであればあるほど、わたしの冒険はそのかがやきをますであろう。」

The more vigilance is, the brighter my adventure will be. "

 ああ、なんたることでしょう。

Oh, what is it?

日づけを予告するだけでも、おどろくべき大胆さですのに、そのうえ時間まではっきりと公表してしまったのです。

Even if the date was foretold, it was surprisingly bold, but it was clearly announced until the time.

そして、博物館長や警視総監に失礼せんばんな注意まであたえているのです。

And I give rude caution to the museum director and the police superintendent.

 これを読んだ都民のおどろきは申すまでもありません。

申 Not to mention the surprise of the Tokyo residents who read this.

今までは、そんなばかばかしいことがと、あざわらっていた人々も、もう笑えなくなりました。

Until now, people who had been ridiculed with such ridiculous things can no longer laugh.

 当時の博物館長は、史学界の大先輩、北小路文学博士でしたが、そのえらい老学者さえも、賊の予告を本気にしないではいられなくなって、わざわざ警視庁に出向き、警戒方法について、警視総監といろいろ打ちあわせをしました。

The director of the museum at that time was a great senior in the history world, Dr. Kitakoji Literature, but even that great old scholar could not help seriously notice the thief, went to the Metropolitan Police Department and watch out for the way to watch. I had various meetings with the general manager.