文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(3079-3131)/3301

「それにはまた、じつに大胆不敵な手段が、用意してあったのです。

“It was also prepared with a fearless means.

ゆうべの三人の宿直員というのは、けさ、それぞれ自宅へ帰ったのでしょう。

Yube's three staff members must have returned to their homes.

ひとつその三人の自宅へ電話をかけて、主人が帰ったかどうか、たしかめてみてください。」

Call one of the three people's homes and see if the master has returned. "

 明智がまたしてもみょうなことをいいだしました。

Akechi once again said something awkward.

三人の宿直員は、だれも電話をもっていませんでしたが、それぞれ付近の商家に呼びだし電話が通じますので、館員のひとりがさっそく電話をかけてみますと、三人が三人とも、ゆうべ以来まだ自宅へ帰っていないことがわかりました。

None of the three staff members had a phone call, but each of the staff members made a phone call to the nearby merchant, so when one of the staff members made a phone call, Since then, I found that I haven't returned home.

宿直員たちの家庭では、こんな事件のさいですから、きょうも、とめおかれているのだろうと、安心していたというのです。

It was during this incident in the homes of the in-house staff, so today he was relieved that he would be trapped.

「三人が博物館を出てからもう八―九時間もたつのに、そろいもそろって、まだ帰宅していないというのは、少しおかしいじゃありませんか。

"It's a little strange that the three have left the museum and they haven't come home yet after eight to nine hours.

ゆうべ徹夜をした、つかれたからだで、まさか遊びまわっているわけではありますまい。

I've been staying up all night, so I'm not really playing around.

なぜ三人が帰らなかったのか、この意味がおわかりですか。」

Do you understand why these three did not return? "

 明智は、また一同の顔をグルッと見まわしておいて、ことばをつづけました。

Akechi continued looking at the whole face again and continued speaking.

「ほかでもありません。

“Nothing else.

三人は、二十面相一味のために誘かいされたのです。」

The three were invited for the sake of twenty faces. "

「え、誘かいされた?

"Oh, have you been invited?

 それはいつのことです。」

That's when. "

 館員がさけびました。

A member of the staff was confused.

「きのうの夕方、三人がそれぞれ夜勤をつとめるために、自宅を出たところをです。」

“On yesterday evening, the three of them left their homes to work night shifts.”

「え、え、きのうの夕方ですって?

"Eh, eh, yesterday evening?

 じゃあ、ゆうべここにいた三人は……。」

So then, the three who were here ... "

「二十面相の部下でした。

“It was a subordinate of the 20th aspect.

ほんとうの宿直員は賊の巣くつへおしこめておいて、そのかわりに賊の部下が博物館の宿直をつとめたのです。

The true staff member stayed in the bandit's nest, and instead, the bandit's subordinate worked as the museum guard.

なんてわけのない話でしょう。

It ’s no wonder.

賊が見はり番をつとめたんですから、にせものの美術品のおきかえなんて、じつに造作もないことだったのです。

Because the bandits were on the lookout, there was no idea of replacing spurious art.

 みなさん、これが二十面相のやり口ですよ。

Everyone, this is the tip of the 20th aspect.

人間わざではできそうもないことを、ちょっとした頭のはたらきで、やすやすとやってのけるのです。」

You can easily do things that are unlikely to be done by humans with a little head work. "

 明智探偵は、二十面相の頭のよさをほめあげるようにいって、ずっと手をつないでいた館長北小路老博士の手首を痛いほど、ギュッとにぎりしめました。

Detective Akechi praised the goodness of the 20th face, and squeezed the wrist of Dr. Kitakoji, the director, who was holding hands all the time.

「ウーン、あれが賊の手下だったのか。

"Woon, was that the bandit's minions?

うかつじゃった。

It was a tricky day.

わしがうかつじゃった。」

It was a bad luck. "

 老博士は白髯をふるわせて、さもくやしそうにうめきました。

Dr. Elder wore a white fox and groaned in a sly manner.

両眼がつりあがって、顔がまっさおになって、見るも恐ろしい憤怒の形相です。

Both eyes are lifted, their faces are straight, and it is a terrible form of anger.

しかし、老博士は、三人のにせ者をどうして見やぶることができなかったのでしょう。

But why did the old doctor fail to see the three bogus?

二十面相なら知らぬこと、手下の三人が、館長にもわからないほどじょうずに変装していたなんて、考えられないことです。

If you don't know about Twenty-Family, you can't imagine that the three of your minions were disguised so much that the director did not even know.

北小路博士ともあろう人が、そんなにやすやすとだまされるなんて、少しおかしくはないでしょうか。

Isn't it a little strange that someone who might be Dr. Kitakoji is tricked into it so easily?

怪盗捕縛

Phantom thief

「だが、明智君。」

“But Akechi-kun.”

 警視総監は、説明が終わるのを待ちかまえていたように、明智探偵にたずねました。

The chief police officer asked Akechi detective as if waiting for the explanation to end.

「きみはまるで、きみ自身が二十面相ででもあるように、美術品盗奪の順序をくわしく説明されたが、それはみんな、きみの想像なのかね。

"You explained the order of theft of art as if you were in the twenty-faced aspect, but is it all your imagination?

それとも、何かたしかなこんきょでもあるのかね。」

Or is there any good idea? "

「もちろん、想像ではありません。

“Of course, it ’s not an imagination.

ぼくはこの耳で、二十面相の部下から、いっさいの秘密を聞き知ったのです。

With this ear, I heard and knew all the secrets from the subordinates of Twenty Faces.

今、聞いてきたばかりなのです。」

I have just heard it. "

「え、え、なんだって?

"Well, what is it?

 きみは二十面相の部下に会ったのか。

Did you meet the subordinate of Twenty Faces?

いったい、どこで?

Where is it?

 どうして?」

why? "

 さすがの警視総監も、この不意うちには、どぎもをぬかれてしまいました。

The superintendent of supervision, as expected, has been suddenly swept away by this surprise.

「二十面相のかくれがで会いました。

“I met the 20-sided hide-out.

総監閣下、あなたは、ぼくが二十面相のために誘かいされたことをごぞんじでしょう。

Under the President, you will know that I was invited for the 20th aspect.

ぼくの家庭でも世間でもそう考え、新聞もそう書いておりました。

I thought so in my home and the world, and so did the newspaper.

しかし、あれは、じつを申しますと、ぼくの計略にすぎなかったのです。

But that was just my trick.

ぼくは誘かいなんかされませんでした。

I wasn't invited.

かえって賊の味方になって、ある人物の誘かいを手つだってやったほどです。

On the contrary, I became a bandit's ally and did an invitation to a person.

 昨年のことですが、ぼくはある日ひとりのふしぎな弟子入り志願者の訪問を受けました。

As last year, I received a visit from one of the mysterious apprentices one day.