文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(2836-2878)/3301

 いや、そればかりではありません。

No, that's not all.

二十面相のことは、国務大臣方の閣議の話題にさえ、のぼりました。

The 20th aspect has even been discussed in the cabinet of the Minister of State.

中でも総理大臣や法務大臣などは、心配のあまり、警視総監を別室にまねいて、激励のことばをあたえたほどです。

Among them, the Prime Minister and the Minister of Justice were so worried that the Chief Police Officer was imitated in a separate room and gave words of encouragement.

 そして、全都民の不安のうちに、むなしく日がたって、とうとう十二月十日となりました。

And in the anxiety of all Tokyo residents, the day has finally passed and it has finally reached December 10.

 国立博物館では、その日は早朝から、館長の北小路老博士をはじめとして、三人の係長、十人の書記、十六人の守衛や小使いが、ひとり残らず出勤して、それぞれ警戒の部署につきました。

At the National Museum, from the early morning, three directors, ten clerk, sixteen guards and ambassadors, including the director Dr. Kitaoji Elderly, attended the work, and each of them was in the department of vigilance. I was hit.

 むろん当日は、表門をとじて、観覧禁止です。

On the day of the year, viewing is prohibited through the front gate.

 警視庁からは、中村捜査係長のひきいる選りすぐった警官隊五十人が出張して、博物館の表門、裏門、塀のまわり、館内の要所要所にがんばって、アリのはいいるすきまもない大警戒陣です。

From the Metropolitan Police Department, a selection of fifty police officers led by the investigator Nakamura are on a business trip, working hard at the museum's front gate, back gate, around the fence, and important points in the hall, and there is a large guard of ants of the ant .

 午後三時半、あますところわずかに三十分、警戒陣はものものしく殺気だってきました。

At 3:30 pm, it was a little over thirty minutes.

 そこへ警視庁の大型自動車が到着して、警視総監が、刑事部長をしたがえてあらわれました。

”A large car from the Tokyo Metropolitan Police Department arrived, and the chief police officer appeared as a criminal director.

総監は、心配のあまり、もうじっとしていられなくなったのです。

The general manager was so worried that he could no longer stay still.

総監自身の目で、博物館を見守っていなければ、がまんができなくなったのです。

I couldn't play comics unless I was watching the museum with my own eyes.

 総監たちは一同の警戒ぶりを視察したうえ、館長室に通って北小路博士に面会しました。

The general directors visited the director's office and met Dr. Kitakoji after visiting the same warning.

「わざわざ、あなたがお出かけくださるとは思いませんでした。

"I didn't think you would go out of your way.

恐縮です。」

I'm afraid. "

 老博士があいさつしますと、総監は、少しきまりわるそうに笑ってみせました。

When Dr. Olde greeted, the general manager laughed as if it were a little bit confusing.

「いや、おはずかしいことですが、じっとしていられませんでね。

“No, it ’s funny, but I ca n’t stay still.

たかが一盗賊のために、これほどのさわぎをしなければならないとは、じつに恥辱です。

It is actually a shame that Taka must be so buzzing for a bandit.

わしは警視庁にはいって以来、こんなひどい恥辱を受けたことははじめてです。」

This is the first time I have received such a terrible shame since I entered the Metropolitan Police Department. "

「アハハ……。」

"Ahaha ..."

老博士は力なく笑って、「わたしも同様です。

The old doctor laughed without power, “I do the same.

あの青二才の盗賊のために、一週間というもの、不眠症にかかっておるのですからな。」

I've been suffering from insomnia for a week because of that second-year-old thief. "

「しかし、もうあますところ二十分ほどですよ。

“But it ’s already about 20 minutes.

え、北小路さん、まさか二十分のあいだに、このげんじゅうな警戒をやぶって、たくさんの美術品をぬすみだすなんて、いくら魔法使いでも、少しむずかしい芸当じゃありますまいか。」

Well, Mr. Kitakoji, no matter how much it is a witchcraft, no matter how much a wizard is, ending up with this vigilance and nurturing a lot of works of art. "

「わかりません。

"I do not know.

わしには魔法使いのことはわかりません。

I don't know about the wizard.

ただ一刻も早く四時がすぎさってくれればよいと思うばかりです。」

I just hope that the four o'clock has passed as soon as possible. "

 老博士は、おこったような口調でいいました。

Dr. Elder said it was like an offended tone.

あまりのことに、二十面相の話をするのも腹だたしいのでしょう。

Too much, it would be frustrating to talk about the 20th aspect.

 室内の三人は、それきりだまりこんで、ただ壁の時計とにらめっこするばかりでした。

The three people in the room were all stuck and stared at the wall clock.

 金モールいかめしい制服につつまれた、相撲とりのようにりっぱな体格の警視総監、中肉中背で、八字ひげの美しい刑事部長、背広姿でツルのようにやせた白髪白髯の北小路博士、その三人がそれぞれ安楽イスにこしかけて、チラチラと、時計の針をながめているようすは、ものものしいというよりは、何かしら奇妙な、場所にそぐわぬ光景でした。

A supervised police officer with a fine physique like a sumo wrestler, dressed in a gold uniform, a beautiful criminal director with a medium-thickness, eight-haired beard, Dr. Kitakoji, a white-haired white rabbit who is thin like a vine, It was something strange and unsuitable for the place that the three people rubbed on the easy chairs and looked at the clock and the hands of the clock.

そうして十数分が経過したとき、沈黙にたえかねた刑事部長が、とつぜん口を切りました。

When more than a dozen minutes passed, the head of the criminal department, who had been unable to remain silent, cut off.

「ああ、明智君は、いったいどうしているんでしょうね。

"Oh, how is Akechi-kun doing?

わたしは、あの男とは懇意にしていたんですが、どうもふしぎですよ。

I had a friendship with that man, but it was mysterious.

今までの経験から考えても、こんな失策をやる男ではないのですがね。」

Judging from past experience, he is not a man who makes such mistakes. "

 そのことばに、総監は太ったからだをねじまげるようにして、部下の顔を見ました。

In that word, the general manager looked at his subordinate's face as he twisted his fat body.

「きみたちは、明智明智と、まるであの男を崇拝でもしているようなことをいうが、ぼくは不賛成だね。

“You guys say Akechi Akechi and the kind of worship of a man, but I disagree.

いくらえらいといっても、たかが一民間探偵じゃないか。

No matter how great it is, isn't Taka a private detective?

どれほどのことができるものか。

How much can you do?

ひとりの力で二十面相をとらえてみせるなどといっていたそうだが、広言がすぎるよ。

It seems that he was able to capture the 20 faces with one person's power, but it is too broad.

こんどの失敗は、あの男にはよい薬じゃろう。」

This failure is a good medicine for that man. "

「ですが、明智君のこれまでの功績を考えますと、いちがいにそうもいいきれないのです。

“But when I think of Akechi-kun's achievements so far, I can't go that far.

今も外で中村君と話したことですが、こんなさい、あの男がいてくれたらと思いますよ。」

I still talked with Mr. Nakamura outside, but I hope this guy will be there. "

 刑事部長のことばが終わるか終わらぬときでした。

It was when the words of the criminal manager ended or did not end.