文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(3035-3078)/3301

しかし、あれと二十面相の事件と、いったい、なんの関係があるんです。」

However, what kind of relationship is there with that incident of the 20th aspect? "

 刑事部長は、びっくりしたように明智を見ました。

The criminal director saw Akechi as a surprise.

「どんな関係があるか、じきわかりますよ……。

"I will soon understand what kind of relationship there is ...

どなたか、お手数ですが、中にいる中村警部に、きょう昼ごろ裏門の番をしていた警官をつれて、いそいでここへ来てくれるように、お伝えくださいませんか。」

Someone, please tell the Nakamura police in there so that you can come here with a police officer who was behind the gates around noon today. "

 明智のさしずに、館員のひとりが、何かわけがわからぬながら、大急ぎで階下へおりていきましたが、まもなく中村捜査係長とひとりの警官をともなって帰ってきました。

Without any help from Akechi, one of the staff members went downstairs in a hurry without knowing anything, but soon returned with the chief of investigation into Nakamura and a policeman.

「きみが、昼ごろ裏門のところにいた方ですか。」

"Is you at the back gate around noon?"

 明智がさっそくたずねますと、警官は総監の前だものですから、ひどくあらたまって、直立不動の姿勢で、「そうです。」

When Akechi asks immediately, the police officer is in front of the general manager, so he was terribly upset and in a standing upright position, “Yes.”

と答えました。

I answered.

「では、きょう正午から一時ごろまでのあいだに、トラックが一台、裏門を出ていくのを見たでしょう。」

“Now, from today noon to about one hour, you probably saw a truck going out the back gate.”

「はあ、おたずねになっているのは、あのとりこわし家屋の古材木をつんだトラックのことではありませんか。」

“Oh, isn't it the truck that made up the old timber from that house?”

「そうです。」

"That's right."

「それならば、たしかに通りました。」

“If that is the case, I have definitely passed.”

 警官は、あの古材木がどうしたんです、といわぬばかりの顔つきです。

The policeman has an unfamiliar look at what the old timber did.

「みなさんおわかりになりましたか。

“Did you understand?

これが賊の魔法の種です。

This is the magic seed of the bandits.

うわべは古材木ばかりのように見えていて、そのじつ、あのトラックには、盗難の美術品がぜんぶつみこんであったのですよ。」

Ubebe looked just like old timber, and in fact, the truck was full of stolen works of art. "

 明智は一同を見まわして、おどろくべき種明しをしました。

Akechi looked around and made a surprising announcement.

「すると、とりこわしの人夫の中に賊の手下がまじっていたというのですか。」

"Then, was there a bandit's minions in the confused husband?"

 中村係長は、目をパチパチさせて聞きかえしました。

Mr. Nakamura rehearsed his eyes with crackling eyes.

「そうです。

"That's right.

まじっていたのではなくて、人夫ぜんぶが賊の手下だったのかもしれません。

It might be that he was not a servant, but all his husbands were minions.

二十面相は早くから万端の準備をととのえて、この絶好の機会を待っていたのです。

Twenty-faced ministers were waiting for this great opportunity from the very beginning.

家屋のとりこわしは、たしか十二月五日からはじまったのでしたね。

The house's destruction started on December 5th.

その着手期日は、三月も四月もまえから、関係者にはわかっていたはずです。

The start date should have been known to those concerned since March and April.

そうすれば、十日ごろはちょうど古材木運びだしの日にあたるじゃありませんか。

Then, about the tenth day, isn't it just a day of carrying old timber?

予告の十二月十日という日づけは、こういうところから割りだされたのです。

The date of December 10 of the notice was calculated from this point.

また午後四時というのは、ほんものの美術品がちゃんと賊の巣くつに運ばれてしまって、もうにせものがわかってもさしつかえないという時間を意味したのです。」

Also, 4:00 pm was the time when a real work of art was properly carried to the bandit's nest so that it would be safe to know the bogus. "

 ああ、なんという用意周到な計画だったでしょう。

Oh, what a well-planned plan.

二十面相の魔術には、いつのときも、一般の人の思いもおよばないしかけが、ちゃんと用意してあるのです。

Twenty-six aspects of magic are always ready for the ordinary people's thoughts.

「しかし明智君、たとえ、そんな方法で運びだすことはできたとしても、まだ賊が、どうして陳列室へはいったか、いつのまに、ほんものとにせものとおきかえたかというなぞは、解けませんね。」

“But Akechi-kun, even if it can be carried out in such a way, I still can't solve the mystery of why the bandits have entered the display room and how soon they have been replaced with a spooky thing.”

 刑事部長が明智のことばを信じかねるようにいうのです。

The criminal director should not believe Akechi's words.

「おきかえは、きのうの夜ふけにやりました。」

“I went to the night dander yesterday.”

 明智は、何もかも知りぬいているような口調で語りつづけます。

Akechi keeps speaking in a tone that he knows everything.

「賊の部下が化けた人夫たちは、毎日ここへ仕事へ来るときに、にせものの美術品を少しずつ運びいれました。

“When the bandits subordinated the men and women came to work every day, they carried small pieces of artifacts.

絵は細く巻いて、仏像は分解して手、足、首、胴とべつべつにむしろ包みにして、大工道具といっしょに持ちこめば、うたがわれる気づかいはありません。

If you wrap the picture thinly, disassemble the Buddha image and wrap it in your hands, feet, neck, torso, and other parts, and bring it together with the carpenter tools, you will not notice it.

みな、ぬすみだされることばかり警戒しているのですから、持ちこむものに注意なんかしませんからね。

Everyone is always wary of being squeezed out, so they don't care about what they bring.

そして、贋造品はぜんぶ、古材木の山におおいかくされて、ゆうべの夜ふけを待っていたのです。」

And all the forged products were covered with piles of old timber, waiting for the night dander. "

「だが、それをだれが陳列室へおきかえたのです。

“But who changed it to the display room?

人夫たちは、みな夕方帰ってしまうじゃありませんか。

My husbands are all going home in the evening.

たとえそのうち何人かが、こっそり構内にのこっていたとしても、どうして陳列室へはいることができます。

Even if some of them are secretly on the premises, how can they enter the display room?

夜はすっかり出入り口がとざされてしまうのです。

At night, the doorway is completely overlooked.

館内には、館長さんや三人の宿直員が、一睡もしないで見はっていました。

In the hall, the director and three staff members were watching without sleeping.

その人たちに知れぬように、あのたくさんの品物をおきかえるなんて、まったく不可能じゃありませんか。」

Isn't it impossible to replace that many items in a way that is unknown to them? "

 館員のひとりが、じつにもっともな質問をしました。

One of the staff members actually asked the right question.