文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(3132-3171)/3301

ぼくはその男を見て、ひじょうにおどろきました。

I saw the man and was very surprised.

目の前に大きな鏡が立ったのではないかと怪しんだほどです。

I was suspicious that a big mirror stood in front of me.

なぜかと申しますと、その弟子入り志願者は、背かっこうから、顔つきから、頭の毛のちぢれかたまで、このぼくと寸分ちがわないくらいよく似ていたからです。

For some reason, the disciple candidate was very similar to me, from the back, from the face, to how the hair fell.

つまり、その男はぼくの影武者として、何かの場合のぼくの替え玉として、やとってほしいというのです。

In other words, he wants him to be my shadow warrior and as a replacement for me in some cases.

 ぼくは、だれにも知らせず、その男をやといいれて、あるところへ住まわせておきましたが、それがこんど役にたったのです。

I didn't let anyone know and said the man and let him live in a certain place, but that was useful.

 ぼくはあの日外出して、その男のかくれがへ行き、すっかり服装をとりかえて、ぼくになりすましたその男を、先にぼくの事務所へ帰らせ、しばらくしてから、ぼく自身は浮浪人赤井寅三というものに化けて、明智事務所をたずね、ポーチのところで、自分の替え玉とちょっと格闘をして見せたのです。

I went out that day, the man's hide went, completely changed his clothes, and I made the man who pretend to return to my office first. I turned into Akai Shinzo, visited the Akechi office, and showed me a little fight with my replacement at the pouch.

 賊の部下がそのようすを見て、すっかりぼくを信用しました。

The subordinate's subordinates looked like that and trusted me completely.

そして、それほど明智にうらみがあるなら、二十面相の部下になれとすすめてくれたのです。

And if Akechi was so enviable, he recommended that he be a subordinate of the 20th aspect.

そういうわけで、ぼくは、ぼくの替え玉を誘かいするお手つだいをしたうえ、とうとう賊の巣くつにはいることができました。

That's why I managed to invite my replacement and finally entered the bandits nest.

 しかし、二十面相のやつは、なかなかゆだんがなくて、仲間入りをしたその日から、ぼくを家の中の仕事ばかりに使い、一歩も外へ出してくれませんでした。

However, the Twenty-Family guy didn't have enough time, and since that day he joined the group, he used me only for work in the house and didn't go out a step.

むろん、博物館の美術品をぬすみだす手段など、ぼくには少しもうちあけてくれなかったのです。

Of course, I didn't open a little to me, such as the means to squeeze out the museum art.

 そして、とうとう、きょうになってしまいました。

And finally, it has come today.

ぼくはある決心をして、午後になるのを待ちかまえていました。

I made a decision and waited for the afternoon.

すると、午後二時ごろ、賊のかくれがの地下室の入り口があいて、人夫の服装をしたたくさんの部下のものが、手に手に貴重な美術品をかかえて、ドカドカとおりてきました。

Then, around 2pm, there was an entrance to the basement where the bandit hides, and many subordinates dressed as husbands were carrying their precious artwork in their hands.

むろん博物館の盗難品です。

Of course it is a stolen item from the museum.

 ぼくは地下室にるす番をしているあいだに、酒、さかなの用意をしておきました。

I prepared sake and fish while I was in the basement.

そして帰ってきた部下と、ぼくといっしょに残っていた部下と、ぜんぶのものに祝杯をすすめました。

And I gave a celebration to the subordinates who came back, the subordinates who remained with me, and everything.

そこで部下たちは、大事業の成功したうれしさに、むちゅうになって酒もりをはじめたのですが、やがて、三十分ほどもしますと、ひとりたおれ、ふたりたおれ、ついにはのこらず、気をうしなってたおれてしまいました。

So, the subordinates began to drink alcohol for the successful joy of the big business, but eventually, when they did it for about thirty minutes, they were alone, two of them, and finally, I'm overwhelmed.

 なぜかとおっしゃるのですか。

Why do you say that?

わかっているではありませんか。

Do you know?

ぼくは賊の薬品室から麻酔剤をとりだして、あらかじめその酒の中へまぜておいたのです。

I took the anesthetic from the medicine room of the bandits and put it in the liquor in advance.

 それから、ぼくはひとりそこをぬけだして、付近の警察署へかけつけ、事情を話して、二十面相の部下の逮捕と、地下室にかくしてあるぜんぶの盗難品の保管をおねがいしました。

Then, I left it alone, rushed to the nearby police station, talked about the circumstances, and arrested the subordinates of Twenty-Family, and kept all the stolen goods stored in the basement.

 お喜びください。

Please rejoice.

盗難品は完全にとりもどすことができました。

The stolen goods were completely recovered.

国立博物館の美術品も、あの気のどくな日下部老人の美術城の宝物も、そのほか、二十面相が今までにぬすみためた、すべての品物は、すっかりもとの所有者の手に返ります。」

The art of the National Museum, the treasure of the castle's artistic castle, and all the items that the Twenty-Family minister has accumulated so far, return to the original owner. . "

 明智の長い説明を、人々は酔ったように聞きほれていました。

People listened to Akechi's long explanation as if they were drunk.

ああ、名探偵はその名にそむきませんでした。

Oh, the detective didn't turn to that name.

彼は人々の前に広言したとおり、たったひとりの力で、賊の巣くつをつきとめ、すべての盗難品をとりかえし、あまたの悪人をとらえたのです。

He, as proclaimed before the people, used his own power to seize the bandit's nest, replace all the stolen goods, and catch the wrong villains.

「明智君、よくやった。

“I did well, Akechi-kun.

よくやった。

well done.

わしはこれまで、少しきみを見あやまっていたようだ。

I seem to have missed you a little before.

わしからあつくお礼を申します。」

I would like to express my gratitude to me. "

 警視総監は、いきなり名探偵のそばへよって、その左手をにぎりました。

The police chief suddenly moved to the name of a detective and caught his left hand.

 なぜ左手をにぎったのでしょう。

WHY I caught my left hand.

それは明智の右手がふさがっていたからです。

It was because Akechi's right hand was full.

その右手は、いまだに老博物館長の手と、しっかりにぎりあわされていたからです。

That's because his right hand was still squeezed with the hands of the old museum director.

みょうですね。

That's right.

明智はどうしてそんなに老博士の手ばかりにぎっているのでしょう。

Why is Akechi so much in the hands of the old doctor?

「で、二十面相のやつも、その麻酔薬を飲んだのかね。

“So, the 20th phase guy took the anesthetic?

きみはさいぜんから部下のことばかりいって、一度も二十面相の名を出さなかったが、まさか首領をとりにがしたのではあるまいね。」

You haven't even given the name of the 20th minister because of your subordinates, but you haven't taken away the leader. "