文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(2987-3034)/3301

そして、だれもかれも、もうまっかになって憤慨しているのです。

And everyone and everyone are jealous and ridiculous.

「下も同じことです。

“The same is true below.

のこっているのはつまらないものばかりです。

All that is left is boring.

貴重品という貴重品は、すっかりにせものです……。

The valuables, valuables, are all spicy ...

しかし、館長、今もみんなと話したのですが、じつにふしぎというほかはありません。

However, I still talked to the director, everyone.

きのうまでは、たしかに、模造品なんて一つもなかったのです。

Until yesterday, there was certainly no imitation.

それぞれ受持のものが、その点は自信をもって断言しています。

Each of them possesses that point with confidence.

それが、たった一日のうちに、大小百何点という美術品が、まるで魔法のように、にせものにかわってしまったのです。」

In just one day, hundreds of small and large pieces of art were replaced by magical items. "

 館員は、くやしさに地だんだをふむようにしてさけびました。

The clerk rustled as if he was quiet.

「明智君、われわれはまたしてもやつのために、まんまとやられたらしいね。」

“Akechi-kun, we seem to have been done for the sake of him again.”

 総監が、沈痛なおももちで名探偵をかえりみました。

The general manager returned to a detective with a sorrowful feeling.

「そうです。

"That's right.

博物館は、二十面相のために盗奪されたのです。

The museum was stolen for the 20th aspect.

それは、さいしょに申しあげたとおりです。」

That's what I said to you. "

 大ぜいの中で、明智だけは、少しもとりみだしたところもなく、口もとに微笑さえうかべているのでした。

In the vast majority of the world, only Akechi wasn't starting out, and even smiled at her mouth.

 そして、あまりの打撃に、立っている力もないかと見える老館長を、はげますように、しっかりその手をにぎっていました。

And then, I was holding my hand firmly so that I could peel off the old director who seemed to have no power to stand in a blow.

種明し

exposure of a trick

「ですが、わたしどもには、どうもわけがわからないのです。

“But we don't know why.

あれだけの美術品を、たった一日のあいだに、にせものとすりかえるなんて、人間わざでできることではありません。

It is not possible for humans to replace such a piece of art with a bogus one day.

まあ、にせもののほうは、まえまえから、美術学生かなんかに化けて観覧に来て、絵図を書いていけば、模造できないことはありませんけれど、それをどうして入れかえたかが問題です。

Well, if you are a fake, you will not be able to imitate if you are an art student before you come to see and write a picture, but the problem is how you replaced it.

まったくわけがわかりません。」

I don't understand at all. "

 館員は、まるでむずかしい数学の問題にでもぶっつかったようにしきりに小首をかたむけています。

The staff members are struggling with their necks as if they had hit a difficult math problem.

「きのうの夕方までは、たしかに、みんなほんものだったのだね。」

“Until yesterday evening, surely everyone was true.”

 総監がたずねますと、館員たちは、確信にみちたようすで、

When asked by the president, the staff members seemed to be sure

「それはもう、けっしてまちがいございません。」

“That ’s definitely not wrong.”

と、口をそろえて答えるのです。

And answer with your mouth.

「すると、おそらくゆうべの夜中あたりに、どうかして二十面相一味のものが、ここへしのびこんだのかもしれんね。」

“Maybe some of the 20 faces seemed to have spread here, probably around the night of the night.”

「いや、そんなことは、できるはずがございません。

“No, there is no way we can do that.

表門も裏門も塀のまわりも、大ぜいのおまわりさんが、徹夜で見はっていてくだすったのです。

A great number of people around the front gate, the back gate, and the fence were watching all night.

館内にも、ゆうべは館長さんと三人の宿直員が、ずっとつめきっていたのです。

In the hall, Yube was always stuck with the director and three staff members.

そのげんじゅうな見はりの中をくぐって、あのおびただしい美術品を、どうして持ちこんだり、運びだしたりできるものですか。

How can you pass through the gorgeous sights and bring in and carry out the vast amount of art?

まったく人間わざではできないことです。」

It is something that humans cannot do at all. "

 館員は、あくまでいいました。

The staff members were just fine.

「わからん、じつにふしぎだ……。

"I don't know, I'm really ...

しかし、二十面相のやつ、広言したほど男らしくもなかったですね。

However, the 20-facet guy wasn't as masculine as he was.

あらかじめ、にせものとおきかえておいて、さあ、このとおりぬすみましたというのじゃ、十日の午後四時なんて予告は、まったく無意味ですからね。」

If you replace it with a bogus in advance, and now that you've gone through it, the notice at 4pm on the 10th is totally meaningless. "

 刑事部長は、くやしまぎれに、そんなことでも言ってみないではいられませんでした。

The criminal director couldn't help saying that.

「ところが、けっして無意味ではなかったのです。」

“However, it was never meaningless.”

 明智小五郎が、まるで二十面相を弁護でもするようにいいました。

Akechi Kogoro told me to defend the 20th aspect.

彼は老館長北小路博士と、さも仲よしのように、ずっと、さいぜんから手をにぎりあったままなのです。

He has always held his hand with Dr. Kitakoji, the old director, just like his friendship.

「ホウ、無意味でなかったって?

"Hou, wasn't it meaningless?

 それはいったい、どういうことなんだね。」

What does that mean? "

 警視総監が、ふしぎそうに名探偵の顔を見て、たずねました。

The chief police officer asked and looked at the face of a detective.

「あれをごらんください。」

“Look at that.”

 すると明智は窓に近づいて、博物館の裏手のあき地を指さしました。

Then Akechi approached the window and pointed to the clear space behind the museum.

「ぼくが十二月十日ごろまで、待たなければならなかった秘密というのは、あれなのです。」

“That's the secret I had to wait until around December 10.”

 そのあき地には、博物館創立当時からの、古い日本建ての館員宿直室が建っていたのですが、それが不用になって、数日前から、家屋のとりこわしをはじめ、もうほとんど、とりこわしも終わって、古材木や、屋根がわらなどが、あっちこっちにつみあげてあるのです。

In that area, there was an old Japanese-style dormitory room that was built in Japan since the museum was founded. Old timber and straw roofs are picked up here and there.

「古家をとりこわしたんだね。

“I was obsessed with the old house.