文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(2934-2986)/3301

 あるものは腕を折られ、あるものは首をひきちぎられ、あるものは指をひきちぎられて、見るもむざんなありさまです。

Some have their arms folded, some have their necks torn, some have their fingers torn, and it looks awkward.

「明智君、なにをする。

“Akechi-kun, what are you doing?

おい、いけない。

Hey, don't.

よさんか。」

Yossan? "

 総監と刑事部長とが、声をそろえてどなりつけるのを聞きながして、明智はサッと陳列棚を飛びだすと、また、さいぜんのように老館長のそばへより、その手をにぎって、にこにこと笑っているのです。

Listening to the general director and the criminal department manager singing together, Akechi quickly jumps out of the display shelf and, like Saizen, grabs his hand from the side of the old director, I'm laughing.

「おい、明智君いったい、どうしたというんだ。

"Hey, Akechi-kun, what happened?

らんぼうにもほどがあるじゃないか。

Isn't there a lot of rambo too?

これは博物館の中でもいちばん貴重な国宝ばかりなんだぞ。」

This is only the most valuable national treasure in the museum. "

 まっかになっておこった刑事部長は、両手をふりあげて、今にも明智につかみかからんばかりのありさまです。

The head of the criminal department, who was in a state of affairs, lifted both hands and is now in a state of being caught by Akechi.

「ハハハ……。

"Hahaha ...

これが国宝だってあなたの目はどこについているんです。

This is a national treasure, where are your eyes?

よく見てください。

Please look carefully.

今ぼくが折りとった仏像の傷口を、よくしらべてください。」

Examine the wounds on the Buddha statue that I have folded. "

 明智の確信にみちた口調に、刑事部長は、ハッとしたように、仏像に近づいて、その傷口をながめまわしました。

In the tone of Akechi's conviction, the criminal director approached the Buddha statue and looked at the wound as if he was relieved.

 すると、どうでしょう。

Then what about?

首をもがれ、手を折られたあとの傷口からは、外見の黒ずんだ古めかしい色あいとは似ても似つかない、まだなまなましい白い木口が、のぞいていたではありませんか。

You may have looked through the wounds after the neck was broken and the hands were folded, but still had a smooth white wooden mouth that looked like a dark old-fashioned hue.

奈良時代の彫刻に、こんな新しい材料が使われているはずはありません。

Such new materials should not be used for Nara sculpture.

「すると、きみは、この仏像がにせものだというのか。」

“Then, do you think this Buddha statue is bogus?”

「そうですとも、あなた方に、もう少し美術眼がありさえすれば、こんな傷口をこしらえてみるまでもなく、ひと目でにせものとわかったはずです。

“Sometimes, if you had a little more artistic eyes, you would know that it was bogus at a glance, without having to deal with such a wound.

新しい木で模造品を作って、外から塗料をぬって古い仏像のように見せかけたのですよ。

I made imitations with new wood and applied paint from the outside to make it look like an old Buddha statue.

模造品専門の職人の手にかけさえすれば、わけなくできるのです。」

All that can be done is the hands of a craftsman specializing in counterfeits. "

 明智は、こともなげに説明しました。

Akechi explained without any doubt.

「北小路さん、これはいったい、どうしたことでしょう。

"Mr. Kitakoji, what happened?

国立博物館の陳列品が、まっかなにせものだなんて……。」

The display at the National Museum is truly a sham ... "

 警視総監が老館長をなじるようにいいました。

The police superintendent told me to become the old director.

「あきれました。

"I was surprised.

あきれたことです。」

That was amazing. "

 明智に手をとられて、ぼうぜんとたたずんでいた老博士が、ろうばいしながら、てれかくしのように答えました。

Dr. Akechi, who was cleverly handed over, replied as if he was desperate.

 そこへ、さわぎを聞きつけて、三人の館員があわただしくはいってきました。

Listening to the squirrel there, the three staff members rushed in.

その中のひとりは、古代美術鑑定の専門家で、その方面の係長をつとめている人でしたが、こわれた仏像をひと目見ると、さすがにたちまち気づいてさけびました。

One of them was an expert in the appraisal of ancient art, who was the chief of the area, but as soon as I saw the broken Buddha, I suddenly noticed it.

「アッ、これはみんな模造品だ。

“Ah, this is all counterfeit.

しかし、へんですね。

But that's not good.

きのうまでは、たしかにほんものがここにおいてあったのですよ。

Until yesterday, there was indeed something here.

わたしはきのうの午後、この陳列棚の中へはいったのですから、まちがいありません。」

I went into this display shelf yesterday afternoon, so it ’s not wrong. "

「すると、きのうまでほんものだったのが、きょうとつぜん、にせものとかわったというのだね。

“Then, what was true until yesterday was replaced by false things today.

へんだな、いったい、これはどうしたというのだ。」

What's wrong with this? "

 総監がキツネにつままれたような表情で、一同を見まわしました。

総 I looked around with the expression that the general manager was pinched by a fox.

「まだおわかりになりませんか。

“Do you still understand?

つまり、この博物館の中は、すっかり、からっぽになってしまったということですよ。」

In other words, this museum is completely empty. "

 明智はこういいながら、向こうがわの別の陳列棚を指さしました。

Akechi pointed to another display shelf on the other side while saying this.

「な、なんだって?

"What is it?

 すると、きみは……。」

Then you are ... "

 刑事部長が、思わずとんきょうな声をたてました。

The criminal director made a confident voice.

 さいぜんの館員は、明智のことばの意味をさとったのか、ツカツカとその棚の前に近づいて、ガラスに顔をくっつけるようにして、中にかけならべた黒ずんだ仏画を凝視しました。

The Saizen clerk took the meaning of Akechi's words, approached Tsukatsuka and the shelf, and stared at the dark Buddhist paintings that had been placed inside, as if they were sticking their faces to the glass.

そして、たちまちさけびだすのでした。

And it started to make money.

「アッ、これも、これも、あれも、館長、館長、この中の絵は、みんなにせものです。

“Ah, this, this, this, the director, the director, the picture in this is a boon.

一つ残らずにせものです。」

There is nothing left behind. "

「ほかの棚をしらべてくれたまえ。

“Check out the other shelves.

早く、早く。」

hurry, hurry. "

 刑事部長のことばを待つまでもなく、三人の館員は、口々に何かわめきながら、気ちがいのように陳列棚から陳列棚へと、のぞきまわりました。

Without waiting for the words of the criminal director, the three staff members looked into the display shelves from the display shelves as if they were confused.

「にせものです。

“It ’s fake.

めぼしい美術品は、どれもこれも、すっかり模造品です。」

All of the striking works of art are imitations. "

 それから、彼らはころがるように、階下の陳列場へおりていきましたが、しばらくして、もとの二階へもどってきたときには、館員の人数は、十人以上にふえていました。

Then, they went down to the lower display hall as if they were rolling, but when they returned to the original second floor for a while, the number of members was more than ten.