文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(3269-3301)/3301

 読者諸君は、もうおわかりでしょう。

You already know.

この小学生たちは、小林芳雄君を団長にいただく、あの少年探偵団でありました。

These elementary school students were that boy detective team with Mr. Yoshio Kobayashi as the leader.

少年たちはもう長いあいだ、博物館のまわりを歩きまわって、何かのときの手助けをしようと、手ぐすねひいて待ちかまえていたのでした。

For a long time, the boys had been walking around the museum and waiting for them to help them.

 まず先頭の小林少年が二十面相を目がけて、鉄砲玉のようにとびついていきました。

First, Kobayashi Shonen headed for the 20th aspect and jumped like a gunball.

つづいて羽柴壮二少年、つぎはだれ、つぎはだれと、みるみる、賊の上に折りかさなって、両手の不自由な相手を、たちまちそこへころがしてしまいました。

Next, Soji Hashiba boy, who was next, who was next, folded over the bandits and immediately rolled up the handicapped partner in both hands.

 さすがの二十面相も、いよいよ運のつきでした。

As expected, the twenty facets were finally lucky.

「ああ、ありがとう、きみたちは勇敢だねえ。」

“Oh, thank you, you guys are brave.”

 かけつけてきた中村係長が少年たちにお礼をいって、部下の警官と力をあわせ、こんどこそとり逃がさぬように、賊をひったてて、ちょうどそこへやってきた警察自動車のほうへつれていきました。

Mr. Nakamura who came to thank the boys, join forces with the police officers of the subordinates, pick up the bandits so that they will not escape anywhere, and go to the police car that just came there did.

 そのとき、門内から、黒い背広のひとりの紳士があらわれました。

At that time, a gentleman with a black suit appeared from the gate.

さわぎを知って、かけだしてきた明智探偵です。

Akechi is a detective who has started to know the swaying.

小林少年は目早く、先生のぶじな姿を見つけますと、驚喜のさけび声をたてて、そのそばへかけよりました。

When Kobayashi Shonen quickly found his teacher's ghostly figure, he screamed with a joyful cry and hung around.

「おお、小林君。」

“Oh, Kobayashi-kun.”

 明智探偵も、思わず少年の名を呼んで、両手をひろげ、かけだしてきた小林君を、その中にだきしめました。

Detective Akechi also called the boy's name unintentionally, spreading both hands, and squeezed Kobayashi-kun, who had started.

美しい、ほこらしい光景でした。

It was a beautiful and lovely sight.

この、うらやましいほど親密な先生と弟子とは、力をあわせて、ついに怪盗逮捕の目的をたっしたのです。

This enviable and intimate teacher and disciple worked together to finally arrest the phantom thief.

そして、おたがいのぶじを喜び、苦労をねぎらいあっているのです。

And we are delighted with the blessings of each of us, and are struggling with hardships.

 立ちならぶ警官たちも、この美しい光景にうたれて、にこやかに、しかし、しんみりした気持で、ふたりのようすをながめていました。

The standing policemen were swaying in this beautiful sight, smiling, but looking at the situation of the two.

少年探偵団の十人の小学生は、もうがまんができませんでした。

The ten elementary school boys of the Boy Detectives couldn't play comics anymore.

だれが音頭をとるともなく、期せずしてみんなの両手が、高く空にあがりました。

No one took the onset, and both hands raised up in the sky unexpectedly.

そして一同、かわいらしい声をそろえて、くりかえしくりかえしさけぶのでした。

And all of them had a cute voice and repeated.

「明智先生、ばんざーい。」

“Akechi-sensei, Banzai.”

「小林団長、ばんざーい。」

“Head, Kobayashi, Banzai.”

底本:「怪人二十面相/少年探偵団」江戸川乱歩推理文庫、講談社

Sokomoto: “Phantom Twenty Faces / Shonen Tanteidan” Ranpo Edogawa reasoning paperback, Kodansha

   1987(昭和62)年9月25日第1刷発行

Issued first print on September 25, 1987

初出:「少年倶楽部」大日本雄辯會講談社

First appearance: "Shonen Club" Dai Nippon Yudan Kodansha

   1936(昭和11)年1月号~12月号

January 1-December 1936 (Showa 11)

※底本は、物を数える際や地名などに用いる「ヶ」(区点番号5-86)を、大振りにつくっています。

* The bottom of the book is made up of “months” (division number 5-86) used for counting things and place names.

入力:sogo

Input: sogo

校正:大久保ゆう

Proofreading: Yu Okubo

2016年3月4日作成

Created on March 4, 2016

青空文庫作成ファイル:

Blue sky library creation file:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created by the internet library, Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/).

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers are responsible for input, proofreading, and production.