文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(3225-3268)/3301

逃げだしもしないで、ずうずうしく居のこっていたところが、いかにも二十面相らしいやり口なのです。

The place where I stayed steadily without running away is an expression that seems to be twenty aspects.

彼は、警察の人たちがにせ物の美術品にびっくりするところが見物したかったのです。

He wanted to see the police men be surprised by the artifacts.

 もし、明智があらわれるようなことがおこらなかったら、館長自身がちょうど午後四時に盗難に気づいたふうをよそおって、みんなをアッといわせるもくろみだったにちがいありません。

If there was nothing happening that Akechi would appear, the director himself must have been in the mood to tell everyone, just as if he had noticed the theft at 4pm.

いかにも二十面相らしい冒険ではありませんか。

Isn't it an adventure like a 20-facet?

でも、その冒険がすぎて、ついに、とりかえしのつかない失策をえんじてしまったのでした。

But the adventure was over and I finally ended up irreplaceable mistakes.

 さて明智探偵は、キッと警視総監のほうに向きなおって、

Now, Akechi Detective turned to the chief of surveillance,

「閣下、では怪盗二十面相をおひきわたしいたします。」

“Thank you, I ’ll take the 20th face of the Phantom Thief.”

と、しかつめらしくいって、一礼しました。

I thanked him for being gorgeous.

 一同あまりに意外な場面に、ただもうあっけにとられて、名探偵のすばらしい手がらをほめたたえることもわすれて、身動きもせず立ちすくんでいましたが、やがて、ハッと気をとりなおした中村捜査係長は、ツカツカと二十面相のそばへ進みより、用意の捕縄をとりだしたかとみますと、みごとな手ぎわで、たちまち賊をうしろ手にいましめてしまいました。

All of them were surprised by the fact that they were just taken away, praised the great hand of a detective, and stood without moving. From the side of Tsukatsuka and Twenty-Five Faces, I thought that I had taken out the prepared lanterns, and I immediately caught up with the bandits with a wonderful hand.

「明智君、ありがとう。

"Thank you, Akechi-kun.

きみのおかげで、ぼくはうらみかさなる二十面相に、こんどこそ、ほんとうになわをかけることができた。

Thanks to you, I was able to hang out with the enviable twenty facets.

こんなうれしいことはないよ。」

I'm not happy about that. "

 中村係長の目には、感謝の涙が光っていました。

In the eyes of Chief Nakamura, tears of gratitude were shining.

「それでは、ぼくはこいつを連れていって、表にいる警官諸君を喜ばせてやりましょう……。

"Now I'll take this guy and please the police officers on the table ...

さあ、二十面相、立つんだ。」

Now, stand for 20 faces. "

 係長はうなだれた怪盗をひきたてて、一同に会釈しますと、かたわらにたたずんでいた、さいぜんの警官とともに、いそいそと階段をおりていくのでした。

The chief clerk snatched the stolen phantom thief, and when they met together, he went up the stairs with the policeman who was standing next to him.

 博物館の表門には、十数名の警官がむらがっていました。

There were over a dozen police officers on the front gate of the museum.

今しも建物の正面入り口から、二十面相のなわじりをとった係長があらわれたのを見ますと、先をあらそって、そのそばへかけよりました。

Even now, when I saw a chief who was familiar with the 20 facets from the front entrance of the building, I looked ahead and hanged around.

「諸君、喜んでくれたまえ。

"Dear everyone, please.

明智君の尽力で、とうとうこいつをつかまえたぞ。

With Akechi's efforts, I finally caught this guy.

これが二十面相の首領だ。」

This is the head of the 20th aspect. "

 係長がほこらしげに報告しますと、警官たちのあいだに、ドッと、ときの声があがりました。

】 When the chief of the report reportedly, a voice of time came out between the police officers.

 二十面相はみじめでした。

The 20th aspect was miserable.

さすがの怪盗もいよいよ運のつきと観念したのか、いつものずうずうしい笑顔を見せる力もなく、さも神妙にうなだれたまま、顔をあげる元気さえありません。

The phantom thief finally thought that it was a luck, there was no power to show the usual joyful smile, and there was no energy to raise his face while standing in a godly manner.

 それから、一同、賊をまんなかに行列をつくって、表門を出ました。

Then all of them made a line in the middle of the bandits and left the front gate.

門の外は公園の森のような木立ちです。

Outside the gate is a grove like a park forest.

その木立ちの向こうに、二台の警察自動車が見えます。

Two police cars can be seen across the grove.

「おい、だれかあの車を一台、ここへ呼んでくれたまえ。」

"Hey, please call one of those cars here."

 係長の命令に、ひとりの警官が、警棒をにぎってかけだしました。

】 A policeman started to squeeze a baton at the chief's order.

一同の視線がそのあとを追って、はるかの自動車にそそがれます。

The whole line of sight follows them and soothes the car.

 警官たちは賊の神妙なようすに安心しきっていたのです。

The policemen were relieved as if the bandits were mysterious.

中村係長も、つい自動車のほうへ気をとられていました。

Mr. Nakamura was also very interested in the car.

 いっせつな、ふしぎに人々の目が賊をはなれたのです。

The eyes of the people came off the bandits.

賊にとっては絶好の機会でした。

It was a great opportunity for the bandits.

 二十面相は、歯を食いしばって、満身の力をこめて、中村係長のにぎっていたなわじりを、パッとふりはなしました。

Twenty-faced face, clenched his teeth, put his full power, and pretend that the chief of Nakamura was busy.

「ウム、待てッ。」

"Um, wait."

 係長がさけんで立ちなおったときには、賊はもう十メートルほど向こうを、矢のように走っていました。

When the chief went back and stood up, the bandits were running like an arrow over 10 meters away.

うしろ手にしばられたままの奇妙な姿が、今にもころがりそうなかっこうで森の中へとんでいきます。

A strange figure that is stuck in the back of the hand is going to fall into the forest so that it doesn't seem to roll.

 森の入り口に、散歩の帰りらしい十人ほどの、小学生たちが、立ちどまって、このようすをながめていました。

At the entrance of the forest, about 10 elementary school students who seemed to return from a walk stood and looked like this.

 二十面相は走りながら、じゃまっけな小僧どもがいるわいと思いましたが、森へ逃げこむには、そこを通らぬわけにはいきません。

Twenty-faced faced running, I thought there was a messy little kid, but in order to escape into the forest, I can't afford to pass there.

 なあに、たかのしれた子どもたち、おれのおそろしい顔を見たら、おそれをなして逃げだすにきまっている。

After all, when I saw my ridiculous faces, I was afraid to escape.

もし逃げなかったら、蹴ちらして通るまでだ。

If you don't run away, just kick and pass.

 賊はとっさに思案して、かまわず小学生のむれに向かって突進しました。

The bandit pondered and suddenly rushed towards the elementary school.

 ところが、二十面相のおもわくはガラリとはずれて、小学生たちは、逃げだすどころか、ワッとさけんで、賊のほうへとびかかってきたではありませんか。

However, the 20th aspect of the school was completely disappointed, and the elementary school students were not evacuated but rather hurried and jumped towards the bandits.