文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(2879-2933)/3301

館長室のドアがしずかにひらかれて、ひとりの人物があらわれました。

The door of the director's office was slowly opened, and a person appeared.

「明智はここにおります。」

“Akechi is here.”

 その人物がにこにこ笑いながら、よく通る声でいったのです。

】 The person laughed with a smile and screamed.

「おお、明智君!」

“Oh, Akechi!”

 刑事部長がイスからとびあがってさけびました。

The criminal manager jumped out of the chair and ran away.

 それは、かっこうのよい黒の背広をピッタリと身につけ、頭の毛をモジャモジャにした、いつにかわらぬ明智小五郎その人でした。

It was an unprecedented Akechi Kogoro who wore a cool black suit and the hair of his head.

「明智君、きみはどうして……。」

"Akechi, why are you ..."

「それはあとでお話します。

“I will talk about that later.

今は、もっとたいせつなことがあるのです。」

Now there are more serious things. "

「むろん、美術品の盗難はふせがなくてはならんが。」

“Of course, the theft of art must be in vain.”

「いや、それはもうおそいのです。

"No, it's already late.

ごらんなさい。

Look at that.

約束の時間は過ぎました。」

The promised time has passed. "

 明智のことばに、館長も、総監も、刑事部長もいっせいに壁の電気時計を見あげました。

In the words of Akechi, the director, general manager, and criminal director all looked up at the electric clock on the wall.

いかにも、長針はもう十二時のところをすぎているのです。

Indeed, the long hand is past 12 o'clock.

「おやおや、すると二十面相は、うそをついたわけかな。

“Hey, then the 20th face told a lie.

館内には、べつに異状もないようだが……。」

There seems to be no abnormality in the hall. "

「ああ、そうです。

“Oh, yes.

約束の四時はすぎたのです。

The promised four o'clock has passed.

あいつ、やっぱり手出しができなかったのです。」

He was n’t able to come up with a hand. "

 刑事部長が凱歌をあげるようにさけびました。

刑 The criminal director greeted him with a hymn.

「いや、賊は約束を守りました。

“No, the bandits kept their promises.

この博物館は、もうからっぽも同様です。」

This museum is also the same for empty tails. "

 明智が、おもおもしい口調でいいました。

Akechi said in a funny tone.

名探偵の狼藉

Detective dismay

「え、え、きみは何をいっているんだ。

“Well, what are you talking about?

何もぬすまれてなんかいやしないじゃないか。

I do n’t think I ’ll heal anything.

ぼくは、つい今しがた、この目で陳列室をずっと見まわってきたばかりなんだぜ。

I've just been looking around the display room with my eyes.

それに、博物館のまわりには、五十人の警官が配置してあるんだ。

And there are fifty police officers around the museum.

ぼくのところの警官たちはめくらじゃないんだからね。」

The police officers in my place are not dizzy. "

 警視総監は、明智をにらみつけて、腹だたしげにどなりました。

The chief police officer stared at Akechi and became confused.

「ところが、すっかりぬすみだされているのです。

“But it ’s completely gone.

二十面相は例によって魔法を使いました。

Twenty faces used magic by example.

なんでしたら、ごいっしょにしらべてみようではありませんか。」

Why don't you try it together? "

 明智は、しずかに答えました。

Akechi replied slowly.

「フーン、きみはたしかにぬすまれたというんだね。

“Hoon, you are surely wiped out.

よし、それじゃ、みんなでしらべてみよう。

Alright, let ’s have a look.

館長、この男のいうのがほんとうかどうか、ともかく陳列室へ行ってみようじゃありませんか。」

The director, whether this man is really true, why not go to the display room anyway? "

 まさか明智がうそをいっているとも思えませんので、総監も一度しらべてみる気になったのです。

I don't think that Akechi is lying, so I was interested in seeing the general manager once.

「それがいいでしょう。

“That ’s good.

さあ、北小路先生もごいっしょにまいりましょう。」

Let's come along with Mr. Kitakoji. "

 明智は白髪白髯の老館長にニッコリほほえみかけながら、うながしました。

Akechi nodded while smiling at the old-haired white-haired white-haired director.

 そこで、四人は、つれだって館長室を出ると、廊下づたいに本館の陳列場のほうへはいっていきましたが、明智は北小路館長の老体をいたわるようにその手を取って、先頭に立つのでした。

Then, when they left the director's room, they went to the main building's display hall to go down the hallway, but Akechi took the hand to take care of the old body of the director of Kitakoji and took the lead. It was.

「明智君、きみは夢でも見たんじゃないか。

“Akechi-kun, you probably saw it in your dreams.

どこにも異状はないじゃないか。」

Isn't there anything unusual here? "

 陳列場にはいるやいなや、刑事部長がさけびました。

As soon as I entered the exhibition hall, the criminal department manager rustled.

 いかにも部長のいうとおり、ガラス張りの陳列棚の中には、国宝の仏像がズラッとならんでいて、べつになくなった品もないようすです。

As the general manager says, there are no hidden items in the glass-covered shelves, where the statues of the national treasure are lined up.

「これですか。」

"Is this."

 明智は、その仏像の陳列棚を指さして、意味ありげに部長の顔を見かえしながら、そこに立っていた守衛に声をかけました。

Akechi pointed to the display shelf of the Buddha statue, and spoke to the guard who stood there, changing the face of the director meaningfully.

「このガラス戸をひらいてくれたまえ。」

“Please open this glass door.”

 守衛は、明智小五郎を見知りませんでしたけれど、館長や警視総監といっしょだものですから、命令に応じて、すぐさま持っていたかぎで、大きなガラス戸を、ガラガラとひらきました。

The guard did not know Akechi Kogoro, but he was with the director and the police superintendent, so in response to his orders, he quickly opened the large glass door with a rattle.

 すると、そのつぎのしゅんかん、じつに異様なことがおこったのです。

Then, something strange happened to the next day.

 ああ、明智探偵は、気でもちがったのでしょうか。

Oh, was the Akechi Detective wrong?

彼は、広い陳列棚の中へはいって行ったかと思うと、中でもいちばん大きい、木彫りの古代仏像に近づき、いきなり、そのかっこうのよい腕を、ポキンと折ってしまったではありませんか。

When he went into a large display shelf, he approached the largest ancient Buddha statue carved in wood, and suddenly broke his cool arm with Pokin.

 しかもそのすばやいこと、三人の人たちが、あっけにとられ、とめるのもわすれて、目を見はっているまに、同じ陳列棚の、どれもこれも国宝ばかりの五つの仏像を、つぎからつぎへと、たちまちのうちに、片っぱしからとりかえしのつかぬ傷ものにしてしまいました。

And the quick thing is that three people were taken away, forgotten to stop, and as they looked, all five of the same Buddha statues on the same display shelf were all national treasures, From one to the other, I quickly made a scratch that could not be replaced.