文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(3172-3224)/3301

 中村捜査係長が、ふとそれに気づいて、心配らしくたずねました。

Mr. Nakamura, the chief investigator, noticed it and asked him to worry.

「いや、二十面相は地下室へは、帰ってこなかったよ。

“No, the 20th face did not return to the basement.

しかし、ぼくは、あいつもちゃんととらえている。」

However, I always take it properly. "

 明智はにこにこと、例の人をひきつける笑い顔で答えました。

Akechi answered with a smile and a laughing face that attracted people.

「どこにいるんだ。

“Where are you?

いったいどこでとらえたんだ。」

Where did you get it? "

 中村警部が、性急にたずねました。

The Nakamura Police Department hastily asked.

ほかの人たちも、総監をはじめ、じっと名探偵の顔を見つめて、返事を待ちかまえています。

Other people are staring at the face of the detective, including the general manager, and are waiting for a reply.

「ここでつかまえたのさ。」

"I caught it here."

 明智は落ちつきはらって答えました。

Akechi calmly answered.

「ここで?

"here?

 じゃあ、今はどこにいるんだ。」

So where are you now? "

「ここにいるよ。」

"I am here."

 ああ、明智は何をいおうとしているのでしょう。

Oh, what is Akechi going to ask?

「ぼくは二十面相のことをいっているんだぜ。」

“I'm talking about the 20th aspect.”

 警部が、けげん顔で聞きかえしました。

The police rehearsed with a grim face.

「ぼくも二十面相のことをいっているのさ。」

“I'm talking about the 20th aspect.”

 明智が、おうむがえしに答えました。

Akechi replied to Omugarashi.

「なぞみたいないい方はよしたまえ。

"If you don't like mystery, don't worry.

ここには、われわれが知っている人ばかりじゃないか。

There are only people we know here.

それともきみは、この部屋の中に、二十面相がかくれているとでもいうのかね。」

Or do you say that the 20 faces are hidden in this room? "

「まあ、そうだよ。

"Well, that's right.

ひとつ、そのしょうこをお目にかけようか……。

One, let's see that ginger ...

どなたか、たびたびごめんどうですが、下の応接間に四人のお客さまが待たせてあるんですが、その人たちをここへ呼んでくださいませんか。」

Someone is sorry, but there are four customers waiting in the reception room below. Would you please call them here? "

 明智は、またまた意外なことをいいだすのです。

Akechi says something surprising again.

 館員のひとりが、急いで下へおりていきました。

One of the staff members went down in a hurry.

そして、待つほどもなく、階段に大ぜいの足音がして、四人のお客さまという人々が、一同の前に立ちあらわれました。

And without waiting, a great footsteps were made on the stairs, and four people appeared in front of them.

 それを見ますと、一座の人たちは、あまりのおどろきに、「アッ。」

】 Looking at it, the people of the troupe were too surprised, “Ah.”

とさけび声をたてないではいられませんでした。

I could n’t help but cry.

 まず四人の先頭に立つ白髪白髯の老紳士をごらんなさい。

First of all, look at the old gentleman with white hair that stands at the top of the four.

それは、まぎれもない北小路文学博士だったではありませんか。

Wasn't it an unmistakable Dr. Kitakoji Literature?

 つづく三人は、いずれも博物館員で、きのうの夕方からゆくえ不明になっていた人びとです。

The following three people are all museum members who have been unknown since yesterday evening.

「この方々は、ぼくが二十面相のかくれがから救いだしてきたのですよ。」

“These people have rescued me from the hide of the 20th aspect.”

 明智が説明しました。

Explained Akechi.

 しかし、これはまあ、どうしたというのでしょう。

But, what is this?

博物館長の北小路博士がふたりになったではありませんか。

Wasn't the director of the museum Dr. Kitakoji?

 ひとりは今、階下からあがってきた北小路博士、もうひとりは、さいぜんからズッと明智に手をとられていた北小路博士。

One is Dr. Kitakoji, who has come up from the lower level, and the other is Dr. Kitakoji, who has been working with Akechi.

 服装から顔形まで寸分ちがわない、ふたりの老博士が、顔と顔を見あわせて、にらみあいました。

The two old doctors, who are not exactly different from clothes to face shapes, looked at each other and looked at each other.

「みなさん、二十面相が、どんなに変装の名人かということが、おわかりになりましたか。」

“Everyone, did you understand how the 20th face is a master of disguise?”

 明智探偵はさけぶやいなや、いままで親切らしくにぎっていた老人の手を、いきなりうしろにねじあげて、床の上に組みふせたかと思うと、白髪のかつらと、白いつけひげとを、なんなくむしりとってしまいました。

As soon as Akechi Detective was awkward, he suddenly screwed the hands of the old man who had been kind to him, and then put them on the floor. I took it.

その下からあらわれたのは、黒々とした髪の毛と、若々しいなめらかな顔でした。

What appeared from below was dark hair and a smooth, youthful face.

いうまでもなく、これこそ正真正銘の二十面相その人でありました。

Needless to say, this was the true 20th aspect of that person.

「ハハハ……、二十面相君、ご苦労さまだったねえ。

“Hahaha ..., Mr. Twenty, you had a hard time.

さいぜんからきみはずいぶん苦しかっただろう。

You must have been very tough.

目の前できみの秘密が、みるみるばくろしていくのを、じっとがまんして、何くわぬ顔できいていなければならなかったのだからね。

Because the secrets in front of me were going to see and see, I had to be patient and have a good face.

逃げようにも、この大ぜいの前では逃げだすわけにもいかない。

You can't escape or run away in front of this great.

いや、それよりも、ぼくの手が、手錠のかわりに、きみの手首をにぎりつづけていたんだからね。

No, more than that, my hand was squeezing your wrist instead of handcuffs.

手首がしびれやしなかったかい。

Was your wrist numb?

まあ、かんべんしたまえ、ぼくは少しきみをいじめすぎたかもしれないね。」

Well, I ’m sorry, I may have bullied you a little too much. "

 明智は、無言のままうなだれている二十面相を、さもあわれむように見おろしながら、皮肉ななぐさめのことばをかけました。

Akechi spoke the words of an ironic squirrel as he looked down at the 20-faced face that was nodded silently.

 それにしても、館長に化けた二十面相は、なぜもっと早く逃げださなかったのでしょう。

Even so, why did Twenty Faces who became a director did not escape earlier?

ゆうべのうちに、目的ははたしてしまったのですから、三人の替え玉の館員といっしょに、サッサと引きあげてしまえば、こんなはずかしい目に会わなくてもすんだのでしょうに。

In the end, the purpose has been fulfilled, so if you pull it up with Sassa together with the three substitutes, you will not have to meet such a strange eye.

 しかし、読者諸君、そこが二十面相なのです。

But readers, that's the 20th aspect.